太りたいのに華奢で太れない女性は、女性ホルモンの分泌量が低下して、痩せすぎている場合があるので、注意が必要です。

実は、女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、皮下脂肪をつけやすくする作用があるホルモンなので、女性ホルモンが不足すると、脂肪がつきづらくなってしまうのです。

 

したがって、女性ホルモンの分泌を促進させることが重要で、そのために最も有効なのは「食べ物」と「筋トレ」。

食べ物では、女性ホルモンを促進させる作用のある栄養成分を含む食品を摂ることが効果的。

 

筋トレは、正しく取り組むことで、エストロゲンの分泌も活性化させる作用が期待できるでしょう。

今回は、女性ホルモンの不足により華奢で太れない原因と、痩せすぎで太りたい女性が太る方法について、食べ物と筋トレの観点から詳しくご紹介するので、ぜひ参考にして取り組んでみてください。

女性ホルモンが原因で華奢で太れない理由

 

太りたいのに華奢で太れない女性は、女性ホルモンの分泌量が低下していることで、痩せすぎを引き起こしている可能性があります。

というのも、女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、皮下脂肪をつけやすくすることで、女性らしい体つきになる働きのあるホルモンだから。

 

ですので、痩せすぎで太りたい女性が、女性らしい体になるには、女性ホルモンの分泌を促すのが、効率的かつ女性らしく太るのに効果的。

特に、痩せすぎに悩む女性は、栄養状態が良くないので、エストロゲンの分泌している卵巣の機能が衰えていることもしばしば。

 

この理由は、体が低栄養状態になると、生命維持を優先するため、卵巣への栄養素の供給が後回しになってしまうため。

そうなると、痩せていることが原因で、生理不順や無月経といった生理トラブルにも発展しかねません。

 

ですから、華奢で太れない女性は、十分に栄養を摂取して、卵巣に栄養成分をたっぷり補ってやることで、エストロゲンの分泌量を増やすことができるでしょう。

エストロゲンの分泌が増えれば、脂肪がついてふっくらした女性らしい体つきになれます。

 

また、女性ホルモンは、精神的なストレスにより、自律神経のバランスが崩れて、分泌が妨げられますから、ストレスを溜めないことが大切です。

 

  ↓最強の太る専用サプリのご紹介  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的な体づくりをしたい人のための太る最強サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※20〜25%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

女性ホルモンの分泌を促して太る方法

華奢で太れないけれど太りたい女性が、女性ホルモンの分泌を促すことで、太るにはどうすれば良いのでしょうか。

結論から言えば、女性ホルモンの分泌を促すには、「食べ物」と「筋トレ」を組み合わせるのが効果的。

 

「食べ物」と「筋トレ」それぞれにおいて、女性ホルモンの分泌を促進させる方法について、余すことなくお話ししていきます。

関連記事:太りたい女性はホルモンが大切!女性らしい体になる食事・筋トレ・プロテイン!

食べ物

 

痩せすぎに悩む女性が、女性ホルモンの分泌を促して、ふっくら太るのに効果的な食事や食べ物を見ていきましょう。

実は、女性ホルモンを促進させる作用のある栄養成分である、タンパク質、大豆イソフラボン、ボロンが有効。

 

これら3つの栄養成分(タンパク質、大豆イソフラボン、ボロン)を含む食べ物について、詳しくご紹介していきましょう。

参考:女性らしく太る方法!綺麗に太る食事とは?太りたい女性はホルモンが肝心!

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

タンパク質

タンパク質は、エストロゲンの分泌量を増やす作用のある優れた栄養素。

さらに、タンパク質は、バストアップに欠かせない大胸筋やクーパー靭帯と呼ばれる部分の材料にもなるので、胸を大きくしたい女性にも欠かせない成分です。

参考:健康的に太る方法でバストアップ!胸だけ太りたい女性が綺麗に太る胸を手にする方法!

 

さて、良質なタンパク質が豊富な食品の代表例が、卵、大豆、チーズ

これらの食品は、優れたアミノ酸バランスを誇り、消化吸収性も高いので、痩せている人にもぴったり。

 

卵は、安価でありながら「完全栄養食」と呼ばれるほど、タンパク質は勿論のこと、脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が詰まった食べ物。

卵を食べるときは、半熟卵にすると、栄養価・消化吸収性が共に高まっているのでおすすめです。

 

納豆は、タンパク質含有率が10〜15%ありますし、そのまま食べられるので、手軽にタンパク質を摂取できる優れもの。

また、納豆には、発酵食品ゆえに消化を助けてくれる酵素が豊富な他、後程取り上げる大豆イソフラボンも含まれているので、女性ホルモンの分泌も促してくれるでしょう。

参考:太りたいなら「納豆」がおすすめの理由4選!太る方法を徹底解説!

 

チーズは、牛乳を発酵して作られているので、栄養価が高く、乳脂肪の消化吸収性も良いことも相まって、太るのに効果的な食品です。

参考:チーズで太りたい!健康的に太る!女性はバストアップにも効果あり!

 

また、タンパク質を摂る際は、動物性タンパク質と植物性タンパク質を両方をバランス良く摂取することが大切ですよ。

参考:太る方法|アミノ酸で太りたい人が太るには?プロテインはおすすめ?

