食べても食べても太れない…

太りたい…

太る方法を知りたい…

 

このような太れない悩みを解決するための第一歩は、そもそもなぜあなたが太れないのか、その根本に立ち返って理解することです。

そう、がむしゃらに食べても太れないことは、太れないあなた自身がよく理解しているはず。

 

では、どうすれば太れるのか…

結論から言ってしまうと、太れない原因は、栄養の吸収力が低いから。

 

太ることと逆の「ダイエット」の場合を考えてみると、肥満の人は単純に食べなければ、痩せられます。

ダイエットの場合は、栄養の摂取量さえ低ければ、太ることができるのです。

 

しかし、太れない体質の人は、摂取量を増やしても太ることはできません。

なぜなら、栄養の吸収率そのものが低いため。

 

▲太れない原因は、吸収率が低いから

 

栄養の吸収力が低い理由は、体質が大きく関わっています。

 

したがって、太るためには、栄養を吸収しやすい体質に変わることが重要となってきます。

こうした太れない体質の原因に立ち返った上で、太りたい人が“健康的に太るための9の法則”がこちら。

 

 

《健康的に太るための9の法則》

 

① 栄養バランスの良いものを食べる

② 食事回数を1日3食にして食欲を高める

③ 食物酵素を摂取する

④ 胃下垂を改善する

⑤ 姿勢を改善する

⑥ 筋トレをする

⑦ ストレスを溜めない

⑧ 女性ホルモンの分泌を促す【女性向け】

⑨ プロテインを摂取する

 

以降では、太りたい人に向けて、『太る方法』の“真実”を全て明かしていくので、じっくり読んでご自身に取り入れてみてください。

 

参考:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

栄養バランスの良いものを食べる

 

太りたい人が太る方法として、栄養バランスの良いものを食べることは、基本中の基本。

栄養価の高いものを摂取することで、太るために必要な栄養素を確実に摂取することができます。

 

逆に加工食品、ジャンクフードやお菓子などの栄養価の偏ったものばかり食べると、体に必要な栄養素が欠けてしまい、太れない体質を生んでしまうことに。

なぜなら、栄養価が偏ると、細胞に栄養が行き渡りづらくなり、体の不調をきたしやすくなりますし、消化吸収力も下がってしまいます。

 

こうなると、健康的かつ継続的に太ることはできないのです。

したがって、太るためには、短期間で太るためには毎日の食生活を充実させ、バランスよく栄養素を摂取することが重要となってきます。

 

参考:顔だけ太りたい!げっそり顔を治すには?顔をふっくらさせる方法!

太るための栄養素の役割

基本的な栄養素には、糖質、脂質、タンパク質、ビタミン・ミネラル、食物繊維の5つ。

まず、これらの5大栄養素の太るための役割を示していきましょう。

糖質

 

太りたい人が太る方法として、糖質は必要不可欠。

糖質は、体内の消化酵素によって分解されると、ブドウ糖が生成されます。

 

このブドウ糖には、太るために大切な次の3つの役割があります。

 

  • エネルギー源
  • 脂肪の原料
  • 同化作用

 

参考:【太る方法】ブドウ糖は太りたい人に危険な糖質!その理由とは?

ブドウ糖の役割① エネルギー源

糖質はエネルギー源として、重要。

ブドウ糖がエネルギー源としての役割があることは、想像がしやすいでしょう。

 

ブドウ糖は、炭水化物(糖質)が体の消化作用により分解されてできたもの。

ブドウ糖は、血液中に送られて、全身の細胞に送られると、代謝機能によってエネルギーを生み出す原料となります。

 

一方、体内でブドウ糖が不足すると、人体は、脂肪や筋肉を分解することで、不足したエネルギーを補おうとするので、痩せることに。

ですから、ブドウ糖を十分に補ってやることで、脂肪や筋肉の分解を抑制して、太りやすくなる訳なんですね。

ブドウ糖の役割② 脂肪の原料

ブドウ糖は、脂肪(中性脂肪)の原料となります。

糖質を分解してできたブドウ糖は、肝臓の働きによって、ブドウ糖から中性脂肪が合成されます。

 

