太りたい人にとって、“睡眠”も太る方法と関係しているのか、気になる人も多いはず。

結論から言ってしまうと、睡眠のとり方を一歩間違えると、太れなくなってしまうので、睡眠は太るために非常に大切。

 

今回は睡眠が太ることとどう関係しており、太るためにはどういう睡眠のとり方が効果的なのか、徹底検証していきます。

元研究者の視点から、睡眠で太る方法の真実を解き明かしていくので、ぜひ一読してみてくださいね。

太りたい人必読!睡眠が太るために重要な理由

 

太りたい人にとって、睡眠で太るために重要な理由は次にあげる2点。

 

睡眠で太る理由
  • 成長ホルモンの分泌を促してくれる
  • 自律神経のバランスを整えてくれる

 

上記の点について、以降で詳しく見ていきましょう。

太りたい人に睡眠が重要な理由① 成長ホルモンの分泌

太りたい人が太る方法を実現する上で、睡眠が重要なのは、成長ホルモンの分泌が促されるため。

成長ホルモンは、運動後と睡眠中に分泌されていますが、そのほとんどが夜間に分泌されているもの。

 

※成長ホルモンの分泌は、入眠後30分〜1時間がピーク

引用:http://cq-snet.com/sub2.html(2018/10/27)

 

睡眠は約90分の周期で深い睡眠(ノンレム睡眠)と浅い睡眠(レム睡眠)を繰り返している。

成長ホルモンは、入眠してから30分から1時間後に表れる「徐波睡眠(ノンレム睡眠の中でも、特に深い眠り)」の時に、もっとも多く分泌されます。

 

ですから、成長ホルモンの大部分は、睡眠後3時間以内に分泌されているため、睡眠時間が長い短いはあまり関係ない訳です。

さらに、睡眠の質が高ければ高いほど、ノンレム睡眠が深くなるので、成長ホルモンがより多く分泌されることもわかっています。

 

では、太りたい人にとって、睡眠中に分泌される成長ホルモンが「太る方法」にどうつながるかといえば、次にあげる通りです。

 

成長ホルモンの太る効果

筋肉や、骨、内臓などの成長や代謝を促すことで、体を大きくするのに役立つ

 

成長ホルモンは、成長期にある子供のうちに大量に分泌されますが、年齢が重なるにつれて、その分泌量もだんだんと減少してしまいます。

成長ホルモンは、午後10時〜午前2時までのゴールデンタイムにもっとも効率よく分泌されると言われているので、この時間までに入眠しておくことで、成長ホルモンをたっぷり分泌してあげることができますよ。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

太りたい人に睡眠が重要な理由② 自律神経が整えられて胃腸が元気になる

太りたい人が太る方法を実現する上で、睡眠が重要なのは、自律神経が整えられて胃腸が元気になるから。

自律神経は、胃腸の働きと切っても切れない関係にあります。

 

自律神経を大きく分けると、リラックスしたときに優位になる副交感神経と、興奮したときに優位になる交換神経の2種類。

実は、胃腸の消化の働きは、自律神経でも副交感神経が優位のときに活発に働くので、消化率が高まり、食欲も高まりやすくなります。

 

一方、逆に交感神経が優位のときは、胃腸のぜん動運動がうまく働かず消化不良におちいったり、胃酸が過剰に分泌されて胃痛の原因にもなりかねません。

もともと、太りたいのに太れない悩みを持つ人ほど、一般の人よりも胃腸の働きが弱く、消化力が弱いため、栄養素が体に吸収されづらい傾向にあります。

 

ですから、自律神経のバランスを整えて、副交感神経が優位になりやすい状況をつくってあげることで、胃腸の働きを改善し、栄養が体に吸収されやすくなるので、太りやすい体質づくりにつながる訳なのです。

参考:【太る方法】栄養の消化吸収力が太りたい人が体重を増やすのに最重要!

 

自律神経を整えるメリット

自律神経のバランスが整えられると、副交感神経が優位になりやすく、消化の働きが活発となり、食欲も高まるので、太りやすい体質になる

 

逆に、ストレスを溜め込んでしまうと、自律神経のバランスを崩してしまうため、太りにくい体質を招いてしまうので要注意。

参考:太りたいのにストレスで食べても太れない!痩せる!自律神経が原因?

 

睡眠をしっかりとると、自律神経のバランスが整えられるので、太りたい人が太る方法を実践する上で、質の良い睡眠は非常に大切になってくるのです。

 

  ↓最強の太る専用サプリのご紹介  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的な体づくりをしたい人のための太る最強サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※20〜25%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

【太る方法】睡眠で太るためのたった1つの極意!

 

太りたい人が睡眠で太る方法として、次にあげる“たった1つポイント”を実践することで、睡眠による太る効果を我が物にすることができるでしょう。

 

睡眠で太るポイント

睡眠は量より質!質の高い睡眠をとることで太る体づくりを!

