胸が小さいことに悩んでいる女性の内で、胸だけ太りたい!綺麗に太る胸を手にしたい!と考えている女性も多いことでしょう。

バストアップを図る上で最も重要なのは、バストの発達を促す作用のある女性ホルモンの一種「エストロゲン」の分泌を促すこと。

 

ですから、エストロゲンの分泌を促す「食事」と「運動(筋トレ)」を実践することが、バストアップに大変有効です。

食事においては、後ほどご紹介する、タンパク質・大豆イソフラボン・ボロンを含む食品が効果的。

 

筋トレは、バストアップ目的で正しく行うことで、エストロゲンの分泌量アップが期待できるでしょう。

今回は、健康的に太る方法に基づいて、胸だけ太りたい女性が綺麗に太る胸を手にするのに重要な、食べ物と筋トレの2点に絞って取り上げるので、ぜひ参考にしてみてください。

バストアップには、女性ホルモンの分泌が不可欠!

 

健康的に太る方法で、バストアップを図りたい女性は、女性ホルモンの分泌を促すことが肝。

というのも、女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、胸の中身である乳腺の発達を促す働きがあるから。

 

女性にとって大切な胸(バスト)は、約1割が乳腺で、9割が脂肪。

エストロゲンは、この約一割を占める乳腺の発達を促す作用があるのです。

 

乳腺が大きくなると、乳腺を守っている脂肪(胸の9割を占める部分)も同時に発達します。

これは、乳腺が母乳を作る器官であり、それを大切に守るために脂肪が取り囲んでいるからなんですね。

 

つまり、エストロゲンが分泌されることで、乳腺や脂肪が発達し、バストアップに繋がるということ。

また、不規則な生活習慣・食生活であったり、ストレスを溜め込んでいたり、痩せ型・痩せすぎである場合には、エストロゲンの分泌量が低下しがち。

 

特に、痩せすぎの女性で、生理周期が乱れていたりして生理不順に陥ってしまうのは、低栄養状態が続くと、体や脳が生命維持を優先し、女性ホルモンを産出している卵巣に栄養が行き渡らなくなってしまうから。

ですので、卵巣に十分な栄養素を送り、卵巣の機能を活性化することが、エストロゲンの分泌量を増やすための核心だと言えるでしょう。

 

また、先程触れたように、不規則な生活習慣・食生活やストレスの影響で、自律神経が乱れると、エストロゲンの分泌が妨げられてしまうので、十分気をつけてくださいね。

以降では、健康的に太る方法でバストアップを図る指針について、ご紹介するので、じっくり読んでみてください。

関連記事:デブエットで胸を大きくしたい!胸だけ太りたい女性がバストアップする方法!

健康的に太る方法でバストアップする指針① 食事

 

健康的に太る方法でバストアップする指針として一つ目に大切なのが、女性ホルモンの一種エストロゲンの分泌を促す食事を摂ること。

食事においては、エストロゲンの分泌を促す作用のあるタンパク質と、女性ホルモンに似た働きをする成分である大豆イソフラボンとボロン(ホウ素)を含む食品を摂ると効果的。

 

これら3つの栄養成分(タンパク質、大豆イソフラボン、ボロン)を含む食べ物について、詳しくご紹介していきましょう。

参考:【胸だけ太る食べ物10選】胸だけ太りたい女性が胸だけ太る方法!

タンパク質

タンパク質は、先程お話しした通り、エストロゲンの分泌量を増やしてくれるので、胸だけ太りたい女性に必須。

それに加えて、タンパク質は、胸の土台となる大胸筋やクーパー靭帯と呼ばれる部分の材料となるので、2重の意味でバストアップ効果が期待できるというわけ。

参考:女性らしく太る方法!綺麗に太る食事とは?太りたい女性はホルモンが肝心!