こうして、肝臓で合成された中性脂肪は、血液中を経由して、全身の脂肪細胞に運ばれ、余分なエネルギーとして、蓄積されることで、太る訳です。

中性脂肪を蓄えた細胞はどんどん膨らんでいき、細胞自体が大きくなっていきます。

 

なお、糖質が脂肪の原料になるメカニズムについては、「太りたい人が脂肪を増やす方法とは?効率よく太る方法を徹底解剖!でお話ししているので、じっくり読んでみてください。

ブドウ糖の役割③ 同化作用

ブドウ糖は、同化作用といって、血液中の栄養素を細胞に取り込ませるスイッチの役割も果たしています。

同化作用については、あまり耳慣れないかもしれないので、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

そもそも、食べ物が消化されて、血液中に栄養素が送られても、それが血液から細胞に受け渡されなければ、太ることはできませんよね。

実は、ブドウ糖が血液中に存在していると、膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。

 

このインスリンが、同化作用の要。

インスリンとは、簡単に言うと、血液中の栄養素を細胞に取り込ませる指令を送るホルモン。

 

つまり、ブドウ糖がトリガーとなってインスリンが分泌され、それによって、血液から細胞に栄養素が受け渡される(=細胞に同化される)、ということ。

つまり、ブドウ糖がなければ、栄養素が細胞に取り込まれない訳ですから、太れなくなってしまうのです。

 

Information

 

icon-check楽に太れる!たった2ヶ月で4.1kg太れるプロテインとは?

 

 

 

どうしても太りたい方は、1日1〜2回飲むだけで楽に太れる、男女兼用の太る専用プロテインを絶対に活用すべき。

 

そもそも、食べても食べても太れない原因の第一位は、栄養の吸収率が低いから。

 

 

 

ですから、食事だけで太ろうとしても、吸収されないまま排泄されてしまい、思うように太れません。

 

その点、こうした太れない体質を長年研究して開発された太る専用プロテインは、非常に吸収率が高いタンパク質や糖質が豊富に含まれているので、食事と一緒に2ヶ月飲み続けるだけで太ることが可能です。

 

 

 

実際に、太りたい男性だけではなく、下記のようにモデルさん達からも絶賛の声があがっており、綺麗に太りたい女性にもぴったり。

 

 

 

 

ココア味の太る専用プロテインは、牛乳に混ぜて飲むだけで美味しくいただけますし、品質管理も完璧になされているため、子供からお年寄りまで幅広い世代にもおすすめ

 

さらに言えば、元研究者である私が、半年間かけて徹底検証した結果からも、「太る効果」「価格」「安全性」「口コミ」の総合評価で最優良であることは間違いありません。

 

 

 

そんな太る専用プロテインは、30日間全額返金保証付きで、定期購入後もいつでもすぐに解約できるため、まずは1ヶ月試してみると太る効果を実感できますよ。

 

今なら、公式サイトから4120円引きで購入できるので、下記で確認してみてください。

 

→【4120円引き】“たった2ヶ月で4.1kg太れるプロテイン”の公式サイトはこちらをクリック!

 

タンパク質

 

太りたい人が太る方法として、タンパク質も重要。

タンパク質を摂ると、体の中で「アミノ酸」に分解されて、体の中に吸収されます。

 

アミノ酸というのは、タンパク質の最小単位である栄養成分で、臓器、皮膚、筋肉、髪、爪等の体の組織や血液の材料となるもの。

ですから、アミノ酸がなければ、全身の細胞への酸素供給や、食べ物の消化・分解、病原菌・ウイルスなどの外敵からの免疫も正常に機能しません。

 

このように、アミノ酸は健康維持において必要不可欠な栄養成分で、その役割をまとめると次の通り1)

 

  • 臓器、筋肉、皮膚、骨や歯、毛髪や爪など体の材料となる
  • ペプチドホルモンや神経伝達物質を構成
  • 免疫機能を高める
  • 酵素を構成する(消化酵素など)

 

アミノ酸は、全種類を合わせると数百種類にものぼりますが、その中でも体内のタンパク質を構成する上で重要な役割を持つアミノ酸は20種類。

必須アミノ酸20種類の内で、体の中で作り出すことができない9種類のアミノ酸。

 

これらの、必須アミノ酸は、食品からの補給が必要不可欠です。

アミノ酸が太るのに効果的な理由は、上述の通り、体の機能や構造の維持で不可欠な栄養成分で体を作り出す素となるから。

 

