“この世で一番太る食べ物”があるなら、「太りたい!」という人にとってはありがたいもの。

実際、太りたい人にとって最も太りやすい食べ物という意味で、“この世で一番太る食べ物”は数多く挙げることができます。

 

太りたいとはいえ、健康を害する食べ物ではなく、健康的に太れる食べ物を知りたいところ。

そこで今回は、太りたい人が太る方法として、最も太りやすくなおかつ健康的に太れる食べ物のうちでも厳選したこの世で一番太る食べ物”をランキング形式でご紹介していきましょう。

この世で一番太る食べ物ランキング10位:ナッツ類

 

太りたい人向け、この世で一番太る食べ物ランキングの第10位は、ナッツ類。

まず、ナッツ類には脂質がたっぷりと含まれており、脂質は体の脂肪を生み出す原料となるものなので、太るためには必須の栄養素です。

 

例えば、ナッツ類を代表するアーモンドには、重量あたりで約50%以上もの脂肪分が含まれており、その脂質の大部分は不飽和脂肪酸であるオレイン酸とリノール酸。

オレイン酸は、血中のコレステロールの値を適正に保つ働きがあり、血液の状態を綺麗に保つ役割があります。

 

また、リノール酸は、人間の体では合成できない必須脂肪酸であり、食事からでしか摂取できないもの、健康的に太りたい人には欠かすことのできない脂肪です。

さらに、ナッツには、良質なタンパク質が豊富であり、アーモンドの場合だと約20%ものタンパク質が含まれていることは大きな魅力。

 

ナッツ類には植物性タンパク質が豊富に含まれており、体で合成できない必須アミノ酸をはじめとして良質なアミノ酸がバランスよく含まれています。

また、ナッツにはビタミン・ミネラルも豊富で体の健康維持に役立つでしょう。

 

例えば、抗酸化作用の期待できるビタミンA・ビタミンEやポリフェノール成分の他、カルシウム、鉄分、カリウムなども豊富に含むため、健康的に太りたい人に最適。

他にも、ナッツには不溶性食物酵素がたっぷり含まれているので、整腸作用が期待でき、痩せ型や痩せすぎ体型の人に多い便秘が下痢の改善にも効果的でしょう。(アーモンドの食物繊維量は、キャベツん約5倍)

 

ただし、ナッツ類は、あまり消化が良くないので、胃腸が弱くて太れない人は、ゆっくりとよく噛んで食べるようにしてください。

また、消化によくないことから、食べるタイミングとして、夜食は控えて、間食やおやつのおつまみとして摂取すべき。

 

さらに、塩分や消化に悪い油分の摂り過ぎを防ぐため、無塩で素焼きのナッツを極力選ぶとよいですよ。

ナッツには様々な種類がありますが、太りたい人におすすめは良質な脂質および食物繊維が豊富なアーモンドやクルミを7割程度摂り、その他のナッツ類を3割程度食べて、1日あたり25g程度(アーモンドで言うと20粒程度)を目安とするとよいでしょう。

 

このように、ナッツは、良質な脂質をたっぷり含む他、タンパク質やビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれているので、「この世で一番太る食べ物」の一つとして、太りたい人は間食・おやつに適度に摂取するのが好ましいです。

参考:太りたいならナッツが太る方法としておすすめの理由4選!

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

この世で一番太る食べ物ランキング9位:バナナ

 

この世で一番太る食べ物ランキングの第9位は、バナナ。

まず、バナナには100gあたりの糖質量が20g以上あり、糖質が豊富に含まれていることがわかります。

 

また、バナナの甘みは、果物類に多く含まれている果糖ですが、果糖は吸収性が優れているので、栄太りたい人にぴったりです。

バナナは、ビタミン・ミネラルが豊富なので、消化・吸収・代謝を助けてくれて、体の調子を整えます。

 

