「太れないのは、病気かも・・・」

実際、太れない場合には、思わぬ病気が潜んでいる可能性もあるので、そうした場合には、早急に病院に行くことが必要。

 

太れないことが病気が原因であるのだとしたら、薬をもらいに病院に行くべきなのか、また病院に行くなら何科に受診すべきなのかも知りたいところですよね。

太れないことが病気の可能性もあるため、今回は太れない原因が病気である場合とそうでない場合についてお話しします。

 

また病気が疑われる場合に、病院で薬をもらいに行く前に知っておきたいことや、病院では何科を受診すべきかについても詳しく取り上げます。

太れない原因が病気の場合とそうでない場合

 

太れない原因が病気で病院に行くべき場合と、病気ではなくて病院に行く必要がない場合、それぞれについてお話しします。

関連記事:食べても太らない原因は病気?ストレス?体質?食べてるのに痩せる男性・女性必読!

太れない原因が病気の場合

太れない原因が病気で、病院に行くべき場合というのは、「急激に痩せてきた」というとき。

もともと、体質的にも痩せている訳ではなかったのに、突然体重が減り出した場合には、病院で受診することをおすすめします。

 

「急激に痩せてきた」場合には、病気が可能性が高いのです。

この場合に考えられる病気の候補としては、下記の通り。

 

・胃腸の病気:胃炎、胃・十二指腸潰瘍、腸炎

・糖尿病

・甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

・心の病気:拒食症(摂食障害)、うつ病(気分障害)

 

これらの病気のより詳しい説明については、「急に痩せたのはストレス?急激な体重減少はどんどん痩せる病気かも!?でも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ここでは、それぞれの病気について、簡単な説明とチェックしておきたい症状を挙げておきますね。

 

  ▼太る専用サプリの効果とは?  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的に太りたい人向けの太る専用サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※完全20%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

胃腸の病気

太れない原因として考えられる胃腸の病気として、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、腸炎の可能性が考えられます。

胃炎

胃炎は、胃の粘膜が炎症を起こすことで発症。

胃炎の症状は、食欲不振、胃のむかつき、胃の不快感、胃の膨満感、みぞおちの痛み、嘔吐、吐血など。

参考:慢性胃炎でも太りたい!お腹が弱い人が胃に優しい高カロリー食で太る方法!

胃・十二指腸潰瘍

消化に使われる胃液が、胃・十二指腸に侵食して、内部をえぐってしまう疾患。

胃・十二指腸潰瘍の症状として多いのが、みぞおち辺りの激しい痛み。

 

胃潰瘍の場合は、食事中〜食後に痛む場合が多く、十二指腸潰瘍の場合は、空腹時に痛むことが多いでしょう。

腸炎

腸炎では、小腸や大腸の粘膜に炎症を生じる。

腸炎の症状として多いのは、発熱、腹痛、下痢の3つ。

 

そのほかの症状として、悪心、吐き気、嘔吐、貧血、血便などが生じることも。

糖尿病

太れない原因として、糖尿病も考えられます。

糖尿病では、高血糖値状態が続いて、インスリンの働きが弱くなることで、摂取した糖分が体のエネルギーとして使われにくくなり、体重が減少します。

 

糖尿病が進行した場合に生じる自覚症状は、尿量の増加、頻尿、喉の乾きやすさ。

参考:痩せ型で糖尿病だけど太りたい!糖質制限の食事で太る方法4選

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

太れない原因として、甲状腺異常であるバセドウ病の可能性があります。

バセドウ病は、自己免疫機能が破綻し、甲状腺刺激ホルモンが過剰に分泌されてしまう疾患。

 

バセドウ病の主な症状は、甲状腺の腫れ、頻脈、眼球突出、食欲の異常な高まり、体重減少など。

参考:食べても太らない病気は甲状腺異常?脂肪がつかないし食べてるのに太らない原因と対策!

心の病気

太れない原因として、拒食症(摂食障害)やうつ病(気分障害)の可能性も考えられます。

拒食症(摂食障害)

拒食症は、痩せたいという強い願望のために、食事を拒否して、極度に痩せてしまう病気。

拒食症になると、精神的な不安定になり、抑うつ、急激な体重減少、低体温、低血圧、便秘、無月経、不眠などが症状として現れます。

参考:拒食症で太りたい!拒食症で食べても体重が増えない人が体重を戻すには?

うつ病(気分障害)

うつ病は、幾つかの要因が重なって発病します。

うつ病の症状は、食欲不振、体重減少、憂鬱さ、倦怠感、不安、焦り、イライラ、頭痛、動機、めまい、微熱、睡眠障害など。

 

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

太れない原因が病気ではない場合

太れない原因が病気ではない場合には、その多くが体質で痩せていることがが大半でしょう。

体質的に痩せている人は、残念ながら、病院で診察してもらっても根本的な解決は難しいでしょう。

 

劇的に太りやすくするような薬は当然ありませんし、“体質”で痩せている原因は、様々な要因が複合的に重なっている場合が多く、医療機関が提供するアプローチでは、どうにもならないのです。

但し、胃腸が弱い方は、専門医に相談して内服薬を処方していただくことは、胃腸の調子を整えてくれるでしょうから、ぜひ活用してみてください。

 

とはいっても、体質的に太れない人は、基本的には自助努力で太ることを考えましょう。

参考:【太れない4大原因】遺伝・ストレス・バセドウ病・下痢を完全解説!

太れない原因が病気のとき、病院は何科を受診すべき?

 

太れない原因として病気が疑われる場合には、病院の何科を受診すべきか取り上げておきましょう。

 

・胃腸の病気が疑われる場合:胃腸科、消化器科

・糖尿病の疑いがある場合:糖尿病内科、内科

・甲状腺の異常が疑われる場合:内分泌科、内科

・心の病気が疑われる場合:心療内科、精神科

 

病気が疑われる場合には、これらの専門の診療科に、できる限り早めに受診することが賢明です。

関連記事:太りたい人は病院の何科に行く?胃腸科?薬や痩せすぎの栄養指導は?

まとめ

 

太れない原因が病気である場合とそうでない場合、病気が疑われる場合には何科を受診すべきか解説。

太れない方が病院に行くべき場合は、「急激に痩せてきた」というとき。

 

急に痩せてきた場合には、胃腸の病気、糖尿病、甲状腺の異常、心の病気のいずれかが疑われるので、症状に合わせて病院を診療科に受診すべき。

太れない原因として病気が疑われる場合には、早急に専門医を受診しましょう。

必読記事:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!