したがって、太りたい人にとって大切な胃腸での食べ物の分解・消化機能や、吸収した栄養素をエネルギーに変える代謝機能が、アミノ酸が不足すると正常に維持できなくなることに。

 

そうなると、食べ物の消化・吸収力そのものが低下して、太りづらくなったり、代謝が落ちて食欲減退や体力が低下して、胃腸まで弱ってしまい、益々食べられない、太れない状態に陥ることになるのです。

さらに、アミノ酸は、体の組織を再合成するために、毎日消費されています。

 

また、先程もお話しした必須アミノ酸は、体内で合成することができず食品からしか摂取できないため、必須アミノ酸は特に体内でも不足しやすいと言えます。

 

 

実を言うと、どうしても太りたい方が、食事だけで太るのはとても難しいのが正直なところ。

というのも、どんなに食べても太れない体質の方は、食事で摂った栄養が吸収されずに排泄されてしまうから。

 

そんな太れない体質の方が“楽に太る方法”が、栄養の吸収性にこだわって開発された「太るサプリ」を食事と一緒に摂取することです。

その中には、たった2ヶ月で4.1kg太れるサプリも。

私が徹底的に調べ尽くした“最も信頼できる太るサプリ”は、下記に全網羅してご紹介しているので、クリックして確認してみてください。

→【食事だけはNG】最も信頼できる太るサプリランキング!“楽に太れる”サプリは?

 

 

参考:【プロテインで太りたい】ガリガリ女性におすすめ人気ランキング4選

脂質

 

太りたい人が太る方法として、脂質も重要な栄養素。

そもそも脂肪とは、脂肪細胞が集まった組織であって、太るためには、個々の脂肪細胞を大きくする=脂肪細胞が太ることが肝となります。

 

“脂肪細胞が太る”とは、どういうことかというと、小さな脂肪分子が脂肪細胞内に蓄積されること。

この脂肪分子は、「トリアシルグリセロール」(「トリグリセリド」とも言う)で、いわゆる中性脂肪と呼ばれるもの。

 

この中性脂肪は、動物の脂肪の95%以上を占めているのです。

つまり、より多くの中性脂肪を、脂肪細胞に蓄積すれば太る、ということになりますよね。

 

この中性脂肪の原料となるのが、脂質。

したがって、太るために脂質は、欠かすことのできない栄養素なんですね。

 

参考:太りたい人が脂肪を増やす方法とは?効率よく太る方法を徹底解剖!

ビタミン・ミネラル

太りたい人が太る方法として、ビタミン・ミネラルも太るために大切な役割を担っています。

というのも、ビタミン・ミネラルは、後ほどご紹介する通り、体内の酵素をサポートする“補酵素”としての役割を担っているから。

 

そう、ビタミンやミネラルは、“補酵素”として、体内の消化酵素や代謝酵素のはたらきを促進させることで、消化や代謝を円滑に進める役割があるのです。

つまり、ビタミンやミネラルは、酵素のアシスト役だということ。

 

逆に、ビタミンやミネラルが不足すると、消化や代謝が弱ってしまい、十分に体の機能を発揮できなくなるという訳。

太るために大切な消化活動も、消化酵素が単独で作業しているのではなく、ビタミンとミネラルも合わさって共同作業によってなされるものなんですね。

食物繊維

太りたい人が太る方法として、食物繊維も重要。

食物繊維には、腸の調子が整えて、腸が綺麗にして、腸での栄養素の吸収率も高まらせる重要な役割があります。

 

実際、太れない人は、腸の不調を抱えやすく、下痢や便秘持ちになることもあるので、食物繊維を摂ることで、腸の調子を整えることは、非常に重要。

さらに、食物繊維を摂ると、食後血糖値の上昇を抑えて、血糖値が安定しやすいので、血糖値をコントロールしているすい臓への負担を小さくし、糖尿病のリスクを下げてくれます

 

なお、成人の一日あたりの食物繊維の目標摂取量は、18~69歳では1日あたり男性20g以上、女性18g以上とされてており(参考:日本人の食事摂取基準2015年版)、大抵の人は食物繊維が不足しがちですから、十分に摂取してあげることが大切なんですね。

 

参考:【完全版】“本気で太りたい”男性・女性に贈る太る方法の真実!

