太りたい人にとって、太りやすいイメージのあるお菓子の中でも特に「太れるお菓子」とはどんなお菓子なのか、気になるところでしょう。

ところが、実際のところ、そもそもお菓子に頼って太ろうとする考え方は、好ましくありません。

 

というのも、お菓子には、大量に砂糖や人工油脂が使われている場合が非常に多く、手当たり次第お菓子を食べたりした暁には、健康上のリスクが避けられません

やはり、太るための基本は、普段の食事から栄養素を摂取すること。

 

お菓子は、あくまで間食・軽食でつまむ程度にとどめるべきであることを、まずは理解してください。

そうとはいっても、やはり間食やおやつにお菓子をつまみたいのが、本音のところでしょう。

 

その場合には、栄養価が高く、消化吸収性の高いお菓子を選ぶべきです。

こういった「太れるお菓子」とは、具体的にどんなお菓子なのでしょうか?

 

今回は、健康的に太りたい人のお菓子の選び方と、太りやすいお菓子をランキング形式でご紹介するので、じっくり読んでみてください。

太れるお菓子の選び方

 

太りたい人にとっては、沢山あるお菓子の中で、どれが「太れるお菓子」なのか、見分けがつかないかもしれません。

数あるお菓子の種類をあげてみると、以下の通り。

 

・菓子パン

・スナック菓子

・アイスクリーム

・和菓子

・せんべい

・ケーキ

・クッキー

・チョコレート類

・グミ

 

とはいえ、繰り返しになりますが、お菓子に頼って太ることを目指すのは間違っています。

というのも、お菓子は砂糖や、健康上の危険性が問題視されている人工油脂(ショートニング、マーガリンなど)が大量に含まれていますから、お菓子を食べ過ぎてしまうと、健康を害してしまう可能性が非常に高いから。

 

砂糖は、急激な血糖値の上昇を招いて、血糖値をコントロールしている膵臓に大きな負担を与えてしまいます。

お菓子によく使用されている人工油脂は、粗悪なものが使われているものも多いですから、油脂は体の脂肪の原料になるとはいえ、お菓子にはできるだけ人工油脂を含まないものを選ぶ方が賢明。

 

また、人工油脂は、消化吸収性が悪いことも多いですから、高カロリーだからといって人工油脂を多く含んだスナック菓子ばかり食べていると、胃腸が疲弊して、消化吸収力が低下してしまいます。

ですから、お菓子を選ぶ際には、砂糖や人工油脂はできるだけ控え目のお菓子を選ぶようにしましょう。

 

その上で、栄養価が高く、消化吸収性も高いお菓子が、「太れるお菓子」なのです。

繰り返しですが、お菓子はあくまで、間食・おやつでつまむ程度にとどめるようにしてください。

参考:太りたい人が甘いもので太る方法を徹底解剖!甘いものでは太れない?

 

そうとはいっても、お菓子は嗜好品としての役割もありますから、お菓子を食べないのも、逆にストレスになってしまいますよね。

その場合に、健康的に太りたい人向け、間食・おやつにおすすめの太りやすいお菓子を、ランキング形式で下記にご紹介するので、参考にしてみてください。

 

  ▼太る専用サプリの効果とは?  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的に太りたい人向けの太る専用サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※完全20%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

太りやすいお菓子ランキング

太れるお菓子で太りたい人におすすめのお菓子は、プリン、アイスクリーム、豆乳おからクッキー、羊かんを中心にご紹介しましょう!

1位:プリン

 

プリンが健康的に太りたい人におすすめの理由は、消化吸収性が高く、なおかつ卵・牛乳由来の栄養価が期待できるから。

プリンの基本的な材料は、卵黄・牛乳・砂糖のみ。

 

栄養価が高い牛乳・卵でプリンは作られているため、良質なタンパク質も豊富で、万能のお菓子とも言える食品なんですね。

プリンの100gあたりの栄養価を見てみると、

 

・エネルギー126kcal 

・たんぱく質5.9g 

・脂質5.5g 

・炭水化物12.6g

・ビタミン(ビタミンA、B2、B12、パントテン酸など)

・ミネラル(セレン、ナトリウム、カルシウム、鉄など)

 

このように、プリンは、栄養素をバランスの良く含んでいますし、柔らかくて、元々消化吸収性の高い卵や牛乳を使用しているので、胃腸に優しいお菓子。

プリンと似たものとして、卵黄・牛乳・砂糖を合わせてゼラチンで固めたババロアもおすすめ。

 

他に似たものにパンナコッタがありますが、こちらは卵を使用せず、生クリーム・牛乳・砂糖をゼラチンで固めているので、卵由来の栄養素は摂取できない点で、少し劣ります。

以上みてきたように、太りたい人の太れるお菓子として、迷ったらプリンを選べば間違いありません。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

2位:アイスクリーム

 

二番目にアイスクリームを、健康的に太りたい人におすすめする理由は、こちらも消化吸収性が高く、牛乳由来の栄養価が期待できるから。

アイスクリーム(乳脂肪分8%型)の100gあたりの栄養価について見てみると、

※ 一般社団法人 日本アイスクリーム協会、アイスクリームの成分、https://www.icecream.or.jp/ice/component.html(アクセス日:2018/9/3)