また、バナナは食物繊維が豊富なため、腸の調子を整えてくれますよ

痩せすぎ・ガリガリ体型の人は、下痢や便秘持ちの人が多いため、整腸作用のあるバナナを摂ることは、便秘や下痢の改善に効果的でしょう。

 

これに加えて、バナナには食物酵素がたっぷり含まれているため、食べ物の消化・吸収性を助けてくれる作用も期待できることも吉。

さらに、バナナはそのままでも簡単に食べることができますし、スーパーやコンビニ等でもすぐに手に入るのもメリットです。

 

このように、バナナには、良質な糖質(果糖)をたっぷり含み、食物繊維が豊富なので腸の調子も整えてくれて、なおかつ食物酵素が豊富で、消化吸収力を高める作用も期待できるので「この世で一番太る食べ物」として、太りたい人は朝食や間食・おやつにぜひ摂取するとよいですよ。

参考:【太る方法】バナナで太りたい人が太れる理由3選!

この世で一番太る食べ物ランキング8位:うどん

 

この世で一番太る食べ物ランキングの第8位は、こちらも質の高い糖質がとれるうどん。

うどんは、タンパク質および脂質の含有量は少ないとはいえ、うどん一食分(200g)で約250〜300kcal程度もあり、ご飯(白米)一膳分(160g)とほぼ同じ程度のカロリーが摂取できます

 

主に小麦粉から作られているうどんにも、白米と同じようにデンプンが多く含まれており、かつ消化が非常に良いので、胃腸にも負担がかかりません。

痩せ型やガリガリ体型で太れない人は、胃腸の働きが良くなく、栄養の消化・吸収効率が悪い傾向にあるため、消化されにくい食べ物だと、中々太れないです。

 

その点、うどんは、消化しやすいので、太りたい人も無理せず食べられて、効率よく栄養を吸収できて、胃腸に負担をかけないため、栄養の消化・吸収率が高まりやすいでしょう。

また、うどんを食べる際には、消化性をさらに良くするために、茹で加減は柔らかめにするとよいですよ。

 

さらに、茹でるだけで簡単に食べられることも、太りたい人には、有難いところ。

このように、うどんは、優秀な糖質源であり、なおかつ消化にも良いので、「この世で一番太る食べ物」の一つとして、太りたい人はぜひ活用するとよいでしょう。

 

  ▼太る専用サプリの効果とは?  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的に太りたい人向けの太る専用サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※完全20%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

この世で一番太る食べ物ランキング7位:刺身・生の海鮮類

 

この世で一番太る食べ物ランキングの第7位は、刺身や生の海鮮類。

刺身・生の海鮮類には、納豆同様に良質なタンパク質を多く含むところが利点。

 

魚類の多くは、アミノ酸スコアが100点満点であり、魚肉のタンパク質は、肉類と比べて基質タンパク質(すじの部分)が少なく消化されやすいので、痩せ型や痩せすぎ人にとって胃腸に優しいメリットがあります。

また、魚類に含まれる脂質は、血液をサラサラにしてくれる良質な脂質(DHA・EPA)が豊富に含まれているので、健康的に太りたい人に非常に適しているのです。

 

さらに刺身や生の魚介類が太りたい人に適している理由は、食物酵素をたっぷり含んでおり、体内の消化酵素の働きを助けてくれて、消化・吸収性を助けてくれるから。

食物酵素は、熱に弱い性質があるので、魚介類を生のまま食べるのがおすすめ。

 

このように、刺身や生の魚介類は、良質かつ消化されやすいタンパク質を豊富に含み、他の食べ物と一緒に食べると消化吸収を助けてくれるので、「この世で一番太る食べ物」の一つとして、太りたい人に一押しです。

関連記事:太りたいなら「酵素」は必須!酵素で太る方法の真実を全て語る!