 

つまり、タンパク質は、胸を構成する、乳腺・脂肪・筋肉・靭帯の発達を促すので、胸だけ太りたい女性にとって不可避の栄養素なのです。

タンパク質を摂る際は、動物性タンパク質と植物性タンパク質を両方バランス良く摂取することを心がけてみてください。

 

その上で、良質なタンパク質が豊富な食品は、卵、納豆、チーズ

これらの食品は、アミノ酸のバランスに優れ、消化吸収性も高いのがメリットです。

 

卵においては、栄養価・消化吸収性が高まった状態である半熟卵がベター。

納豆は、後ほど取り上げるように、大豆イソフラボンも豊富に含まれていておすすめ。

参考:太りたいなら「納豆」がおすすめの理由4選!太る方法を徹底解説!

 

また、チーズは、牛乳由来で栄養価が高く、乳脂肪の消化吸収性も良いことが知られていて、バストアップにも大変効果的な食品です。

参考:チーズで太りたい!健康的に太る!女性はバストアップにも効果あり!

 

 

なお、バストアップしたい女性に必須なのが「ナイトブラ」です。

というのも、ノーブラで寝ていると、バストのボリュームがダウンするから。

 

逆に、寝る時にブラを着けてバストを固定すれば、肉が脇や背中に流れず、形崩れを防いでくれますよ。

では、昼用のブラを寝ている時につければいいのか・・・これは絶対にNGです。

 

なぜなら、昼用のブラは「立っている時」のバストを支えるものだから。

昼用のブラで「寝ている時」のバストの横流れを防げないのです。

 

そこでオススメなのが、寝ている間にバストを補正するナイトブラ『Viageビューティアップナイトブラ』です。

このナイトブラは超人気商品で、楽天総合ランキングで2億点以上の中で第1位に輝き、18冠を達成したもの。

 

まさに、女性から圧倒的に支持されているナイトブラなんですね。

現在、公式サイトからだと1枚2,980円で価格も良心的なので、下記で今すぐ確認してみてください。

【※累計100万枚突破】史上最高のナイトブラ『Viageビューティアップナイトブラ』の公式サイトはこちらをクリック!

大豆イソフランボン

エストロゲンに似た働きを持つ大豆イソフラボンを摂取すると、エストロゲンの働きが活性化されるので、バストアップ効果が期待できます。

大豆イソフラボンを豊富に含む食べ物は、大豆や大豆製品(豆腐、味噌、納豆、豆乳など)。

 

実は、この中で最も胸を太らせるのに効果的なのは、味噌。

というのも、大豆イソフラボンには、「グリコシド型」と「アグリコン型」の2種類があり、後者のアグリコン型の方が、消化吸収性が高いということが特徴。

 

このアグリコン型のイソフラボンを多く含む食品が、味噌なのです。

大豆イソフランボンの一日の摂取量目安が70mlなので、例えば、豆乳コップ1杯を朝飲み、3食のうち2食で味噌汁を一杯飲めば、ほぼ70mlになる計算です。

 

ところが、先程まで、大豆イソフラボンが、エストロゲンに似た作用があるので、バストアップに効果的だとご紹介しましたが、実は、大豆イソフラボンの効果が期待できない日本人女性は2人に1人もいます

どういうことかと言うと、大豆イソフラボンが、エストロゲンに似た作用を持つには、体内の腸内細菌の働きで「エクオール」と呼ばれる成分に変換されることが必要。

 

しかし、日本人女性の二人に一人は、「エクオール」を産出する腸内細菌を保持していないという、大きな問題点があります。

しかも、腸内細菌は、子供の時に保持できる種類が決定するため、大人になってこの腸内細菌を持つことは不可能でしょう。

 

つまり、この腸内細菌を持っていない半数もの女性は、、大豆・大豆製品を摂ってもバストアップ効果が全く期待できない、ということ。

ですから、こうした方々は、エクオールが含まれているサプリを活用するのが最善手。

 

サプリからエクオールを直接補給してやることで、女性ホルモンの作用を促すことで、バストアップ効果を簡単に手にすることができるでしょう。

エクオールが含まれており、女性から絶大な支持を得ているサプリは、『ルーナハーバルサプリメントプレミアム』です。

 

現在『ルーナハーバルサプリメント』は、初回限定880円で3ヶ月全額保証付きなので、クリックして確認してみてください↓

 

↓『ルーナハーバルサプリメントプレミアム』の公式サイトはこちらをクリック!

