「太りたいけど病院の何科に行くべきか・・・」

あれこれ試してみたものの、いっこうに太りたいのに太れないという人は、病院に行って診てもらった方がいいのでは・・・と考えたことも一度や二度ではないはず。

 

結論から言ってしまうと、太りたいけれど病気ではないケースでは、病院でも胃腸科(消化器科)に行くのがベター。

胃腸科・消化器科では、内服薬や痩せすぎ改善のための栄養指導が、太りたい人の胃腸の改善に効果がある場合もあるので、活用しない手はないでしょう。

 

一方、病気が疑われる場合には、症状に合わせて、病院でも何科に行くべきかが変わってきます。

しかしながら、病気の可能性が疑われる場合、特に”急な体重減少”や”急激な痩せ”が伴う場合には、病気の症状ごとに病院の何科に行くべきかが変わります。

今回は、太りたい人が病院の何科に行くべきかについて、

 

  • 病気ではない場合:胃腸科(消化器科)での「薬」や「痩せすぎの人への栄養治療」で期待できること
  • 病気が疑われる場合:病気の症状に合わせて病院の何科に行くべきか

 

を詳しく取り上げるので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:【太れない】病気が原因?病院の何科に受診すべきか徹底解説!

太りたいけど病気ではない場合:胃腸科の薬や痩せすぎ改善の栄養指導が効果的!

 

太りたいけれど病気ではない場合は、病院でも特に胃腸科(消化器科)に行くのがおすすめ。

というのも、太りたいのに太れないという人は、胃腸が弱く、すぐに胃もたれするなど、胃の不調に悩まされたり、便秘や下痢持ちで腸が弱い方も少なくないから。

 

そうした場合に、胃腸科(消化器科)の専門医のアドバイスや内服薬をいただくことで、胃腸の改善に功を奏することも多いのです。

胃腸科と消化器科は、細かい違いはありますが、太りたい人にとってはどちらもちゃんと胃腸を診てもらえるので、どちらの診療科に行っても問題ないので、安心してください。

 

他に、内科でも診てもらえることは多いですが、専門医がいない場合もあるので、胃腸科か消化器科に行く方がよいでしょう。

市販のドラッグストアなどで手に入る医薬品や胃腸薬もありますが、症状に合わせた薬を選ぶことはなかなか難しいのに対して、医師から処方された内服薬であれば、症状に合わせた効き目のあるお薬が期待できます。

 

胃腸科(消化器科)では、痩せすぎ改善のための栄養指導がなされる場合が多いです。

太りたい人向けの痩せすぎ改善の栄養指導では、内服薬による治療だけではなく、食生活や生活習慣の改善を促して、痩せすぎ改善をサポートしてもらえることも。

 

看護師さんや栄養士さんの話を参考に、ご自身に合った食事メニューや献立を提案してもらえたり、料理レシピも教えてもらうこともできるので、太るための情報や知恵を手にすることができるかもしれません。

また、かかりつけのお医者さんを探す場合には、ぜひ身近な医療機関を複数周り、ご自身にあったかかりつけ医を選ぶようにしましょう。

 

胃腸の症状ごとに、医師が下す判断もかわってくるでしょうし、長くお付き合いするかかりつけ医は、賢く選んでいく姿勢で臨むとよいですね。

とはいっても、体質的に痩せている場合には、処方された内服薬だけで治すことは難しいと言わざるをえません。

 

というのも、体質で痩せている人が太れない原因の大半が、胃腸での消化吸収力が低下しているためであって、この部分は医師の治療ではどうすることもできないことが殆どですので。

ですから、医者任せにするのではなく、普段の食生活や生活習慣を改善し、太りやすい体質づくりに励むことが基本となることを、しっかり認識しておいてください。

関連記事:太れない人は痩せすぎ治療で病院の何科に行く?内科?ガリガリで太りたい!

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

太りたい人は病院の何科に行くべき?病気の場合の対応策!

 

病気が疑われる場合には、太りたい人は病院の何科に行くべきなのでしょうか?

とりわけ、食べてるのに急に痩せてしまう人は、思いもしない病気にかかっている可能性もありますから、病気の正しい知識を身につけ、正しい処置を行うことが、早期発見・早期治療に繋がります。

 

病気として考えられるもの中には、次にあげるものがあります。

  • 胃腸の病気
  • 糖尿病
  • バセドウ病(甲状腺機能亢進症)
  • 過敏性腸症候群

 

関連記事:食べても太らない原因は病気?ストレス?体質?食べてるのに痩せる男性・女性必読!

胃腸の病気の場合

太りたい人が病院の何科に行くべきかの判断として、胃腸の病気の場合には「胃腸科か消化器科」に行くべき。

 

胃腸の病気が疑われる場合 → 胃腸科、消化器科

 

具体的に胃腸の病気として、「胃炎、胃・十二指腸潰瘍、腸炎」が考えられる。

「胃炎」は、胃の粘膜が炎症を起こすことで発症する。

 

胃炎の症状は、不快感、みぞおち辺りの痛み、胃が膨れる感じ、むかつき、食欲不振、嘔吐、吐血など。

胃炎となる原因は、ストレス、暴飲暴食、不規則な生活、喫煙、薬の副作用、インフルエンザなどの感染症、アレルギー、食中毒、ピロリ菌の感染など。

 

慢性胃炎になると、胃のあたりの不快感や痛みが頻繁に発生し、空腹のときにも痛みを伴うことに。

一方、急性胃炎では、病院に行かなくても市販薬を数日間飲んで、消化の良いものを食べれば症状が治まりますが、慢性胃炎では、病院で診察してもらい、薬を服用することが必須。

参考:慢性胃炎でも太りたい!お腹が弱い人が胃に優しい高カロリー食で太る方法!