この世で一番太る食べ物ランキング6位:ご飯(白米)

 

この世で一番太る食べ物ランキングの第6位は、良質な糖質が摂取できるご飯(白米)。

白米に含まれる糖質(デンプン)は、脂肪の原料で、なおかつエネルギー源として重要。

 

体がエネルギー不足となると脂肪や筋肉が分解されて痩せてしまうので、糖質は太るために大切な栄養素なんですね。

さらに、米に豊富に含まれるデンプンは、消化・吸収に負担がかからず、胃腸にも優しい

 

おすすめのご飯の食べ方は、胃腸に負担がかからない、お粥

お粥を食べるようにすると、胃腸がみるみる元気になり、消化・吸収力も抜群に高まってくるでしょう。

 

ちなみに、体に良いと言われている玄米ですが、白米と比べて体を冷やしてしまう懸念があり、痩せ型の人が体を冷やしてしまうと、胃腸の機能が低下して、太りにくくなるおそれがあるので、玄米よりも白米のほうがいいですよ。

このように、「この世で一番太る食べ物」としてご飯(白米)は、太る上で大切な糖質を、胃腸にも優しい形で摂取できるので、太りたい人が太る方法としてぜひ摂取すべき食べ物なんですね。

参考:太りたい人にご飯(白米)が健康的に太る方法として最適な3つの理由

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

この世で一番太る食べ物ランキング5位:かぼちゃ

 

この世で一番太る食べ物ランキングの第5位は、かぼちゃ。

かぼちゃは、緑黄色野菜の王様と呼ばれているほど栄養の宝庫で、ビタミン、ミネラル、食物繊維が非常に多く含まれています。

 

まず、かぼちゃに豊富に含まれるビタミン・ミネラルは、消化・吸収・代謝の働きを高めて体の調子を整えてくれます。

この他に、かぼちゃには食物繊維が豊富に含まれており、便通を良くし腸の調子を整えてくれるので、便秘や下痢持ちの痩せ型・ガリガリ体型の人には効果的ですし、腸が綺麗になることで栄養の吸収率を高まることが期待できるでしょう。

 

また、かぼちゃは薬膳の考え方でいうところの黄色の食材にあたるもので、体を温める効果があります。

このため、かぼちゃを食べると血液循環が良くなり、全身に栄養が行き渡りやすくなる他、胃腸が元気になりやすいメリットもあるでしょう。

 

かぼちゃを食べる際には、かぼちゃは、熱を加えても栄養素が失われにくい性質があるため、例えば温かいスープにして飲むなどすると、栄養素はもちろん、体の保温効果を同時に期待できます。

他にも、かぼちゃを摂取する際には、ビタミン(β-カロテン)が、実の部分よりも皮のほうに多く含めているため、皮も一緒に摂取するのがおすすめ

 

このように、「この世で一番太る食べ物」の一つとして、かぼちゃはビタミン・ミネラル、食物繊維が豊富で、なおかつ体を温める効果があり胃腸を元気にしてくれる食べ物なので、太りたい人が太る方法として、日頃の献立に活用するとよいでしょう。

参考:【太る方法】薬膳で太りたい人が健康的に太るには?太れない人必読!

この世で一番太る食べ物ランキング4位:アボカド

 

太りたい人向け、この世で一番太る食べ物ランキングの第4位は、アボカド。

アボカドは果物類の中で、最も栄養価が高いと言われている栄養素がたっぷり詰まった食べ物。

 

アボカドに含まれるビタミン・ミネラルは、約10種類以上にも及びます。

その主なものとしては、免疫力を高める亜鉛や、疲労回復に効果のあるビタミンB1、美容にも効果的なビタミンEなど。

 

ビタミンは、体内の酵素の働きを助ける作用があることも、大きな魅力です。

アボカドの果肉の約20%は脂肪分であり、その大部分は、リノール酸やオレイン酸、リノレン酸といった不飽和脂肪酸(脂質)。

 