 

そうです、太りたい人が睡眠で太るために最も大切なのは、「質の高い睡眠をとること」。

睡眠は時間が大事だと考えている人もいるようですが、睡眠で大事なのは、間違いなく量より質です。

 

適切な睡眠時間は個人差があるため、人によっては、一日4〜5時間程度の短い睡眠で十分だというショートスリーパーもいれば、一日8時間以上は寝ないと頭が働かないロングスリーパーもいます。

睡眠は長すぎても、短すぎても良くないので、自分にとって一番コンディションが整えられる適切な睡眠時間を知っておくことが大切。

 

一方で、睡眠の質に関しては、しっかりと目を向ける必要があります。

「たっぷり寝ても、なんだか疲れがとれないし、調子が良くない・・・」という場合は、睡眠の質が低い可能性が大。

 

こうした場合は、いくら睡眠時間が長くても、睡眠の質が低いので、睡眠で得られるメリットを享受できません。

逆に睡眠の質が高ければ、成長ホルモンはたっぷり分泌され、自律神経のバランスも整えられやすくなり、疲労回復にも効果的。

 

睡眠の質を高めるには、次にご紹介する二つの方法が効果的ですよ。

睡眠の質を高める方法:深部体温を下げる

太りたい人が睡眠の質を高めるために、入眠前に体を温めるのが効果的。

眠気と体温には、密接な関係があります。

 

まず知っていただきたいのが、下図のとおり、体温(体の深部体温と手足の皮膚温)と、眠気の相関関係です。

 

※体の深部体温・手足の皮膚温と、眠気の相関関係

引用:https://feely.jp/4580862/(2018/10/27)

 

人間は、1日の中で一定の体温を常に保っている訳ではなく、1日の中で体温リズムというものが存在します。

体温でも大きく分けて、深部体温と皮膚温の2種類があります。

 
体温には2種類がある

①深部体温:体の内部の温度

②皮膚温:手足の表面の皮膚の温度

 

睡眠に深く関係しているのが、①深部体温で、深部体温が下がっているときに、眠気が生じるようになっている訳なんですね。

ですから、夜は深部体温がぐんと下がって、眠気を誘うような体の仕組みになっています。

 

したがって、眠気を誘い快眠を勝ち取るには、深部体温を下げることが効果的です。

 

快眠を勝ち取る方法

眠気を誘って快眠を促すには、「深部体温」を下げることが大切!

 

快眠に繋がる、深部体温を下げる方法として、次の方法がもっとも簡単かつ効果が高いでしょう。

 

深部体温を下げる方法

就寝1時間前に、ぬるま湯(38〜40度)くらいのお湯で20分ほど入浴する。

 

入浴するのが、良質な睡眠に効果的な理由は、体温リズムを調節するのに劇的な効果があるから。

お風呂に入ると体温が上がりますが、お風呂から出ると体温はぐんと下がります。

 

これは、人間の体は一度上がった体温を下げようと、体が反応するため。

ですから、寝る頃には自然と体温が下がった状態を導くことができるでしょう。

 

お風呂で体温を上げることを考えれば、熱湯の方がいいのでは?と思った方もいるでしょうが、ぬるま湯(38〜40度)でゆっくり(目安は20分)浸かるほうが、体の深部体温を上げる効果が高いことが明らかとなっています。

就寝1時間前に入浴しておくことで、寝る直前にちょうど眠気がピークに達して眠りを誘いやすくなることも、意識しておいてくださいね。

 

入浴するメリットは他にも、副交感神経を優位にして、1日の疲れを癒し、リラックスできるので、ここちよい入眠を促してくれることもあげられます。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

睡眠の質を高める方法:睡眠のサイクルを規則正しくする

太りたい人が睡眠の質を高めるためには、睡眠のサイクルを規則正しくする必要があります。

睡眠において、自律神経のバランスを整えることが大切なので、就寝前に自律神経を乱すことをすると、睡眠の質も低下しがち。

 

睡眠サイクルを乱す二大行為としては、次のものが挙げられます。

 
睡眠サイクルを乱す行為

① 夕食後に仮眠をとってしまう

② 決まった就寝時間に無理に寝ようとする

 

上記①について、夕食後に仮眠をとってしまうと、体温のリズムが崩れてしまうので、睡眠サイクルは確実に狂ってしまうでしょう。

上記②について、眠気がないのに決まった就寝時間に無理に寝ようとするのは逆効果で、脳が覚醒してしまいます。

 

眠気がないときは、眠ろうとがんばるのではなく、眠くなるまで待ってから眠ったほうが、睡眠の質が高まるのです。

入眠を促して睡眠の質を高めるには、脳や体の緊張とリラックスに関わる自律神経を“だます”ことが大切で、下記のような方法があります。

 

自律神経を整える方法

① 寝る前にコップ一杯の水を飲む:睡眠中は汗をかくことで体温が下がり、眠りが深まってくるため、水分を補給しておくことは必須。水は常温で摂るようにすること。

② 寝室では読んだことのある本を読み、テレビやパソコン、スマホは観ない:寝る前にテレビ、パソコン、スマホを観ると、脳が覚醒してしまうので、睡眠の質が下がる。何度も読んだことのある本を読むと、眠を妨げる刺激になりづらく、入眠を促すことができる。

③ コーヒーを香りをかぐ(コーヒーは飲まない):五感の中でも、嗅覚は脳と深く結びついているため、良い香りをかぐとリラックス状態に結びつけることができる。

まとめ

 

太りたい人向けに、睡眠で太る方法の真実をお話ししました。

睡眠は、成長ホルモンの分泌を促し、自律神経のバランスを整えてくれるので、太りやすい体質づくりに貢献してくれるのです。

 

睡眠では、睡眠時間よりも睡眠の質を高めることに目を向けましょう。

質を高めるには、入眠前に深部体温を下げて、できるだけリラックスすることが大切ですよ。

必読記事:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!