ルーナハーバルサプリメントプレミアム

ボロンを含む食べ物

ボロン(ホウ素)は、人体に不可欠なミネラルの一種で、大豆イソフラボンと同じように、女性ホルモンの一種エストロゲンと似た作用を持つので、バストアップに有効な成分

ボロンが含まれている食材は次の4つが代表格です。

 

・キャベツ

・リンゴ

・レーズン

・ナッツ(アーモンドなど)

 

ボロンを含む食べ物を摂るときの注意点は、ボロンは熱に弱いため、加熱はNGであること。

とはいえ、上記でご紹介した食べ物は、加熱しないでそのまま食べられますから、大丈夫でしょう。

 

特にナッツ類でもアーモンドは、良質なタンパク質・脂質のほか、食物繊維も豊富なので、胸だけ太りたい女性にもうってつけです。

参考:太りたいならナッツが太る方法としておすすめの理由4選!

 

  ▼太る専用サプリの効果とは?  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的に太りたい人向けの太る専用サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※完全20%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

健康的に太る方法でバストアップする指針② 筋トレ

 

健康的に太る方法でバストアップする指針として二つ目に大切なのが、エストロゲンの分泌を促す効果のある筋トレをすること。

筋トレがバストアップに効果的な理由は、筋トレ後に、壊れた筋肉を修復(超回復)する際に、ホルモンバランスが整えられて、成長ホルモンや女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が活発化するから。

 

ですので、胸だけ太りたい女性の方は、筋トレをして適度に筋肉を鍛えることは、バストアップに有効なのです。

バストアップを目的に筋トレをする際の注意点は、トレーニングの負荷は軽め(低負荷)でゆっくり行うということ。

 

こうすることで、筋トレがストレスになりにくく、女性ホルモンの分泌を効率的に促すことができるでしょう。

さらに、筋肉を鍛えることで、代謝が良くなって血液循環や胸周辺のリンパの流れが改善されることで、胸に栄養素が届きやすくなり、バストアっプに繋がることも期待できます

 

バストアップをしたい女性の方は、大胸筋を重点的に鍛えると、胸を下から上に支える土台となる筋肉が発達するので、胸が垂れてしまうのを防ぐことができて、効果的ですよ。

バスト周辺の大胸筋の鍛え方については、下記の記事で詳しくご紹介しているので、参考にしてみてください。

参考(上半身の鍛え方):肋骨が浮き出る!痩せすぎであばら骨が見える原因と目立たなくする方法!

 

また、筋トレ後には、バストアップに効果的なプロテインも合わせて摂取するようにしましょう。

というのも、プロテインは、筋肉の材料となるタンパク質を手軽に補えるので、大胸筋トレーニングと合わせて摂取すると、筋肉の発達が促されて効果的だから。

 

なおかつ、先程もご紹介した通り、タンパク質は筋肉のみならず、女性ホルモンの分泌量を増やすことで、乳腺・脂肪・靭帯の発達も促す作用もありますから。

他にも、プロテインでタンパク質を補給する利点は、タンパク質が粉末状なので、消化吸収性が高いということ。

 

特に、痩せている女性の方は、体質的に胃腸が弱い傾向にあるので、胃腸に負担をかけることなくタンパク質を補給できるのは嬉しいところ。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

まとめ

 

胸だけ太りたい女性が綺麗に太る胸を手にするには、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌を促すことが肝心。

エストロゲンは、胸の中身である乳腺と脂肪の発達を促進する働きがあり、バストアップに効果的。

 

エストロゲンの分泌を高める食事のポイントは、タンパク質、大豆イソフラボン、ボロンを含む食べ物を積極的に摂ること。

また、筋トレは、ホルモンバランスを整えて、エストロゲンの分泌を活性化してくれるので吉。

関連記事:【完全版】太りたい女性に贈る“綺麗に太る方法”のエッセンス!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!