健康的に太る食べ物ランキング10選

 

太りたい人が、健康的に太る食べ物ランキング10選(下記)を「この世で一番太る食べ物ランキング!太りたい人が太る食べ物10選でご紹介しているので、参考にしてみてください。

 

  • 10位:ナッツ類
  • 9位:バナナ
  • 8位:うどん
  • 7位:刺身・生の魚介類
  • 6位:ご飯(白米)
  • 5位:かぼちゃ
  • 4位:アボカド
  • 3位:納豆
  • 2位:ココナッツオイル
  • 1位:半熟卵

健康的に太る料理ランキング3選

太りたい人が、健康的に太る料理ランキングを1〜3位(下記)は、「【太る料理ランキング】太りたい人が健康的に太る食事レシピや献立メニュー!」でご紹介しているので、参考にしててみてください。

  • 3位:発酵食品
  • 2位:煮物・煮込み料理
  • 1位:鍋物・汁物(スープ)

太るための食事として「和食」がおすすめ

太りたい人が太るための食事として、次の4つの理由から「和食」は非常におすすめ。

 

  • 食物酵素を含む発酵食品が多い
  • 栄養バランスが優れている
  • 白米(ご飯)は糖質が豊富で胃腸にも優しい
  • 整腸作用のある食物繊維が豊富である

 

上記の点に関して、和食の太る効果については、「太りたい人が太るための食事レシピ!健康的に太る献立メニュー・太る料理レシピ!で徹底的に解説しているので、ぜひ参考にしてください。

食事回数を1日3食とする

 

太りたい人が太る方法として、食事回数を1日3食とすることが大切。

というのも、食事回数を1日3食にすることで、食欲を高めることができるから。

 

太れない方は、体質的に胃腸が弱く、食べると胃もたれや、消化不良に陥りやすいと言えます。

これに拍車をかけるのが、体調を崩したり、夏場で食欲が減退した時で、こうした場合には体重減少に歯止めがかからなくなってしまいます。

 

したがって、太るためには摂取カロリーを増やすことが基本であり、食欲を高めることが大切。

では、食欲を高めるには一体どうすればよいのでしょうか?

 

結論を言ってしまえば、食欲を高めるためには、食欲を増進する”空腹ホルモン”の分泌を促進させること。

空腹ホルモンの分泌が活性化すると、食欲が高まり、空腹を強く感じることで、食事量も自然と増えて、太りやすくなるのです。

 

空腹ホルモンの分泌を促進するには、お腹を空いてから食事を摂ることが必須。

ですから、逆腹が空くまで何も食べないようにすることが肝心です。

 

そのため、お腹がグーとなるまで待ってから、食べるようにしましょう。

したがって、太りたいからと、1日に5食、6食食べるのはNG。

 

こうすると、空腹でもないのに胃腸に食べ物を詰め込んでしまい、消化吸収効率が高まりづらく、食べた物が吸収されずに排泄されて、太れないのです。

参考:太りたい人の食事回数でベストは?1日5食は太る?健康に太る方法!

 

したがって、太る方法として、食事は1日3食(朝食、昼食、夕食)を原則として、夜食や間食・おやつは控え、空腹を感じてから食べられることがコツ。

参考:太りたい人が空腹でも太る方法とは?空腹の太るメリット2選!

 

食べるタイミングとして最適なのは、空腹を感じはじめてから30分〜1時間ほど経ってから。

このタイミングだと、空腹ホルモンがたっぷり分泌されているので、食事で太るのに大変効果的ですよ。

 

参考:顔だけ太りたい!顔をふっくらさせるのは食べ物?コラーゲン?サプリ?

