慢性下痢で太れないで痩せていき、なおかつ肌荒れを伴っている場合は、過敏性腸症候群である可能性が疑われます。

過敏性腸症候群は、腸の運動機能に異常が生じて下痢や便秘を引き起こす疾患で、日本人の10〜15%もの人が罹患するほど、非常によく見られるもの。

 

その原因はストレスによる自律神経の乱れであるとも考えられていますが、過敏性腸症候群で太らないで痩せてしまうのは、なぜなのでしょうか?

 

さらに、過敏性腸症候群では肌荒れを引き起こす要因ともなるので注意が必要。

それでは、過敏性腸症候群および肌荒れの効果的な対処法は、どういったことが考えられるでしょうか?

 

今回は、過敏性腸症候群により慢性下痢で太れない原因と、肌荒れを伴う理由、および過敏性腸症候群および肌荒れの対処法について、詳しく取り上げていきます。

慢性下痢で太れない原因は過敏性腸症候群?

 

太りたいのに慢性下痢で太れないで痩せていく原因は、過敏性腸症候群である可能性が高いです。

過敏性腸症候群は、腸のぜん動運動に異常が起こることで便秘や下痢を繰り返したり、慢性的に下痢が続いてしまう病気。

 

長期間にわたって、下痢が続いた後、一時的に治まり、その後また再発することもあります。

過敏性腸症候群は、日本人の10〜15%が罹患する、日本人に特によく起こる疾患で、原因はまだ特定されていませんが、精神的なストレスが引き金であることが多いよう。

 

精神的なストレスが続いてしまうと、心や体がリラックスできず、常に興奮状態(交感神経が優位)となるため、自律神経のバランスが崩れ、消化・吸収が正常に行われないことに。

その結果、食べる量が減り、徐々に体重が減り痩せてしまうのです。

 

さらに、ストレスが強くなると、血糖値を上げるホルモンが分泌されやすくなるため、食欲が低下し、この連鎖によって体重減少を招いてしまいます

他にも、慢性的に下痢が続くため、自然と食事制限してしまい、食べる量が減ることで痩せて太れない人も多く見られるでしょう。

 

以上をまとめると、過敏性腸症候群では、ストレスが大きな原因となって自律神経が乱れにより発症することが多く、消化・吸収力や食欲減退、および慢性的に下痢が続くことによる食事制限によって、太れないで痩せていくのです。

 

  ↓最強の太る専用サプリのご紹介  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的な体づくりをしたい人のための太る最強サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※20〜25%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

過敏性腸症候群のため太らないで肌荒れする理由

 

過敏性腸症候群では、太らないで肌荒れを引き起こすことがあります。

過敏性腸症候群で肌荒れを引き起こす原因は、便秘や下痢を繰り返すと、腸の調子が崩れて腸内環境が悪化し、その結果として栄養の吸収機能が低下して、美容に必要な栄養素が体に行き渡らないため。

 

もう少し詳しく見ていきましょう。

過敏性腸症候群のため慢性的に腸が不調に陥ると、腸内細菌である善玉菌が減少し、悪玉菌が増加することに。

 

実は、腸内細菌である善玉菌は、腸内環境を良好に保つ役割だけではなく、自前でアミノ酸やビタミン群を産出する能力を持っています。

ですから、善玉菌が減少すると、美肌に作りに欠かせないビタミンや、コラーゲンの素となるアミノ酸が不足するため、肌荒れなどの美容トラブルが生じてしまうのです。

 

つまり、過敏性腸症候群により、腸内環境が悪化し、善玉菌の数が減少することで、美肌に必要な栄養成分の生成量が減り、肌荒れを引き起こす訳です。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

過敏性腸症候群と肌荒れの対処法

先程もお話ししたように、過敏性腸症候群の原因は特定されておらず、根本的な治癒を行うことは難しいのが現状。

ですから、消化器系の専門医に受診しても、服薬で一時的に症状が緩和することはあっても、対処療法に過ぎないと言わざるを得ません。

 

とはいえ、以下のことを実践すると、過敏性腸症候群の症状を緩和したり、肌荒れを改善することは十分可能ですので、両者の対処法についてそれぞれ以下にご紹介していきます。

過敏性腸症候群の対処法

 

太れないで痩せていく原因である過敏性腸症候群を改善する方法は、次に取り上げる、

 

・ストレスを緩和する

・低フォドマップ食

 

の2点。

これらについて、順番に見ていきましょう。

ストレスを緩和する

過敏性腸症候群の人のほとんどが自律神経失調症を併発していて、精神的に不安定になりがちですので、ストレスの軽減はもとより、食生活や生活習慣の改善を行うと症状が緩和されることは、考えられるでしょう。

ですので、ストレスを解消することが、症状改善の第一歩。

 

ストレス解消法については、「太りたいのにストレスで食べても太れない!痩せる!自律神経が原因?」でも一部ご紹介しているので、参考にしてみてください。

低フォドマップ食

最新の研究(2014年)で、糖質制限に基づいた食事療法が、過敏性腸症候群の改善に効果があることが、科学的にわかってきました。

この食事療法は、腸の不調を引き起こす糖質類を控える「低フォドマップ食と呼ばれるもの。

 

「低フォドマップ食」の効果とやり方については、「【太れない】下痢体質で痩せ型の太りたい人が太る方法3選」で詳しくお話ししているので、じっくり読んでみてください。

ただし、低フォドマップ食事法は、科学的に検証はなされていますが、専門医に相談した上で実践するほうが賢明でしょう。

肌荒れの対処法

 