 

  ↓最強の太る専用サプリのご紹介  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的な体づくりをしたい人のための太る最強サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※20〜25%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

糖尿病

太りたい人が病院の何科に行くべきかの判断として、糖尿病の場合は「糖尿病内科、内科」に行くべき。

 

・糖尿病の疑いがある場合 → 糖尿病内科、内科

 

糖尿病は、自覚症状のないまま、知らぬ間に進行し、痩せはじめた頃には既に重症化している場合があるので、そうなる前に早期発見が大切。

糖尿病は、高血糖値状態が続き、インスリンの分泌量が下がるのに加え、分泌されたインスリンに対する体の感受性が鈍くなることで発生。

 

このように、インスリンの効力が下がると、摂取した糖が体のエネルギーとして使われなくなることで、急に体重が減ってしまうのです。

糖尿病は基本的に無症状のまま病状が進行してしまい、発見が遅れることも多々。

 

このように糖尿病が進行し、高血糖状態が長びくと、糖を水分と一緒に尿から排出しようと体が働きかけるので、頻尿、尿量の増加、体内の水分量が減ることで喉が乾きやすくなるなどの、自覚症状が現れるでしょう。

参考:太りたいが血糖値が気になる?糖尿病予備軍だけど太る方法を解説!

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)

太りたい人が病院の何科に行くべきかの判断として、バセドウ病(甲状腺機能亢進症)の場合は、「内分泌科、内科」に行くべき。

 

甲状腺の異常が疑われる場合  → 内分泌科、内科

 

バセドウ病は、甲状腺が大きく腫れあがり、頻脈がおきて、眼球が突出する症状が見られます。

バセドウ病は特に20歳〜30歳の若い女性に多い病気で、その原因は自己免疫機能が破綻して、甲状腺刺激ホルモンが過剰に分泌されることによる。

 

バセドウ病では新陳代謝が異常に高くなるので、急に体重が減ってしまうことに

バセドウ病の典型的な症状は、暑がり、多汗、便通の異常(下痢、軟便、頻便など)、手足のふるえ、イライラ、倦怠感、不眠、集中力の低下など。

 

急な体重減少があり、バセドウ病が疑われるときは、すぐに病院の内分泌科、内科で医師に相談してください。

参考:食べても太らない病気は甲状腺異常?脂肪がつかないし食べてるのに太らない原因と対策!

過敏性腸症候群

太りたい人が病院の何科に行くべきかの判断として、過敏性腸症候群の場合は、「消化器科、胃腸科」に行くべき。

 

過敏性腸症候群が疑われる場合  → 消化器科、胃腸科

 

過敏性腸症候群は、腸のぜん動運動に異常が起こるため、便秘や下痢を繰り返し、慢性的に下痢の症状が起きる病気のこと。

長期間にわたって、下痢が続いてから一時的に治まり、その後また再発することも。

 

過敏性腸症候群は、日本人の10〜15%が罹患し、日本人に特によく起こる疾患。

原因はまだ特定されていませんが、精神的なストレスが引き金と考えられているよう。

 

これは、ストレスが続くと、心や体がリラックスできないため、常に興奮状態(交感神経が優位)となり、自律神経のバランスが崩れて、消化・吸収が正常に行われないため。

その結果、食べる量が減り、徐々に体重が減少することに。

 

さらに、ストレスが強くなると、血糖値を上げるホルモンが分泌されやすくなるため、食欲が低下し、この連鎖によって体重減少を招いてしまうのです。

他にも、慢性的に下痢が長引くので、自然と食事制限し、食べる量が減少してしまうでしょう。こと。

参考:慢性下痢で太れない!太らないで肌荒れは過敏性腸症候群?下痢でも太る方法!

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

 

まとめ

 

今回は、「太りたい人は病院の何科に行く?胃腸科?薬や痩せすぎの栄養指導は?」と題して、病気ではない場合と病気の場合それぞれについて、太りたい人が病院の何科に行くべきかを解説。

 

  • 太りたいが病気ではない場合:胃腸科(消化器科)での専門医のアドバイスや内服薬や、痩せすぎの栄養指導が功を奏することも多い。自分に合ったかかりつけ医を選ぶことが大切。

 

  • 太りたいが病気の場合:急激に痩せて、短期間のうちに体重が減少しているとき。この場合、太りたい人が病院の何科に行くべきかは下の通り。

胃腸の病気が疑われる場合 → 胃腸科、消化器科

甲状腺の異常が疑われる場合  → 内分泌科、内科

糖尿病の疑いがある場合 → 糖尿病内科、内科

過敏性腸症候群が疑われる場合  → 消化器科、胃腸科

 

必読記事:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!