食物酵素を摂取する

 

太りたい人が太る方法として、「食物酵素」も重要。

食物酵素というのは、食べ物に含まれている酵素のこと。

 

酵素は、体の様々な働き(消化、吸収、代謝、運動、排泄など)を担っている重要なタンパク質です。

酵素の働きがなければ、人間は生きられない程、酵素は大変重要。

 

特に、消化を担っている体内の消化酵素は、栄養の消化率を支える重要な物質です。

つまり、消化酵素の働きを活性化すれば、消化が促進されて、消化吸収率が高まるので、太る上で有効。

 

しかし、ガリガリ体系で太れない人の多くは、消化酵素の働きが活発ではありません。

したがって、消化酵素を活性化することが重要。

 

そのために必要なのが、食べ物から摂取できる酵素である食物酵素を摂取すること。

食物酵素の太る効果や、食物酵素をたっぷり含まれている食べ物については、「太りたいなら「酵素」は必須!酵素で太る方法の真実を全て語る!」で詳しくお話をしているので、参考にしてみてください。

 

 

実を言うと、どうしても太りたい方が、食事だけで太るのはとても難しいのが正直なところ。

というのも、どんなに食べても太れない体質の方は、食事で摂った栄養が吸収されずに排泄されてしまうから。

 

そんな太れない体質の方が“楽に太る方法”が、栄養の吸収性にこだわって開発された「太るサプリ」を食事と一緒に摂取することです。

その中には、たった2ヶ月で4.1kg太れるサプリも。

私が徹底的に調べ尽くした“最も信頼できる太るサプリ”は、下記に全網羅してご紹介しているので、クリックして確認してみてください。

→【食事だけはNG】最も信頼できる太るサプリランキング!“楽に太れる”サプリは?

 

 

参考:【上半身だけ太る方法】上半身だけ太りたい女性が上半身に脂肪をつける方法!

胃下垂を改善する

 

太りたい人が太る方法として、胃下垂を改善することも大切な要素。

太りたい人が胃下垂だと太らない理由と、胃下垂を改善する方法について、詳しくお話ししていきましょう。

 

参考:【胃下垂でも太る方法】ガリガリで胃下垂でも太りたい!太ると治る?

胃下垂だと太らない理由

胃下垂は、太らない原因の1つ。

そもそも、胃下垂は、胃を支える腹部の筋肉や脂肪が極端に少ないため、胃が下に垂れ下がっている状態のこと。

 

胃下垂がひどい状態になると、骨盤の下まで垂れ下がってしまうこともしばしば。

とりわけ、ガリガリで痩せすぎ体質の人は、一般の人よりも筋肉や脂肪が非常に少ないため、胃下垂になりやすいといえます。

 

胃下垂だと太らない理由は、胃のぜんどう運動機能が胃下垂によって低下するため、胃の消化機能も弱まってしまうため。

つまり、胃下垂になることで、食べ物の消化が正常に機能しづらくなるため、食べても太らない体質になってしまう訳です。

 

参考:胃下垂で太らないのはなぜ?仕組みは?実は嘘?胃下垂で痩せる理由!

胃下垂の治し方

胃下垂の治し方として、腹筋運動は有効です。

というのも、そもそも胃下垂になるのは、腹部の筋肉が弱まって胃が下に垂れてくるから。

 

腹部の筋肉がないと、食べたものの重みで胃が下に垂れ下がってしまいますから、胃下垂を引き起こしやすい訳です。

特に、痩せ型やガリガリ体型の人は、一般の人よりも全体的に筋肉が少ない傾向にあるため、腹部の筋肉が不足して、胃下垂を招きやすいでしょう。

 

したがって、胃下垂を治すために、腹筋運動を行うことは効果的。

実際、マッチョで胃下垂の人は見かけたことがありませんし、正しい腹筋運動を続けて胃下垂が治ったという人も多数います。

 

やはり、内臓を下から押し上げる力を働かせるためにも、腹筋運動で腹部の筋肉を鍛えることは、最も有効なようです。

ですから、ただでさえ筋肉がつきづらいガリガリ体型や痩せすぎ体質の人が、腹筋運動をして、腹部に筋肉をつけるのは、胃下垂を治し方として遠回りなようで一番の近道。

 

また、胃下垂を治すには、腹筋でも、インナーマッスルや体幹を中心に鍛えると効果的です。

具体的な腹筋運動の方法は、「胃下垂克服にはインナーマッスル・体幹強化のレッグレイズやクランチ!」でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

参考:【胃下垂でも太りたい】胃下垂とは?原因・症状・太り方を一挙公開!

