食べてすぐ下痢となり太らないで痩せるのは、なぜなのか、ストレスあるいは病気の可能性もあるのか、知りたい方も多いことでしょう。

確かに、食べてすぐ下痢になる原因には、ストレスや病気も関わっていますが、それだけではありません。

 

ストレスが原因である場合には、腸の病気である過敏性腸症候群である場合があるので、注意が必要です。

他にも、消化・吸収不良やお腹の冷えによって、下痢が発生することも十分にあります。

 

今回は、食べてすぐに下痢になり太らないで痩せる原因について、詳しく取り上げていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

食べてすぐ下痢で太らない原因① ストレスによる腸の病気

 

食べてすぐ下痢で太らない原因として一番目に挙げられるのが、ストレスにより腸の病気。

ストレスによって、自律神経のバランスが崩れた結果、過敏性腸症候群を引き起こすことがあります。

参考:太りたいのにストレスで食べても太れない!痩せる!自律神経が原因?

 

過敏性腸症候群は、腸のぜん動運動に異常が起こることで、慢性的に下痢が続くく病気。

長期間にわたって、下痢が続いて、一時的に治まり、その後再発することもあります。

 

20〜40代に多いのが特徴で、日本人の10〜15%が、過敏性腸症候群であるという統計も出ているほど、罹患者数が多い疾患なんですね。

過敏性腸症候群では、腸のぜん動運動の異常が原因で、小腸の吸収力に問題はないので、直接痩せる原因となるわけではないですが、慢性的に下痢が続いてしまうことで、食事を制限せざるを得ないことが影響して、痩せてしまうのです。

関連記事:食べても太らない原因は病気?ストレス?体質?食べてるのに痩せる男性・女性必読!

食べてすぐ下痢で太らない原因② 消化・吸収不良

 

食べてすぐ下痢で太らない原因として二番目に挙げられるのが、消化・吸収不良。

消化・吸収不良に陥ることで、腸の水分分泌と水分吸収のバランスが崩れることで、下痢になることは、容易に想像がつくことでしょう。

 

消化・吸収不良に陥る原因として挙げられるのは、食べ過ぎ、脂質過多、乳糖不耐症

それぞれの原因について、詳しく見ていきましょう。

消化・吸収不良の原因が食べ過ぎ

食べ過ぎによって、腸での消化吸収不良が生じて下痢になる場合も多いです。

とりわけ、痩せすぎの方は、太ろうとして無理に食べてしまって、下痢になった経験をお持ちの方もいることでしょう。

 

痩せすぎの方は、胃腸が弱い傾向にありますから、食べ過ぎてしまうと、すぐにお腹を下して下痢になってしまう方も少なからずいます。

食べてすぐに下痢になって、トイレに駆け込むこともしばしばという方は、まさにその好例でしょう。

 

ですから、食べ過ぎると下痢になってしまう方は、無理に食べようとせずに、よく噛んでゆっくり食べるように心がけることがまず大切。

その上で、胃腸に優しい、消化に良いものを食べると吉です。

 

消化に良い食べ物については、「ガリガリで胃腸が弱い!太りたいのに胃弱で太れない人が太る方法4選」でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

消化・吸収不良の原因が脂質過多

脂質を食べ過ぎるとすぐに下痢になってしまう痩せ型の方も多いことでしょう。

というのも、そもそも脂質は消化吸収性が悪いものだから。

 

三大栄養素(糖質、タンパク質、脂質)で比較しても、脂質はダントツで消化吸収性が悪いことがわかっています。

ですので、胃腸が弱い痩せ型の人が、脂質を摂りすぎると、腸での負担が大きくなってしまい、腸のバランスが崩れて下痢になってしまうのです。

 

ですから、食べてすぐに下痢になりやすい方は、飲食物の脂質の量には十分に注意するようにしてください。

とはいえ、太るために脂質が必要なのも事実。

 

実は、太るために最適な脂質があります。

それは、ココナッツオイル。

 

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、通常の脂質に比べて消化吸収効率が4〜5倍もある優れた脂質で、健康にも非常に良いことが知られています。

モデルさんやタレントさんたちをはじめ、一般の方々の間でもココナッツオイルが話題になっているのも、こうした理由からなんですね。

 

ココナッツオイルが、太りたい人にぴったりな脂質である理由については、「太りたいならココナッツオイルが最強!油を飲むことで太る方法!」で詳しくお話ししているので、ぜひ参考にしてみてください。

消化・吸収不良の原因が乳糖不耐症

乳糖不耐症の方は、乳糖を含む食品を食べるとすぐに下痢になってしまいます。

実際、私も乳糖不耐症ですので、よくわかりますね。

 

乳糖が多量に含まれている代表格が牛乳。

牛乳の脂質の99%が乳糖であるので、乳糖不耐症の方は、牛乳を飲むと、必ずといっていいほど、下痢になってしまうでしょう。

 

一方、同じ乳製品でもチーズやヨーグルトは、発酵の過程で乳糖が分解されていますから、食べても下痢にならないので、安心して食べても大丈夫です。

参考:太りたい人がヨーグルトで太る方法!乳酸菌と腸内環境にも太る秘密が!?

 

  ↓最強の太る専用サプリのご紹介  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的な体づくりをしたい人のための太る最強サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※20〜25%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

食べてすぐ下痢で太らない原因③ お腹の冷え

 

食べてすぐ下痢で太らない原因として三番目に挙げられるのが、お腹の冷え。

痩せ型でお腹が弱い方ほど、お腹が冷えると腸が敏感に反応して、腸の収縮運動に異常が生じて、腸の水分バランスが崩れて下痢に発展する場合が十分あります。

 

お腹を冷やす原因として考えられるのが、冷たいものを食べ過ぎたり、体を冷やす食品を摂ること。

体を冷やす作用のある食品と、温める作用のある食品については、「【太れない】胃腸が弱い痩せ型が太る方法3選!太りたい人必読!」でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

また、お腹を冷やさないように、冷たい飲み物を摂るのは避け、冷房を効きすぎたりさせたりするなどしてください。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

まとめ

 

食べてもすぐ下痢で太らないで痩せる原因として考えられるのは、次の通り。

 

ストレスによる腸の病気:ストレスによる自律神経の乱れが引き金となって、過敏腸症候群を発病する可能性がある。過敏性腸症候群は、慢性的な下痢を発生させる原因となるので、病気が発覚した場合は、病院を受診すべき。

 

消化・吸収不良:食べ過ぎ、脂質過多、乳糖不耐症が原因となって消化・吸収不良に陥って下痢になることもあるので注意が必要。

 

お腹の冷え:お腹が冷えると腸のぜん動運動に支障が生じて、下痢になることが考えられるので、お腹を温める生活習慣・食生活が重要。

 

上記の、食べてもすぐ下痢になって太らない原因を理解して、日々の生活に役立ててみてください。

必読記事:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!