 

・エネルギー180kcal 

・たんぱく質3.9g 

・脂質8.0g 

・炭水化物23.2g

・ビタミン(ビタミンA、B1、B2、ナイアシン)

・ミネラル(カルシウム、リン、鉄、ナトリウム、カリウム)

 

アイスクリームは、栄養価の高い牛乳を原料とするため、多くの栄養素を含んでいます。

実は、アイスクリームは、乳固形分が15%以上(乳脂肪分は8%以上)のもののことで、乳固形分3%以上がラクトアイス、10%以上(乳脂肪分は3%以上)がアイスミルクと呼びます。

 

やはり、牛乳由来の栄養価が高いアイスクリームがおすすめ。

アイスクリームは、良質なたんぱく質や、消化吸収に優れた乳脂肪分を多く含んでいる点が、太りたい人に嬉しいところ。

 

さらに、ビタミンやミネラルも豊富で、中でも現代人に不足しがちなカルシウムは、100g当たり140mgと牛乳の110mgよりも多いのです。

しかし、アイスクリームの食べ過ぎは、お腹を冷やしてしまい、お腹を下してしまう要因になりますから、注意してください。

参考:【太る方法】アイスクリームで太りたい人は太れる?太れない人必見!

3位:豆乳おからクッキー

 

三番目に豆乳おからクッキーが、健康的に太りたい人におすすめの理由は、豆乳由来の栄養価が期待できるから。

豆乳おからクッキーとは、その名の通り、豆乳とおからを材料にしたクッキーのこと。

 

ですから、豆乳おからクッキーは、豆乳とおからによる高い栄養価を期待することができるのです。

豆乳の栄養価については、「豆乳で太りたい!豆乳で健康的に太る方法とは?痩せ型の男性・女性向け!」でも詳しくお話ししていますが、大豆由来の植物性タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルが豊富。

 

さらに、豆乳には、腸内環境を整えて、栄養の吸収力を高めてくれるオリゴ糖の他、女性ホルモンの働きをサポートし、女性はふっくら太りやすくなる大豆イソフラボンも豊富なので、豆乳は太りたい人にぴったりの食品。

一方、おからは、大豆を砕いて加熱して豆乳を絞りとった後の残りですが、大豆の皮や胚芽部分の繊維質を含んでいるので食物繊維が豊富

 

食物繊維は、便通を良くし、腸を綺麗にして栄養を吸収しやすい状態にする上で効果的な栄養素。

また、おからには、大豆タンパク質や脂質(血液コレステロール値を正常にしてくれるリノール酸が50%)、大豆の皮や胚芽にある微量成分も含まれているので、栄養価も高い食品なのです。

 

こうした事から、豆乳とおからを主原料で作られている豆乳おからクッキーは、栄養も豊富で、太りたい人の栄養補給としても有効。

ただし、クッキーによく使われている人工油脂のショートニングは、健康上望ましくない油脂ですので、ショートニング不使用の豆乳おからクッキーを選ぶのがベターです。

4位:羊羮

 

4番目に羊羮が、健康的に太りたい人におすすめの理由は、小豆由来の栄養価が期待できるから。

羊羮の材料は、主に小豆・寒天・砂糖と至ってシンプル。

 

その中でも小豆は、タンパク質やビタミン、ミネラルの他、不溶性の食物繊維も豊富。

不溶性食物繊維は、腸のぜん動運動を活発にし、水分を抱え込んで膨らむことで便量を増やして便通・排泄を促進するので、栄養吸収力が高まるのに一役買ってくれます。

 

他にも、小豆に特徴的な成分として、抗酸化作用のあるポリフェノールや、血流を改善し免疫力向上に役立つサポニンと呼ばれる成分も含まれているので、健康維持にも効果的です。

また、羊羮に使われる寒天には、食物繊維が豊富に含まれているので、腸の調子を整えてくれるでしょう。

 

羊羮の中でも特に水羊羹は、胃腸に優しく食べやすいので、太りたい人に一押し。

他におすすめのお菓子

太りやすいお菓子として、他にも良質な糖質(でんぷん)が豊富なせんべい、小豆や卵が使用されていて栄養価も期待できるどら焼き、コラーゲンを多く含むマシュマロなどもありますので、参考にしてみてください。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

まとめ

 

太りたい人がお菓子を食べるのは、あくまで間食・おやつでつまむ程度にとどめるべき。

その上で、「太れるお菓子」とは、できるだけ砂糖や人工油脂の使用が控えめで、なおかつ栄養価が高く、消化吸収性の良いもの。

 

この点に注意して、太りやすいお菓子をランキング形式で下記の通りご紹介。

 

プリン:卵・牛乳由来の栄養素が豊富で、消化吸収性も良い。

アイスクリーム:牛乳由来の栄養素が含まれ、乳脂肪分は消化吸収性が良い。

豆乳おからクッキー:豆乳とおからには大豆由来の高い栄養価が期待できる。

羊羮:小豆に含まれる栄養素の他、寒天に含まれる食物繊維も効果的。

 

必読記事:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!