姿勢改善をする

 

太りたい人が太る方法として、姿勢改善も効果的。

姿勢が悪くなると、太りにくくなることは事実。

 

なぜなら、姿勢が悪くなると、胃腸の調子が悪くなるから。

この理由について、詳しくみていきましょう。

 

まず、長期間にわたって姿勢が悪い状態が続くと、次第に骨格が歪みます。

骨格が歪むと、体のバランスが崩れ、体の各部に必要以上に圧力が加わり、それらを支えている筋肉が緊張して「こり」が生じます。

 

こうした「こり」が血液やリンパ液の流れを悪化させ、さらには内臓機能を正常に機能させる上で大切な「自律神経」などの神経系統を乱します。

 

ここで、胃腸での食べ物の消化吸収は自律神経がバランスを保っています。

ですから、姿勢悪く自律神経が乱れると、胃腸の機能が弱まり、消化吸収効率が低下して太れないことに。

 

さらに悪いことに、骨格の中でも骨盤が歪むと、骨盤の中にある副交感神経である骨盤内臓神経の働きが妨害されます。

その結果、腸、子宮、卵巣の重要な臓器の機能を弱ってしまい、便秘、むくみ、冷え、生理不順などを起こすことにもつながりかねません。

 

女性の場合は、卵巣の機能が低下すると、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が低下してしまうでしょう。

エストロゲンは、皮下脂肪をつけて女性らしいふっくらした体つきになるのに不可欠なホルモンであるため、姿勢が歪むと女性は綺麗に太りづらくなるのです。

参考:華奢で太れない!女性ホルモンが原因?痩せすぎで太りたい女性が太る方法!

 

したがって、姿勢改善をする方法については、「【胃下垂でも太る方法】ガリガリで胃下垂でも太りたい!太ると治る?」で詳しくお話ししているので、ぜひ参考にしてみてください。

筋トレをする

 

太りたい人が太る方法として、筋トレをすることが重要。

筋トレをすることで、筋力や筋肉の増加が見込めるので、体重増加が他食欲増進、胃腸の調子の改善、脂肪がつきやすくなる効果、体の引き締め効果などが期待できるでしょう。

 

筋トレでは、筋繊維を太くなりやすい「速筋繊維」を鍛えるべきです。

速筋を鍛えて太くするには、筋肉に最大限の負荷をかけ、なおかつ短時間で行うことがセオリー。

参考:体の線を太くする方法!細い人が筋肉と食事でガタイを大きくする方法!

 

筋トレした後は、2〜3日は鍛えた部位を休息させて、筋繊維の修復が完了してから、同じ部位をトレーニングすることが大切。

筋肉を効率よく太くするには、筋トレ直後にプロテインを摂取すると、壊れた筋肉の修復にタンパク質が直ぐさま供給されるので、筋肥大に大変有効です。

 

さらに、細い人が体の線を太くしてガタイを大きくするには、筋肉に加えて食事も重要な要素の一つ。

食事においては、高タンパクかつ消化吸収性の良く、糖質および酵素を含んだ食品を摂ることが重要ですよ。

 

参考:食べても太らない原因は病気?ストレス?体質?食べてるのに痩せる男性・女性必読!

ストレスを溜め込まない

 

太りたい人が太る方法として、ストレスを溜め込まないことが重要。

ストレスで痩せてしまい太れなくなる原因は、自律神経が乱れてしまうから。

 

自律神経とは、体の様々な臓器(内臓、脳など)をコントロールしている交感神経と副交感神経のこと。

ストレスによって自律神経のバランスが崩れると、体と心の不調を招きやすくなり、胃腸のトラブルや食欲不振に陥って、太れないのです。

 

ストレスが酷いと、次のような疾患になって、さらに痩せてしまうことになるので、要注意。

 

・ストレスが引き金となる疾患① 自律神経失調症

自律神経失調症の症状は、不安や緊張、抑うつなどの心のトラブルのほか、倦怠感、吐き気、多汗、頭痛、動悸、不眠、めまい、肩こり、手足のしびれなど。

 

・ストレスが引き金となる疾患② 神経性胃炎

神経性胃炎では、自律神経がバランスを崩して胃酸が過剰に分泌されてしまうことで、胃もたれ、胸やけ、胃の痛み、のどのつかえなど、胃炎の症状を引き起こします。

 

・ストレスが引き金となる疾患③ 過敏性腸症候群

過敏性腸症候群では、腸のぜん動運動に異常が起こることで、慢性的に腹痛・下痢・便秘などを引き起こします。

参考:慢性下痢で太れない!太らないで肌荒れは過敏性腸症候群?下痢でも太る方法!

