手足を太りたいという思いを抱えていて、細すぎる手首・手の甲・足の甲・足首を太くするにはどうすべきか知りたい人も多いことでしょう。

結論から言うと、細い手首・手の甲・足首・足の甲を部分的に太くするのは、難しいのが事実。

 

特に、手の甲や足の甲は、筋トレ等で負荷をかけることそのものが難しいので、太くできません。

一方で、手首や足首であれば、負荷をかけられるので、太くすることがある程度は可能と言えます。

 

今回は、手足を太りたい人が手首・手の甲・足首・足の甲を太くする方法について詳しくご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

手足を太りたい人が手首・足首・手の甲・足の甲を太くするには?

 

脂肪がつきやすい部位である二の腕やお腹と比べて、手足には脂肪細胞が少ないため、脂肪がつきにくく、太るのは難しい部位。

また、ガリガリ体型や痩せ型の人は、生まれつき骨が細いことが多く、骨自体を太くするのは簡単なことではありません。

 

確かに、BMIが26.5以上の肥満の人だと、手足までブクブク太っていることありますが、BMIがそれ以下の体型の人は、手足まで太ることはあまり考えられないでしょう。

ですから、太りたい人が手首・手の甲・足首・足の甲を部分的に太くするのは、体全体を太らせるよりも難易度が高いと言えます。

 

部分的に太る方法については、「部分的に太る方法!太りたい人が細すぎる腕・脚・首を太くする方法!」でお伝えしたように、脂肪は部分的につけることが難しく、筋肉は部分的につけることは可能なので、脂肪をつきやすい体質改善を促しつつ、筋肉をつけたい部位を鍛えることが基本戦略となります。

上半身や下半身の主要な部位は、上述の部分的に太る方法で対応可能ですが、今回取り上げる手足では、そもそも脂肪や筋肉もあまりないので、太くするのが困難なのです。

 

手首を太くするには、「手首を太くしたい!細い・細すぎる手首をダンベルで太くする方法!」でお話ししたように、筋肉そのものを鍛えれば太くしようとするのではなく、手首を形づくっている腱と骨を、時間をかけて太くすることが大切。

同様に、手の甲、足首、足の甲も、筋肉や脂肪ではなく、腱と骨が形作っているので、腱と骨を大きくするしか太る手がないでしょう。

 

この腱と骨を太くするには、筋肉や脂肪を大きくするよりも時間がかかるのは否めませんし、実際に効果が現れるのかも個人差が大きく出てしまうでしょう。

腱と骨を太くするには、ダンベル等を用いて筋トレを行うのが有効。

 

というのも、腱と骨は、筋トレでその部位に負荷をかけられると、その負荷に反発しようとする作用で太くなるから。

とはいえ、手の甲や足の甲は、筋トレ等で負荷をかけることそのものが難しいので、現実的に太くできないと言わざるを得ません。

 

一方で、手首や足首であれば、筋トレで負荷をかけることが可能なので、太ることができると思います。

手首を太くする方法については、先程もご紹介した記事「手首を太くしたい!細い・細すぎる手首をダンベルで太くする方法!」で取り上げているので、参考にしてみてください。

 

以降では、足首の鍛え方をご紹介していきます。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

細すぎる足首を太くする方法!ふくらはぎを筋トレで鍛える!

細すぎる足首を太くするには、足首が動く範囲で筋トレに取り組むのが効果的。

この足首の筋トレは、マシンやダンベルを使わなくても、自分の体重を利用した自重トレーニングが十分可能です。

 

足首の動作は、大別するとつま先を伸ばす底屈(ていくつ)と、つま先を手前する背屈(はいくつ)2つに分類でき、底屈と背屈を合わせると、可動域は約65度といったところ。

この可動域で足首に負荷をかけながら動かすことで、足首を太くできると言えるでしょう。

 

また、痩せ型やガリガリ体型の人で細くなりがちなふくらはぎも鍛えると、足全体の印象がふっくら太って見えます。

ですから、足首を底屈させて、足首とふくらはぎを同時に鍛えることができるのが、以降でご紹介するレッグカーフレイズです。

 

レッグカーフレイズのやり方

(1) 椅子の後ろ側で立ち、椅子の背もたれを手で持つ。

(2) かかとを上げ下げする。

(3) 10回を3セット行う。

 

※レッグカーフレイズの注意点※

膝を曲げないようにし、椅子に体重をかけないように注意する。

 

 

簡単な運動ですが、これを継続してやることで、足首やふくらはぎが強化され、徐々に太くなることが期待できます。

また、足首の背屈動作で足首を太くするには、クッション性のある台の上に足の半分ぐらいだけ乗せて、片足のかかとを地面に下ろすようにして、体重を上手く支えながら背屈させると、負荷を乗せて鍛えることができるでしょう。

 

また、腱はコラーゲン(タンパク質)から構成されているので、筋トレ後にプロテインを摂取して、タンパク質を補給すると尚良し。

参考:【プロテインで太りたい】ガリガリ女性におすすめ人気ランキング5選

 

  ▼太る専用サプリの効果とは?  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的に太りたい人向けの太る専用サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※完全20%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

まとめ

 

手足を太りたい人が、細すぎる手首・手の甲・足首・足の甲を太くする方法について解説。

実際のところ、手足を太りたい人が細い手首・手の甲・足首・足の甲を部分的に太くするのは難しい。

 

特に、手の甲や足の甲は、筋トレ等で負荷をかけることそのものが難しいので、現実的に太くすることはできないが、手首や足首であれば、負荷をかけられるので、太くすることができる。

 

↓楽に太れるサプリはこちら!