不飽和脂肪酸は、血中のコレステロール値を正常に保ち、血液もサラサラにしてくれる作用が期待できる、体に良い脂肪なので、健康的に太りたい人にも最適ですよ。

さらに、アボカドには食物酵素がたっぷり含まれているので、食べ物の消化・吸収を助けてくれるので、胃腸が弱い痩せ型やガリガリ体型の人にもぴったり。(ただし、食物酵素は熱に弱いので、アボカドはそのまま食べるようにしましょう。)

 

他にも、アボカドの一個にはゴボウ一本分の食物繊維を含んでいるので、整腸作用が期待できることも、太りたい人にとって嬉しいところ。

また、アボカドは、サラダに入れたり、丼ものに乗せたり、パンに挟んだりと食べ方のバリエーションもあるので、太りたい人にとっても、飽きずに食べられるところが嬉しい点です。

 

このように、アボカドは、果物類の中でも最も栄養価の高い物で、良質な脂質、ビタミン、ミネラル、食物酵素、食物繊維が豊富に含んでいるので、「この世で一番太る食べ物」の一つとして、太りたい人が太る方法として、ぜひ活用するのが好ましいでしょう。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

この世で一番太る食べ物ランキング3位:納豆

 

この世で一番太る食べ物ランキングの第3位は、納豆。

納豆は、大豆由来の良質なタンパク質をたっぷり含み(タンパク質含有率17%)、なおかつ大豆のタンパク質は、吸収率も高いのが魅力。

 

大豆は、アミノ酸スコアが100点満点の食材であることも、大豆が優秀なタンパク質源であることを物語っています。

タンパク質は、体の組織合成に日々使われている重要な栄養素で、体の機能を正常に維持し、体の調子を整えるために重要な栄養素です。

 

また、タンパク質は筋肉の素になる栄養素であり、痩せ型やガリガリ体型の人は筋肉がつきにくい傾向にあるので、筋肉をしっかりつけるためにも、納豆からタンパク質をしっかり摂ることが効果的なんですね。

さらに、納豆は発酵食品で、食物酵素もたっぷりであることもメリット。

 

食物酵素は、食べ物の分解・消化の役割を担っている、消化酵素の働きを助けてくれるので、食べ物の消化・吸収率を高めてくれます。

ですから、納豆を他の食べ物と一緒に摂ることで、栄養の消化吸収効率は確実にアップできる訳なんですね。

 

また、納豆はパック詰めのものを、そのまますぐに食べられることも魅力の一つ。

こうしたことから、「この世で一番太る食べ物」の一つとして、納豆は優れた食べ物の一つと言えるので、太りたい人はぜひ活用するとよいですよ。

参考:太りたいなら「納豆」がおすすめの理由4選!太る方法を徹底解説!

この世で一番太る食べ物ランキング2位:ココナッツオイル

 

太りたい人向け、この世で一番太る食べ物ランキングの第2位は、ココナッツオイル。

ココナッツオイルは、美容や健康に良いことで、話題にのぼることも多い食べ物ですよね。

 

ココナッツオイルは、ココヤシの果実(ココナッツ)から脂質を抽出して作られているもの。

ココナッツオイルが太るために優れている理由は、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸と呼ばれる、非常に消化吸収性の高い脂肪がたっぷり含まれているためです。

 

というのも、通常の脂肪は、消化性がもともと非常に悪いため、体で消化・吸収されづらい傾向があるので、脂っこいものを食べると胃もたれや消化不良、胸焼けになる原因ともなります。

このため、太りたい人の太る方法に取り組む上で、食事から脂肪の原料となる脂質をたっぷり摂取することは大切なのですが、こうした脂質の消化の悪さが、痩せ型・ガリガリ体型で胃腸が弱い人には難点。

 

その点、ココナッツオイルに60%程度含まれている中鎖脂肪酸は、一般的な油に比べて消化速度が4〜5倍も早いので、胃腸にも優しいので、太りたい人にぴったり。

 ココナッツオイルの摂取量については、目安として大さじ一杯程度(12g)が適量で、スプーン一杯をそのまま食べてもいいですし、パンに塗ったり、コーヒーや紅茶などに混ぜても美味しくいただけるでしょう。

 

このように、「この世で一番太る食べ物」の一つとして、ココナッツオイルは良質かつ消化吸収性の高い脂質(中鎖脂肪酸)をたっぷり含んでいるので、太りたい人はぜひ摂取するとよいですよ。

参考:太りたいならココナッツオイルが最強!油を飲むことで太る方法!

