ラーメンは、太りたい人が太る方法として、おすすめの食べ物なのでしょうか?

結論から言えば、太りたい人にとって、ラーメンは太る食べ物とは言えません。

 

というのも、ラーメンは、炭水化物は麺から十分に摂取でき、タンパク質もある程度確保できますが、ビタミン・ミネラルは不足気味で、なおかつスープを中心に脂質が多いため、消化吸収性が悪いから。

今回は、太りたい人にとって、ラーメンが太る食べ物とは言えない理由について、栄養価や消化吸収性などの観点から詳しく取り上げるので、参考にしてみてください。

【太る方法】ラーメンは太りたい人が太る食べ物?

 

太る方法に関して、ラーメンは太りたい人が太る食べ物かどうかを、カロリー、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン・ミネラル・消化吸収性の観点から見ていきましょう。

参考のため、ラーメンの麺1玉(1人前、茹で上がり時)230gあたりの栄養成分を、下に記載しておきます。

 

・エネルギー:343kcal

・炭水化物:67g

・タンパク質:11g

・脂質:1.4g

 

炭水化物については、麺類に豊富に含まれているので、優れた糖質源と言えます。

さらに、中華麺のGI値(血糖値の上昇度合い)は、そこまで高くないので、ゆっくり食べるようにすれば、問題ないでしょう。

 

以降では、その他の点について、具体的に見ていきます。

カロリー

ラーメンには、スープやトッピングが加わる訳ですが、目安として、例えば醤油ラーメンであれば、通常500~700kcal程度といったところ

一日に必要なカロリー量は、日本人の食事摂取基準2015年版によれば、成人男性で2650kcal、成人女性で2000kcal程度なので、麺の量にもよりますが、大体1/3は確保できるでしょう。

 

当たり前のことかもしれませんが、ラーメン一杯で一回の食事分の十分カロリーが補える計算です。

参考:太りたい男性・女性が一日に必要なカロリーは?太る方法も徹底解説!

タンパク質

ラーメンの麺に使われている小麦粉は、タンパク質が多く含まれているので、麺だけでも比較的タンパク質は多め。

先ほど同様、日本人の食事摂取基準2015年版によれば、タンパク質の摂取量目安は、成人男性で60g、成人女性で50g程度なので、麺1玉だけでも大体1/5〜1/6は確保できる計算。

 

さらに、トッピングで、タンパク質が豊富なチャーシューや煮卵をのせる場合も多いですから、例えば、半熟卵半分でタンパク質が3g、豚肉のタンパク質含有率が15%前後とすると、チャーシューを40gとれば、一日に必要なタンパク質の1/3は確保できる計算です。

つまり、ラーメンでタンパク質を適度に摂取できると言えます。

参考:太る方法|アミノ酸で太りたい人が太るには?プロテインはおすすめ?

 

  ▼太る専用サプリの効果とは?  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的に太りたい人向けの太る専用サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※完全20%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

脂質

ラーメンは、麺にこそ脂質はあまり含まれていませんが、トッピングのチャーシューやスープに多く脂質を含みます。

ラーメンのスープには様々な種類があり、また含まれている脂肪分も多種多様なので、一概に脂質が何グラムは明示できませんが、醤油・味噌・塩系のラーメンに対して、とんこつ系のラーメンはスープまで含めると脂質が格段に多いと言えます。

 

ここで認識していただきたいのが、脂質は、三大栄養素の中でも、消化が最も悪く、胃腸に負担がかかりやすい栄養素だということ。

ですから、脂質を多く含むスープまでがっつり飲んでしまうと、痩せすぎの人は、脂質の消化に負担がかかり、胃腸の働きが低下しかねないので、スープまで飲むのは控えたほうがよいでしょう。

 

参考:太りたいならココナッツオイルが最強!油を飲むことで太る方法!

ビタミン・ミネラル

ラーメンのビタミン・ミネラルに関しては、チャーシューなどの肉類や麺の小麦粉、さらにはスープで煮込むときに染み出した水溶性かつ熱に強いビタミンやミネラルはスープにも含まれています。

また、中華麺には、ミネラルであるセレンとモリブデンの成分が高いです。

 

モリブデンは、穀類に多く含まれていて、糖質や脂質の代謝や、造血作用のあるミネラル。

セレンは、抗酸化酵素の構成成分であり、免疫系や甲状腺ホルモンを正常に保つ作用がある物質。

 

しかし、その他のビタミン・ミネラルは、ラーメンのトッピングに乗るような野菜等で補わざるを得ない訳ですが、トッピングでは量が不足ぎみであることは、明らか。

特に、ビタミンA, D, E, Kなどの難溶性のものや、熱に弱いビタミンCなどの熱に弱いものは不足しています。

 

ですから、やはり、ラーメン以外に、ビタミン・ミネラルを補う要素があるといいでうね。

特に、カルシウムが不足しているので、魚・乳製品・大豆製品などを、ラーメンとは別に取るとよいです。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

消化吸収性

太りたいのに太れない人は、食べ物の消化吸収力が、一般の人に比べて弱いので、ラーメンの消化吸収性も気になるところ。

当然ですが、ラーメンは硬茹でした麺よりは、柔らかめの麺のほうが、消化されやすいので、茹で時間を長めにして、中華麺を柔らかくした方がよいです。

 

また、繰り返しになりますが、スープには消化に負担のかかりやすい脂肪分が多く含まれているので、特にとんこつ系のスープの場合は、飲むのを控えてください。

関連記事:この世で一番太る食べ物ランキング!太りたい人が太る食べ物10選

まとめ

 

ラーメンが、太りたい人が太る方法としておすすめの食べ物かどうかを、カロリー、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン・ミネラル・消化吸収性の観点から検証。

ラーメンは、炭水化物は十分、タンパク質も一日あたりの摂取量の1/3程度は確保できるが、ビタミン・ミネラルは不足ぎみ。

 

また、スープを中心に脂質が多いため、消化吸収性が良くないことが難点。

ですから、太りたい人にとって、ラーメンは太る食べ物ではないと言える。

必読記事:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!