太りたい人にとって、消化剤は、消化酵素の働きにより食べた物の消化を促進する作用が期待できるので、太る医薬品なのでしょうか?

結論から言えば、消化剤は、正しい用法と用量を守れば、胃腸の働きを助けてくれるので、太るのに有効と言えるでしょう。

 

消化剤の効果・効能は、主に胃もたれや食欲不振といった、消化不良に伴う胃腸の不調を改善すること。

太りたい人は、胃腸が弱いことが多いため、消化剤の薬効が、食べ物の消化吸収を助けてくれるので、太るのに効果的だと考えられるのです。

 

今回は、太りたい人が太る方法として、消化剤や消化酵素の働き、太るために消化剤を飲むときの注意点や副作用等について、詳しくお話しするので、ぜひ参考にしてみてください。

消化剤とは?消化酵素の働きは?

 

太りたい人向けに消化剤で太るのかをお話をする前に、消化剤の働きを知っていただきましょう。

まず、消化剤とは、消化酵素剤とも呼ばれ、食べ物の消化を助ける消化酵素が含まれている医薬品。

 

一般的に消化剤は、消化不良、胃もたれ、胃の不快感、食欲不振、便秘、下痢、吐き気・嘔吐といった症状の改善に効果があるもの。

医療用医薬品(処方薬)では、消化酵素剤を複数組み合わせたものが使われているようです。

 

消化剤は、市販の健胃薬や胃腸薬の中にもよく入っています。

消化酵素の物質名は、「○○ーゼ」であるため、こうした名前を見かけたら、成分として消化酵素を含んでいますよ。

 

消化酵素の役割は、食べ物の栄養成分を分解して、体内に吸収されやすい形にすること。

消化酵素には様々な種類があり、代表的なものを挙げると次の通り。

 

  • 糖質(デンプン)をブドウ糖に分解する消化酵素:アミラーゼ
  • タンパク質をアミノ酸に分解する消化酵素:プロテアーゼ
  • 脂肪を脂肪酸に分解する消化酵素:リパーゼ

 

デンプンを分解するアミラーゼは、唾液や膵液中に含み、糖質や炭水化物を分解する消化酵素は他にも、サッカラーゼ、マルターゼ、ラクターゼなど様々な種類が挙げられます。

 

タンパク質を分解するプロテアーゼは、胃液、膵液および腸液中に含まれており、脂肪を分解するリパーゼは、胃液や膵液に含んでいるようです。

消化剤がその薬効を有効に働かせるためには、次に述べるように、消化酵素が働きやすい環境が大切になってきます。

関連記事:太りたいなら「酵素」は必須!酵素で太る方法の真実を全て語る!

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

太りたい人は消化剤で太る?

 

太りたい人が消化剤(消化酵素剤)で太るかどうかについては、胃腸での消化不良を改善し、食べ物の消化吸収効率を高めてくれる作用が期待できるので、太るのに効果と言えます。

というのも、消化剤に含まれる消化酵素は、食べ物の消化を促進することで、結果的に吸収率も高まるため、太りやすくなると考えられる訳です。

 

以降では、消化剤の飲み方や副作用について、触れておきましょう。

消化剤の飲み方

消化剤中の消化酵素を体内で効果的に働かせるには、その飲み方も注意したいところ。

実際、消化剤がその薬効を発揮するには、消化酵素が最適に働く環境が必要となってきます。

 

この消化酵素が働くため環境の要素となるのは、pHと温度です。

pHに関して、消化酵素の最適なpHは5〜7(中性)前後ですが、胃の中では胃酸の影響により、pHが1〜2(強酸性)の状態となっています。

 

つまり、胃の中では、消化酵素は効力を発揮できないばかりか、強酸性により化学構造が変化して、薬効が期待できず、失活することも十分あります。

ですから、胃酸の影響を免れて、中性の腸に届いたものだけが、薬効をもたらすことができるのです。

 

したがって、酸中和薬(制酸剤)を一緒に飲むことが、胃酸の影響を避けて消化酵素の効果を発揮させるために大切。

とはいえ、市販の消化剤が含まれている総合健胃薬や胃腸薬には、酸中和薬も一緒に含んでいる場合が多いので、心配はないと思いますが、それでも一応は確認することをおすすめします。

 

また、消化剤を含む健胃剤や胃腸薬を飲むタイミングは、食後(胃の中に食べ物が入っていて、食事の後の30分以内)が基本。

また、薬は、コップ一杯(約200cc)の水かぬるま湯と一緒に飲むようにすると、水に溶けることで吸収が良くなります。

関連記事:消化酵素サプリで太りたい!生酵素サプリは太る?酵素の太る効果とは?

 

  ▼太る専用サプリの効果とは?  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的に太りたい人向けの太る専用サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※完全20%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

消化剤の副作用

消化剤(消化酵素剤)は、過敏症により、くしゃみ、皮膚症状(発赤、発疹など)等が現れる場合が稀にあるようです。

ただし、糖尿病の人で、糖の吸収を抑制する食前薬を服用している人は、糖尿病の薬効が発揮されない場合があるため、消化剤との飲み合わせは注意が必要。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

まとめ

 

太りたい人が太る方法として、消化剤は、消化酵素の働きにより食べた物の消化を促進する作用があるため、胃もたれや食欲不振などの胃腸の不調を改善できる。

太りたい人は、胃腸が弱いことが多いため、胃腸の調子を整えてくれる消化剤は太るのに効果的だと言える。

 

効率よく太るためにも、消化剤の正しい用法や用量を守り、適切に活用すると、太りたい人にとっての太る薬として活躍してくれるでしょう。

必読記事:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!