 

このように、ストレスが積み重なると、太れないばかりか、上記の疾患に発展してさらに痩せてしまう原因にもつながりかねないので、ストレスを溜め込まないようにしてください。

参考:太りたいのにストレスで食べても太れない!痩せる!自律神経が原因?

女性ホルモンの分泌を促す

 

太りたい女性が太る方法として、女性ホルモンの分泌を促すことが大切。

というのも、女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、女性が皮下脂肪をつけて、女性らしい体つきになるためのホルモンだから。

 

痩せすぎに悩む女性は、栄養状態が悪いため、エストロゲンの分泌が低下している可能性が高いと言えます。

これは、女性がガリガリで低栄養状態に陥ると、体や脳が生命維持を優先して、エストロゲンを生み出している卵巣に栄養が行き届かなくなってしまうため。

 

エストロゲンの分泌量が低下すると、生理不順だったり、生理が止ってしまうことにも。

ですから、卵巣の細胞一つ一つに十分な栄養素を送り、なおかつ細胞を活性化してやれば、エストロゲンの分泌が活発になるでしょう。

 

こうしたことから、綺麗に太りたい女性は、エストロゲンの分泌量を増やすことが、女性らしくふっくら美しく太る方法として大切です。

なお、女性ホルモンは、ストレスの影響で、分泌量が低下することにも繋がりますから、ストレスを溜め込まないようにしてください。

 

なお、エストロゲンの分泌量を増やす方法については、「美しく太る方法!綺麗に太りたい女性が太る方法を完全解説!」で詳しくお話をしているので、参考にしてみてください。

 

参考:【完全版】太りたい女性に贈る“綺麗に太る方法”のエッセンス!

プロテインを摂取する

 

太りたい人が太る方法として、プロテインを摂取することも効果的。

プロテインがおすすめの理由は、太るために重要なアミノ酸を効率よく摂取することができるから。

 

アミノ酸は、体の組織の合成のため日々の活動で消費されているので、摂取しておきたい成分です。

しかも、三大栄養素の中でも、タンパク質は最も不足しやすいので、プロテインから簡単に補えるのは魅力。

 

太るためにプロテインを摂取する上で、どんなプロテインを選択するかが大切になってくるの、以下にプロテインを選ぶ上でのポイントをご紹介しておきます。

 

《太りたい人がプロテインを選ぶ上でのポイント》

・吸収速度が大きく、胃腸に負担をかけないホエイプロテイン

・栄養吸収のスイッチを入れる役割を果たす糖質も含まれている

・栄養の消化吸収を助けるビタミン・ミネラル類が含まれている

 

 

実を言うと、どうしても太りたい方が、食事だけで太るのはとても難しいのが正直なところ。

というのも、どんなに食べても太れない体質の方は、食事で摂った栄養が吸収されずに排泄されてしまうから。

 

そんな太れない体質の方が“楽に太る方法”が、栄養の吸収性にこだわって開発された「太るサプリ」を食事と一緒に摂取することです。

その中には、たった2ヶ月で4.1kg太れるサプリも。

私が徹底的に調べ尽くした“最も信頼できる太るサプリ”は、下記に全網羅してご紹介しているので、クリックして確認してみてください。

→【食事だけはNG】最も信頼できる太るサプリランキング!“楽に太れる”サプリは?

 

 

参考:ホエイプロテインで脱ガリガリ!筋トレとプロテインで太りたい人が太る方法!

まとめ

 

太りたいのに太れない原因は、栄養の吸収力が低いから。

健康的に太る方法として大切な、次の9の法則について詳しくお話をした。

 

① 栄養バランスの良いものを食べる

② 食事回数を1日3食にして食欲を高める

③ 食物酵素を摂取する

④ 胃下垂を改善する

⑤ 姿勢を改善する

⑥ 筋トレをする

⑦ ストレスを溜めない

⑧ 女性ホルモンの分泌を促す【女性向け】

⑨ プロテインを摂取する

 

↓元研究者である私が半年間かけて調べ尽くした

“たった2ヶ月で”楽に太れるサプリの詳細はこちらをクリック!