大豆イソフランボン

大豆に含まれる「大豆イソフラボン」と呼ばれる成分は、エストロゲンに似た働きを持つことで知られています。

したがって、大豆イソフラボンによって、エストロゲンの働きが活性化される作用が期待できるということ。

 

大豆イソフラボンを豊富に含む食べ物は、大豆や大豆製品(豆腐、味噌、納豆、豆乳など)

実は、この中で最も吸収性の高い大豆イソフラボンが摂取できるのは”味噌”なので、例えば、味噌汁を日々の献立に取り入れると、女性ホルモンの分泌を促進してくれるでしょう。

 

ところが、大豆イソフラボンによる、エストロゲンに類似した働きを期待できない日本人女性は2人に1人もいます。

どういうことかと言うと、大豆イソフラボンが、エストロゲンに類似した作用をもたらすには、ある決まった腸内細菌により「エクオール」と呼ばれる成分に変換されることが必須。

 

しかし、日本人女性の2人に1人は、この腸内細菌を持っていないため、「エクオール」を産出できないという重大な問題点があります。

ですから、この腸内細菌を持っていない半数もの女性は、大豆・大豆製品を食べても、女性ホルモンの分泌を促すことはできないということに。

 

ですから、こうした方々は、エクオールが含まれているサプリを活用するのがベスト。

サプリから直接エクオールを補給することで、女性ホルモンをサポートする作用が期待できるでしょう。

 

エクオールが含まれているサプリが『ルーナハーバルサプリメントプレミアム』で、綺麗になりたい女性から絶大な支持を得ており、リピーターの女性の方も数多くいます。

なお、『ルーナハーバルサプリメントプレミアム』は、初回限定880円(送料無料)かつ3ヶ月全額返金保証付きなので、クリックして確認してみてください↓

 

↓『ルーナハーバルサプリメントプレミアム』の公式サイトはこちらをクリック!

ルーナハーバルサプリメントプレミアムボロン

ボロン(ホウ素)は、人間の体に欠かすことのできないミネラルの一種で、大豆イソフラボン同様、エストロゲンと似た作用を持つ成分。

ボロンが含む食べ物の代表例は、次の4つ。

 

・キャベツ

・リンゴ

・レーズン

・ナッツ(アーモンドなど)

 

ボロンは熱に弱いため、ボロンを含む食べ物を摂る際は、加熱は控えるようにしてください。

実際のところ、上記4つの食べ物は、加熱ぜずに食べても美味しくいただきますから、問題ないでしょう。

 

ご紹介したナッツのアーモンドは、良質なタンパク質・脂質のほか、食物繊維も豊富なので、痩せすぎで太りたい女性には、ぜひおすすめ。

参考:太りたいならナッツが太る方法としておすすめの理由4選!

筋トレ

 

痩せすぎに悩む女性が、女性ホルモンの分泌を促して、ふっくら太るのに筋トレが効果的な理由と、具体的な鍛え方を見ていきましょう。

筋トレが女性ホルモンの促進作用がある理由は、筋トレで壊れた筋肉を修復(超回復)する際に、ホルモンバランスが整うことで、成長ホルモンに加え女性ホルモン(エストロゲン)の分泌も活性化するから。

 

ですから、華奢で太れない女性の方は、筋トレをして適度に筋肉を鍛えることが、皮下脂肪をつけやすくして女性らしく太るのに効果的な訳です。

筋トレをする際の注意点は、トレーニングの負荷は軽め(低負荷)でゆっくり行うことで、女性ホルモンの分泌を妨げる原因となるストレスとならないようにすること。

 

また、上半身と下半身の筋肉をバランスよく鍛えると、魅力的な体づくりにも繋がるでしょう。

上半身、下半身それぞれの鍛え方については、下記の記事を参考にしてみてください。

 

参考(上半身の鍛え方):肋骨が浮き出る!痩せすぎであばら骨が見える原因と目立たなくする方法!

参考(下半身の鍛え方):下半身を太る方法|下半身を太りたい男性・女性が足に脂肪をつける方法!

 

また、筋トレ後には、プロテインも合わせて摂取すると、確実に太る効果が高まるでしょう。

というのも、プロテインには筋肉の材料や、先程もお話ししたように、女性ホルモンの分泌促進作用のあるタンパク質を手軽かつ効率的に補えますから。

 

プロテインは、栄養価と消化吸収性が高い牛乳や豆乳と割る飲み方も相性が良いです。

さらに、筋トレ後に飲むと、筋肉修復と疲労回復にもよりプロテインの効果を発揮するでしょう。

参考:【プロテインで太りたい】ガリガリ女性におすすめ人気ランキング5選

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

まとめ

 

太りたいのに華奢で太れない女性は、女性ホルモンの分泌量が低下することで、痩せすぎを招いている場合があるので、注意が必要。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、皮下脂肪をつけやすくする働きのあるホルモンなので、その分泌量を増やせば、女性らしいふっくらした肉付きになりやすい。

 

女性ホルモンの分泌を促すには、「食べ物」と「筋トレ」を組み合わせるのが効果的。

食べ物では、女性ホルモンを促進させる作用のある栄養成分である、タンパク質、大豆イソフラボン、ボロンを含む食品が有効

 

筋トレは、壊れた筋肉を修復(超回復)する際に、ホルモンバランスが整い、エストロゲンの分泌も活性化するのでおすすめ。

また、筋トレと並行して、プロテインを活用すると、筋トレの効果が高まるのでよい。

必読記事:【完全版】太りたい女性に贈る“綺麗に太る方法”のエッセンス!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!