上記にご紹介した方法でも、過敏性腸症候群そのものを根本的に治すことは簡単にできることではないので、肌荒れに悩んでいる方は、美肌づくりに効果的な方法を個別に行っていくことが必要。

肌荒れで悩んでいる方におすすめなのは、以下の3つ。

 

・肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促す

・腸内環境を整える

 

これらについて、順番に見ていきましょう。

肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促す

肌の新陳代謝(ターンオーバー)とは、肌が新しく生まれ変わること。

ターンオーバーでは、新しい皮膚の細胞が表皮に押し出され、古くなった細胞は垢となって剥がれ落ちます。

 

ターンオーバーの周期は、28日前後だと言われていますが、実際には年齢を重ねると、段々とその周期は伸びていく傾向にあるようです。

ターンオーバーが乱れると、肌のくすみ・乾燥、大人ニキビ、肌のゴワつき、シミ、毛穴の開き・たるみなどの肌荒れの原因に。

 

このターンオーバーが乱れる原因としては、過敏性腸症候群をはじめとした腸内環境の悪化に加え、紫外線、ストレス、不規則な生活習慣や食生活、間違ったスキンケアなどが挙げられます。

ですから、ターンオーバーを正常化するには、生活習慣・食生活を整えることが肝心。

 

そのためには、良質な睡眠を確保し、栄養バランスの良い食事を摂って、運動習慣と入浴をきちんとすることで血行を良くし、暴飲暴食や寝酒、喫煙、ストレスは避けることが効果的。

また、ターンオーバー改善のために正しいスキンケアを行いましょう。

 

肌にダメージを与える紫外線は極力避け、女性の方は、保湿力の高い化粧水や美容液を使うことが基本。

ピーリング(古い角質をこすり取って肌の新陳代謝を促す美容法)については、肌に過度に刺激を与えてしまって、ターンオーバーを乱す要因ともなりかねませんので、おすすめできません。

 

肌荒れを解消する上で、保湿ケアは欠かせません。

保湿ケアでは、できるだけセラミド入りのコスを使用するのが望ましいです。

 

特に乾燥肌気味の方は、セラミドの作用により、しっとりとした保湿を手助けしてくれます。

セラミドを配合した保湿ケアクリームで一押しなのは『クラウンセルクリーム』ですので、肌荒れで悩む方は、一度チェックしてみてください。

 

さらに、新陳代謝を促す効果のある『新美顔器レジーナ』を活用するのも手。

こちらの美顔器は、お値段こそ多少はるものの、特殊なラジオ波や電気、および黄色LEDの適度な刺激により、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンを肌に届け、肌のリンパの流れを改善してターンーオーバーを促し、なおかつ表情筋に働きかけてリフトアップ効果も期待できる優れもの。

 

ぜひ、一日5分で簡単に効果が実感できるもの美顔器ですので、ぜひ一度試してみるとよいでしょう。

腸内環境を整える

過敏性腸症候群では、善玉菌が減少して、腸内環境が荒れがちですので、整腸作用のある、乳酸菌、ビフィズス菌、食物繊維、およびオリゴ糖を摂るようにすること。

これらの菌類や栄養成分の働きの違いについて、下記に簡単にご紹介しておきます。

 

乳酸菌:善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を抑え、腸のぜん動運動をサポートすることで下痢や便秘、便通改善に効果がある。

ビフィズス菌:善玉菌の一種で、腸内の腐敗物の生成を抑制するため、便秘・下痢の改善に役立つ他、免疫作用や、脂質代謝を促す働きも期待できる。

食物繊維:腸内細菌のエサとなることで、腸内環境を正常化し、快便や便通改善に効果がある。

オリゴ糖:腸内の善玉菌の栄養源となることで、腸内環境を整える他、ミネラルの吸収を助ける。

 

乳酸菌やビフィズス菌を多く含む食品の代表格が、ヨーグルト

ですので、朝食や食後、間食にもぜひヨーグルトを摂取すると良いでしょう。

参考:太りたい人がヨーグルトで太る方法!乳酸菌と腸内環境にも太る秘密が!?

 

また、食物繊維は、野菜・果物・大豆・芋類・きのこ類・海藻類に豊富。

オリゴ糖は、野菜・果物・大豆などに多く含まれています。

 

とりわけ、バナナやきな粉は、食物繊維をオリゴ糖を豊富に含んでおり、手軽に摂取できておすすめ。

参考:【太る方法】バナナで太りたい人が太れる理由3選!

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

まとめ

 

慢性下痢で太れないで痩せていき、なおかつ肌荒れを伴っている方は、過敏性腸症候群である可能性が疑われる。

過敏性腸症候群は、腸の運動機能に異常が生じるため、下痢を引き起こし、その原因はストレスによる自律神経の乱れであると考えられる。

 

ストレスによる食欲減退や、腸の不調による消化・吸収力の低下、下痢に伴う食事制限により太らないで痩せてしまう。

過敏性腸症候群で肌荒れを引き起こすのは、腸内環境が悪化し、栄養の吸収機能が低下するため。

 

また、美容に必要な成分が十分に皮膚に届けられず、なおかつ善玉菌の減少により、美肌に効果のあるコラーゲンやアミノ酸を腸内で生成する力が足りなくなることにも起因する。

過敏性腸症候群を改善するには、ストレスを緩和し、低フォドマップ食(糖質制限食)が効果的だとされている。

 

一方、肌荒れを改善するには、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促し、腸内環境を整えることが必要。

必読記事:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!