豆乳は、太りたい男性・女性が太る飲み物であることをご存知でしたか?

実は、豆乳には、良質なタンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルの他、腸内環境を整えてくれるオリゴ糖や、女性ホルモンの働きをサポートしてくれる大豆イソフラボンが豊富に含まれているので、太る効果が大いに期待できる飲み物だったのです。

 

とはいえ、豆乳には、無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料などの種類があり、どれが太るために適しているのか分からない、ということもあるかもしれません。

また、飲み物で太る方法として、豆乳を飲む場合に、最適な飲むタイミングや飲む時の注意点はどのようなことがあるのでしょうか。

 

今回は、豆乳が太りたい男性・女性が太る方法として適した飲み物であることを明らかにし、豆乳の選び方や飲み方、飲む時の注意点等についてじっくりお話ししていきますので、参考にしてみてください。

豆乳は太りたい男性・女性が太る飲み物!豆乳で太る方法とは?

 

豆乳は、太りたい男性・女性が飲み物で太る方法を実現してくれる、とても便利なもの。

この理由は、豆乳には良質なタンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルの他、腸内環境を整えるオリゴ糖、女性ホルモンの働きをサポートする大豆イソフランボンが含まれているから。

 

こうした栄養成分が豊富に含まれているのは、そもそも豆乳というのが、大豆で水で煮つめた時に出てくる液体で、大豆由来の飲み物であるから。

この豆乳に含まれる栄養成分に何故、太る効果が期待できるのか、順番に見ていきましょう。

良質なタンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル

まず、豆乳に含まれるタンパク質や脂質は、太る上で必須の成分。

というのも、タンパク質は体の筋肉の素になる栄養素ですし、脂質は脂肪の原料になる成分だから。

 

特に、注目すべきは植物性の大豆タンパク質が豊富であること。

大豆には、この植物性タンパク質が30%程度含まれており、そのほとんどが水溶性のため、豆乳にも残っています。

 

大豆タンパク質の特徴は、吸収率が高いということ。

ですから、効率的にタンパク質を吸収できる飲み物が豆乳なんですね。

 

一方、大豆タンパク質の吸収速度は、牛乳と比べると多少遅いところが、痩せ型の人にとっては少し難点であることも事実。

また、豆乳はビタミンB群、ビタミンEやカルシウムも豊富なので、健康維持のサポートもしてくれるでしょう。

 

  ▼太る専用サプリの効果とは?  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的に太りたい人向けの太る専用サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※完全20%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

オリゴ糖

豆乳に含まれている大豆由来のオリゴ糖は、大腸でビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌のエサとなり、増殖を促すので、腸内環境を整えてくれる働きがあります。

腸内環境が整えられることで、腸の働きが活性化し、栄養の吸収力が高まるのです。

 

つまり、豆乳を飲むことで、腸が元気になり、栄養の吸収率が高まる効果が期待できる訳です。

大豆イソフラボン

豆乳に含まれる大豆由来の大豆イソフラボンは、腸内細菌の働きにより「エクオール」と呼ばれる成分に変換され、女性ホルモンの一つであるエストロゲン(卵胞ホルモン)に似た働きがあります。

エストロゲンは、皮下脂肪をつきやすくする作用があるため、女性らしい丸みを帯びたふっくらした体型をつくるのに効果的。

 

したがって、豆乳から大豆イソフラボンを摂取して、エストロゲンを補うことで、女性の方々は、女性らしく太ることができるわけです。

加齢とともにエストロゲンの分泌量が減少する特徴があるので、大豆イソフラボンで、エストロゲンの不足を補うことで、女性特有の生理トラブルの予防にも役立つでしょう。

関連記事:痩せすぎで生理がこない!生理不順でも太りたい女性が太る方法3選

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

豆乳の選び方

 

豆乳に様々な種類のものがあるため、太りたい男性・女性は、どの豆乳を選べばよいのか、迷ってしまうこともあるでしょう。

ここでは、豆乳の種類についてご紹介し、その後健康的に太りたい方が選ぶべき豆乳の種類について、お伝えしていきます。

豆乳の種類

豆乳は、製品に含まれている成分ごとに、3種類に分けられます。

 

・無調整豆乳

・調整豆乳

・豆乳飲料

 

