太りたいけれどお金がないという方が、お金をかけずに太る方法として、食費を安く抑える必要がありますし、コスパが高い食べ物であれば、出費を押さえて太ることができますよね。

食費を安く抑えるには、1週間分単位で献立や食費を決め、まとめ買いと小分けして冷凍保存する術を身につけると、無駄な出費を減らすことができるでしょう。

 

今回は、お金がないけど太りたい人向けに、食費を安く抑えるコツと、栄養価・消化吸収性・コスパが全て高い食べ物をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

太りたい人が食費を安く太る方法とは?

 

お金がないけど太りたい人が、食費を安く太る方法として、どうすればよいのでしょうか?

実は、食費を抑えるには、次の食費を安く抑えるコツさえ押さえてしまえば、誰でも比較的簡単にできてしまいます。

 

そのコツというのは、1週間単位で食費と大体の献立を予め決めて、特売日を狙って1週間分の食材を取り揃え、冷凍保存して小分けしておき、買い物に行く日には冷蔵庫はできるだけ空っぽにすること(下の箇条書き参照)。

 

食費を安く抑えるコツ

・1週間分の献立を大体決めてしまう。

・1週間分の食費をある程度決めてしまう。

・スーパーの特売日にまとめ買いをして、小分けして冷凍保存しておく。

・買い物に行く前は、冷蔵庫の中身を空っぽにして無駄ない買い物の習慣をつける

 

まず、1週間分の献立は、大体の主菜と副菜を決めたら、あとはごはんがあれば十分ですよね。

献立を決めたら、献立に必要な食材をメモしておきます。

 

買い物前に1週間分の献立を決めてあるので、毎週決まった日に1週分をまとめ買いしておけばよいという訳ですね。

さらに、特売日を狙って、一気にまとめ買いするのも、食費を抑えるコツ。

 

お肉や魚は、安い日に一気に買って、あとは冷凍保存しておくと食費がかかりません。

冷凍保存しておけば、1ヶ月は持つので、小分けにして冷凍保存しておけば扱いやすいです。

 

例えば、お肉は大きいのや量多めのを買って、適当量に小分けにしてラップしてジップロックして冷凍するのもよいでしょう。

野菜の場合は、カットして冷凍が日持ちしますが、触感などが変わって気になる方は、冷凍せずに小分けにして野菜室に冷蔵してください。

 

すぐに傷んでしまう野菜(もやしなど)は、一度調理をしておくと、長持ちしやすいことも知っておいて損はありません。

また、買い物前には、冷蔵庫の中を空にする習慣をつければ、無駄なく買ったものを使い切ることができるので、経済的。

 

作る予定の食材を予め決めて、最低限の食材しか買わない習慣もつけると、ムダな食材を買わずに済むので得策

さらに、1週間分の食費の金額をある程度決めておけば、無駄な出費も減るでしょう。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

コスパが高い太る食べ物はこれだ!お金をかけずに太る方法!

 

太りたい人が安くお金をかけずに太る方法として、コスパが高い太る食べ物の活用は欠かせません。

とはいえ、コスパが高いだけではなく、健康的に太る効果が期待できる食べ物を知りたいところ。

 

以降では、コスパが高く、健康的に太る食べ物を中心にご紹介していきます。

ご飯(白米)

ご飯(白米)は、良質な糖質(デンプン)が含まれていますし、安く手に入るので、おすすめ。

ご飯が太るのに効果的な理由については、「太りたい人にご飯(白米)が健康的に太る方法として最適な3つの理由」で詳しくご紹介している通り、消化吸収性が高く、血糖値の上昇も比較的ゆるやかなため。

 

糖質は、太るためのエネルギー源として不可欠な栄養素ですから(下の記事参照)、ご飯(白米)は糖質源として最適なのです。

参考:太りたい人が脂肪を増やす方法とは?効率よく太る方法を徹底解剖!

 

しかも、ご飯は安い!

ご飯の茶碗一杯(ごはん中盛り150g)の米は約0.4合程度で、これを炊く前のお米(精米)に置き換えると65g程度。

 

一般的な米の値段は、5kgでも大体2000円前後で買えてしまいますから、一杯あたりに換算すると、26円。

ですから、一日3食食べても、たったの78円。

 

その値段で、一日に必要な糖質を十分賄えますから、活用しない手はありませんね。

 

  ↓最強の太る専用サプリのご紹介  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的な体づくりをしたい人のための太る最強サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※20〜25%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

納豆

ご飯(白米)は、良質なタンパク質や消化を助ける酵素が含まれていますし、安価に手に入るので、お金がなくてもぜひ食事に取り入れてほしい食品です。

納豆に太る効果がある理由については、「太りたいなら「納豆」がおすすめの理由4選!太る方法を徹底解説!」で詳しく取り上げている通り、タンパク質の含有量が高く(15〜20%)で、なおかつ発酵食品ゆえに消化を助ける酵素を豊富に含んでいるから。

 

さらに、納豆は安く手に入るのも、有難いところ。

納豆は、3パックで100円前後で手に入る物も多いですから、納豆1パック(40〜50g)あたりの値段は33円前後です。

 

成人男性および女性のタンパク質の目標摂取量が、それぞれ60gと50gですから(日本人の食事摂取基準2015年版より)、これを、納豆だけで一日に必要なタンパク質を賄うと考えると、233〜291円(男性)および194〜243円程度。

つまり、納豆は比較的安くタンパク質が摂取できる食品だと言えるわけですね。

卵は、良質なタンパク質(アミノ酸)がたっぷり含まれている「完全栄養食」と呼ばれているもの。

特に、アミノ酸の含有量やそのバランスを表すアミノ酸スコアは満点の100ですから、非常に優秀なタンパク源だと言えますね。

 

卵は1パック(10個入り)で安いものだと100円前後で買えてしまいますから、一個あたりの値段にすると、たったの10円。

卵1個あたりに含まれるタンパク質量は、Mサイズ(58〜64g)で7.5g程度ですから、先程の納豆の例と同様に、卵だけで一日に必要なタンパク質を賄うとすると、80円(男性)および67円(女性)程度となるので、非常に安価にタンパク質が摂取できる食品だということになりますね!

 

このように、卵はコスパの優れた太る食べ物なので、ぜひ活用してみてください。

参考:太りたいなら卵が最強の太れる食べ物!太れない人が健康的に太る方法!

まとめ

 

太りたいけれどお金がないという方が、お金をかけずに安く太る方法として、食費を安く抑えるコツを実践し、なおかつコスパが高い食べ物を摂ると効果的。

食費を安く抑えるには、1週間分の献立や食費を予め決めておいて、一週間に一回の特売日に、まとめ買いした後、小分けして冷凍保存しておくことで、無駄な出費を減らすことができるでしょう。

 

また、コスパが高い太る食べ物として、ご紹介したご飯(白米)、納豆、卵は、栄養価・消化吸収性が高く、なおかつ安価に購入できますから、おすすめです。

必読記事:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!