この世で一番太る食べ物ランキング1位:半熟卵

 

太りたい人向け、この世で一番太る食べ物ランキングの第1位は、半熟卵。

卵は、“スーパーフード”とも呼ばれる栄養価が非常に高い食べ物です。

 

卵にこれほどたっぷりの栄養が含まれている訳は、卵はひよこが成長するのに不可欠な栄養素が全て詰まっているものだから。

特に、卵はタンパク質源としてどの食品と比べてみても、明らかに優れている食品です。

 

卵のタンパク質含有量は、一個あたり約6g前後で、一日に必要なタンパク質の10〜15%も摂取できるので、一日に2個卵を食べれば、それだけで、一日に必要なタンパク質の三分の一を摂取できるのです。

さらに、卵に含まれているアミノ酸のバランスは非常に優れていることも見逃せません。

 

必須アミノ酸と呼ばれる、体の中で合成できないが、生きるために必須のアミノ酸9種類を全て含むのが卵で、含まれている必須アミノ酸のバランスを数値化したアミノ酸スコアも、卵は100点満点。

つまり、卵は、量と質ともに、非常に優れたタンパク質源なのです。

 

その他にも、卵には良質な脂質も豊富に含まれています。

実際、卵一個あたりの脂質量は約5g前後で、一日に必要な脂質量の10%前後摂取できる計算なので、卵2個を食べると、一日に必要な脂質量の約5分の1を摂取できます。

 

さらに言うと、卵黄に含まれるレシチンと呼ばれる脂質は、血中のコレステロール値を正常に保つ役割があるのも、健康的に太りたい人には嬉しいところ。

この他にも、卵には、各種のビタミン・ミネラル(ビタミンA、B1、B2、D、E、リン、カルシウム、鉄分など)が豊富に含まれていることも吉です。

 

卵がなぜ半熟がいいかというと、まず卵に含まれるタンパク質やビタミンは、熱によって栄養価が損なわれてしまうため、卵の栄養素を最大限享受するには、半熟がベスト。

とはいえ、卵を生で食べると、栄養価が損なわれない反面、卵白に含まれるアルブミンというタンパク質のアレルギー性や消化の悪さが懸念されるので、生卵を摂取するのはNG。

 

ですから、栄養価と消化吸収性を両立するできる「半熟状態」の卵が、健康的に太りたい人には最適です。

また、卵を食べ過ぎはコレステロールが多いからよくないとも言われていますが、一日2個卵を食べても全く問題ないことがわかっています。

 

ですから、健康的に太りたい人が卵を摂取するときは、一日あたりで2個を目安に卵を摂取するとよいですよ。

以上のように、「この世で一番太る食べ物」の一つとして、卵は良質なタンパク質源・脂質源であり、様々な栄養素がたっぷり含まれている優れた食べ物の一つなので、太りたい人が積極的に摂取しましょう。

参考:太りたいなら卵が最強の太れる食べ物!太れない人が健康的に太る方法!

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

まとめ

 

「この世で一番太る食べ物」をランキング形式で太りたい人にご紹介。

おすすめの「この世で一番太る食べ物」は以下の通り。

 

・半熟卵、ココナッツオイル、納豆、アボカド、かぼちゃ、ご飯(白米)、刺身・生の魚介類、うどん、バナナ、ナッツ類

 

ご紹介した食べ物のどれもが、健康的に太りたい人に最適な成分を有しているので、好みに合わせてバランス良く摂取してみてください。

必読記事:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!