これらの特徴について、簡単に見ていきましょう。

無調整豆乳

無調整豆乳は、大豆と水以外は使用しておらず、添加物も一切含まれていません。

また、大豆の成分(大豆固形分)の割合が、8%以上の豆乳が無調整豆乳。

 

無調整豆乳のメリットとして、大豆の大部分の栄養成分を多く含んでいること。

無調整豆乳は、料理や豆腐を作る時に使うのが一般的で、豆乳クッキーや豆乳鍋などの料理レシピに活用されることも多いでしょう。

調整豆乳

調製豆乳は、飲料品として飲みやすくするため、カルシウムや砂糖を添加しているのが特徴

また、大豆固形分が6%以上で、無調整豆乳より大豆成分が少ない豆乳です。

 

豆乳に含まれている成分も、それほど無調整豆乳と変わりません。

調製豆乳は、成分調整により、無調整豆乳よりも飲みやすくなっていることがメリット。

豆乳飲料

豆乳飲料は、調製豆乳に野菜やコーヒー、フルーツ果汁などの香料を混ぜて、風味や美味しさを加えた豆乳のこと。

調整豆乳は、大豆固形分が2%以上で果汁を含んでいるものと、大豆固形分が4%以上で果汁を含んでいないものとがあります。

 

3種類の中で、最も飲みやすくなっているのが特徴。

しかし、その分、豆乳の栄養成分も一番少ないことがデメリット。

どの豆乳を選べばいい?

ご説明した3種類の豆乳のうちで、健康的に太りたい方におすすめするのは、豆乳に何も添加されていない「無調整豆乳」。

無調整豆乳をおすすめする理由は、調整豆乳や豆乳飲料に比べて、大豆由来成分を多く含んでいるから。

 

また、無調整豆乳は、砂糖や香料を一切含んでないので、習慣的に飲む場合に適しています。

無調整豆乳は、飲みにくさや特有の臭いがありますが、それが気にならない方は、無調整豆乳を選ぶようにしてみてください。

豆乳の飲み方と飲む時の注意点

 

豆乳で太りたい男性・女性が太る方法として、豆乳の効果的な飲み方と、飲む時の注意点を知っておくべきです。

まず、太るのに最適な飲むタイミングは、朝食時か間食時

 

朝食時に豆乳を飲むのが効果的な理由は、朝は栄養素を吸収効率が上がっており、豆乳の栄養成分が効率よく吸収できるから。

また、間食時に効果的な理由は、豆乳は脂肪分がゆっくりと吸収される性質があるため、腹持ちがよく、夜まで空腹を凌ぐのに役立つから。

 

一方で、先程おすすめした「無調整豆乳」の糖質量は牛乳の半分以下と、豆乳は糖質が不足しているため、朝食時や間食時に、糖質を含む食品と合わせて摂取すると、栄養バランスが整うでしょう。

 

しかし、豆乳を飲む時の注意点として、一日あたりコップ一杯程度(200〜300ml)までに抑えるようにしてください。

というのも、豆乳の摂りすぎは、お腹に溜まりやすかったり、大豆イソフラボンの摂りすぎによる生理活性のトラブルが生じかねませんから。

 

さらに、豆乳を飲む場合には、プロテインと割って飲むのが一押し。

プロテインには、豊富にタンパク質を含んでいるため、太るのに効果的ですし、豆乳と相性が良いので美味しくいただくことができます。

参考:【プロテインで太りたい】ガリガリ女性におすすめ人気ランキング5選

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

まとめ

 

豆乳が、太りたい男性・女性が飲み物で太る方法を叶えてくれる理由は、以下の通り。

 

・豆乳には、良質なタンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルが含まれており、太るために必要な栄養素をカバーできる。

・豆乳に含まれるオリゴ糖により、腸内環境を整えることで、栄養の吸収力が高まる。

・豆乳に含まれる大豆イソフラボンが、女性ホルモンの働きをサポートし、女性はふっくら太りやすくなる。

 

また、豆乳を選ぶ際には、砂糖や香料が使われておらず、大豆由来成分の栄養価が高い「無調整豆乳」を選ぶとよい。

豆乳を飲むタイミングは、朝食時か間食時が効果的で、プロテインと割って飲むと、さらに太る効果が期待できる。

必読記事:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!