太りたい人は、空腹になってから食べる方が太りやすいとう事実を知っていたでしょうか?

太りたい人ほど、食べる量を増やそうと一日に何食も食べようとしますが、これは大きな間違い。

 

効率よく太るためには、空腹になってから食べることで、胃腸の調子が良くなり、なおかつ食欲も高まりやすくなり、食事量と消化吸収性の向上に役立つのです。

今回は、太りたい人が太る方法として、空腹の太るメリットを余すことなくお話しするので、ぜひ参考にしてみてください。

空腹の太るメリットとは?太りたい人が太る方法を解説!

 

太りたい人が太る方法として、空腹のメリットはいかなるものなのでしょうか?

実際、ガリガリ体型で胃腸弱い人ほど、一度に沢山食べられないからと、一日分のカロリーを何食かに分けて食べる傾向にあります。

 

しかし、痩せすぎやガリガリであることに悩みを抱えている人ほど、食べる量を増やすために一日に何食も摂ろうと躍起になる人もいますが、それは逆効果。

正しくは、空腹状態で食べた方が太りやすいのです。

 

太りたい人が空腹で太るメリットは、次の通り。

 

  • 胃腸に休息する時間ができ、なおかつ消化酵素の働きが活性化して、胃腸が元気になる
  • 食欲増進ホルモンの分泌が促進されて、食べる量が増える

 

上述の点について、詳しく見ていきましょう。

空腹のメリット① 胃腸が元気になる

太りたい人が空腹で太る方法として、胃腸での消化活動は、食べ物の種類にもよりますが、大体2~3時間は必要なので、一日に6食も7食も摂り食べ続けていると、胃腸は休む間もなく働き続けることになるので、段々と疲弊してしまうことに。

胃腸が疲弊すると、必然的に消化・吸収機能が弱るので、体に必要な栄養素を取りこめる割合も低下し、食べても太らない結果につながります。

 

さらに、空腹ではないので食べると、胃腸で食べ物の消化や分解を担っている消化酵素の働きも鈍ってしまうので、消化率も低下し、それによって栄養の吸収率も低下することに。

参考:太りたいなら「酵素」は必須!酵素で太る方法の真実を全て語る!

 

ですから、お腹が空いていないのに食べても、体は食べた物を効率よく吸収することができないと言えます。

したがって、太りたい人は空腹状態を積極的に作り出すと、消化・吸収力が高まることから、食べても太りやすい体質づくりに有益なのです。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

空腹のメリット② 食欲が高まる

 

太りたい人は、胃弱や消化不良に陥りやすく、食欲が高まりづらいと言えます。

また、食べても太らないことに嫌気が差し、食事に対する意欲そのものが下がっている場合もあるでしょう。

 

他にも、体調を崩した時や夏場は特に食欲が減退しやすいと考えられます。

当然のことですが、食べた物の絶対量が減少すれば、太りたくても太れません。

 

ですから、太りたい人は食欲が高めることが大事で、食欲増進に効果的なのが「空腹」。

というのも、空腹になると食欲を増進させるホルモン「グレリン」の分泌量が増大するから。

 

このグレリンは「空腹ホルモン」と呼ばれている通り、空腹時なると胃から分泌されることが知られています。

実は、グレリンは、1999年に日本人研究者によって発見されてホルモン1)

1) Kojima, Masayasu, et al. “Ghrelin is a growth-hormone-releasing acylated peptide from stomach.” Nature 402.6762 (1999): 656.

 

このグレリンが分泌されることで、脳(視床下部)で食欲中枢を司る部分に“お腹が空いた!”という感覚が生じさせるのです。

ですから、空腹になると無性にお腹が空いて何か食べたい!という食欲が生じるのも、このグレリンのお陰。

 

もう少し詳しく言うと、胃で分泌されたグレリンは、脳内で空腹感を生じさせる他、睡眠や目覚めをコントロールしているオレキシンというホルモンの経路を使用して、食欲を高める作用を生じさせているのです2)

2) https://www.cosme.net/diet/article/I0008510(2018/10/3)

 

グレリンが分泌されることで、食欲増進以外にも、成長ホルモンや胃酸の分泌、胃の運動をコントロール作用があるので、食べ物の消化・吸収性も自然と高まることも期待されます。

 

したがって、グレリンの分泌を促進させることは、痩せすぎやガリガリで太りたい人にとっては大きなメリットなので、敢えて空腹状態を作り出して食べることが重要なのです。

また、空腹を感じはじめて30分〜1時間ほど経ってから食事を摂るようにすると、グレリンが十分に分泌されるので、食欲と消化吸収性が高まっているので大変効果的。

 

  ↓最強の太る専用サプリのご紹介  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的な体づくりをしたい人のための太る最強サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※20〜25%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

お腹を空かせる上での注意点

太りたい人が太る方法として、お腹を空かせてから食べることは大きなメリットですが、空腹状態が長時間続いてしまうと、体が飢餓状態だと認識して、足りないエネルギー分を補おうと筋肉や脂肪を分解して痩せてしまうので、注意しましょう。

また、太りたいのに太れない人は、筋トレや運動中は空腹状態が長引きやすいので、注意が必要です。

 

空腹の正しい向き合い方として、目安はお腹がグーとなるぐらいになったらすぐに食べるようにしましょう。

このタイミングであれば、上述のグレリンも十分に分泌されていると考えられます。

 

また、寝る直前に食事を摂ると、成長ホルモンの分泌が抑制されてしまうデメリットの他、寝ている間に胃腸が休まることができず、朝起きてからも空腹になりづらくなり、食欲が減退してしまうので、控えましょう。

まとめると、痩せ型やガリガリ体型の人は、太りたいからと一日に何食も食べて太ろうとする考え方はNGで、効率よく太るためには、敢えて食事回数を減らし、一日3食を基本として、お腹を空いてから食べるようにすることが大切。

 

このように空腹を上手に活用することが、太るための正しい考え方なのです。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

まとめ

 

太りたい人が太る方法として、空腹の方が大切な理由について解説。

空腹のメリットは、次の2つ。

 

  • 胃腸に休息する時間ができ、なおかつ消化酵素の働きが活性化して、胃腸が元気になる
  • 食欲増進ホルモンの分泌が促進されて、食べる量が増える

 

こうした理由から、痩せ型の人は、太りたいからと一日に何食も食べて太ろうとするのではなく、食事回数を減らして一日3食を基本とし、お腹を空いてから食べるようにすることが大切。

必読記事:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!