脂質やカロリーが多く、太りやすいイメージのあるマヨネーズは、実際のところ、ガリガリ・痩せすぎで太りたい人が太るのに効果的なのでしょうか?

結論から言えば、マヨネーズに多量に含まれる油脂は消化に悪いため、痩せすぎの人がマヨネーズを食べ過ぎると、胃腸に負担が大きく、消化吸収されないまま排泄されてしまうので、太るためにはあまり効果的だとは言えません。

 

とはいえ、マヨネーズは、高脂質かつ高カロリーであり、卵由来のビタミンやミネラルも期待でき、コレステロール量もそれ程心配しなくて良い食品なので、適度に使用する分には、全く問題ありません。

今回は、マヨネーズの特徴・栄養成分、健康への影響、太る効果について、より詳しく取り上げるので、じっくり読んでみてください。

マヨネーズの特徴・栄養成分

 

マヨネーズの材料は、基本的に「油、卵、酢、塩」の四つ。

油に関しては、現在日本で製造販売されているマヨネーズには、大豆や菜種などの植物性油脂が使われています。

 

卵に関しては、マヨネーズには、卵黄のみ使ったものと全卵を使ったものの2種類がありますが、後者の全卵タイプが一般的。

マヨネーズの栄養成分に関して、お馴染みのキューピーマヨネーズの大さじ1杯(15g)の場合は、以下の通り1)

1) キューピー公式サイト https://www.kewpie.co.jp/products/product.php?j_cd=4901577042072(アクセス日:2018/9/12)

 

・エネルギー:100kcal

・炭水化物:0.1g

・タンパク質:0.4g

・脂質:11.2g

 

こうして見ると、マヨネーズは、高カロリーかつ高脂質の食品であることがよくわかります。

一方、マヨネーズは炭水化物(糖質)やタンパク質が大さじ1杯あたり0.1g、0.4gと少ないので、ほとんどが脂質と考えても良いでしょう。

 

  ↓最強の太る専用サプリのご紹介  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的な体づくりをしたい人のための太る最強サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※20〜25%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

マヨネーズは健康的に太る方法としておすすめ?

 

マヨネーズは、健康的に太る方法としておすすめなのでしょうか?

マヨネーズに含まれる卵のコレステロールが気になる人も多いかもしれませんが、実際のところ、マヨネーズ大さじ1杯あたりのコレステロール量は、卵1個と比較しても、10分の1程度。

 

さらに、卵黄に含まれるレシチンと呼ばれる脂質は、血中の悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増加させる作用があるため、余分なコレステロールによる悪さを防止する働きも期待できます。

他にも、卵には、コレステロールが多いためあまり食べないようにしている人いますが、実際には、卵は2個以上食べても、血中のコレステロール値が異常をきたすことは、あまり考えられないことが分かっています。

 

一方で、マヨネーズには、卵由来のビタミン・ミネラル類も豊富に含まれていますから、健康に悪くない食べ物と言ってよいでしょう。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

太りたい人は要注意!マヨネーズの脂質は消化が悪い!

 

太りたい人にとって、マヨネーズは要注意のものです。

マヨネーズのカロリーの大半を占めているのは脂質で、マヨネーズに使われているのは大豆や菜種などの植物油脂が一般的。

 

1gあたりの炭水化物やタンパク質のカロリーが4kcalに対して、脂質のカロリーは9kcalなので、太りやすい栄養成分であることは、間違いありません。

しかし、太りたい人にとって、脂質の最大の難点は、三大栄養素の中で最も消化に良くない栄養素であるということ。

 

というのも、体質的に痩せすぎの人は、胃腸が弱いために、消化吸収効率が太れない原因の大半を占めているため、マヨネーズのような消化に悪い油脂を含む食品を大量に摂ると、胃腸が疲弊して、食べ物が食べられなくなり、逆に痩せてしまう要因ともなります。

また、ガリガリの人が、マヨネーズを摂ったところで、脂質がきちんと消化吸収されないまま、排泄されてしまうでしょう。

 

つまり、結論を言えば、マヨネーズは、胃腸に負担をかけやすい脂質が大部分なので、太りたい一心でマヨネーズを摂って太ろうとするのはNG。

ですから、太りたいとはいえ、マヨネーズはあくまで食べ物などにかけて味を楽しむという目的で、活用することがおすすめ。

 

一方で、太りたい人が、油を効果的に活用して太るには、ココナッツオイルが一押しです。

というのも、ココナッツオイルは、マヨネーズに比べて消化吸収効率が4〜5倍も高いから。

 

ですから、痩せすぎで太れないことに悩んでいる人は、マヨネーズではなく、ココナッツオイルを積極的に取り入れることをおすすめします。

参考:太りたいならココナッツオイルが最強!油を飲むことで太る方法!

まとめ

 

太りたい人が太る方法として、マヨネーズが効果的かどうか検証。

マヨネーズは、高脂質かつ高カロリーの食品で、卵由来のビタミンやミネラルも期待でき、コレステロール量もそれほど心配しなくて問題ない。

 

しかし、マヨネーズに多量に含まれる油脂は、消化に悪いため、痩せすぎの人がマヨネーズを食べ過ぎると、胃腸に負担が大きく、消化吸収されないまま排泄されてしまう。

ですので、マヨネーズは太ろうとして食べるのではなく、適度に味を楽しむために活用すべき。

必読記事:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!