太りたい人が太る方法として、トレーニングで走ることは効果的なのでしょうか?やはり、運動不足は望ましくないのでしょうか?

結論から言えば、運動不足になると、基礎代謝と新陳代謝機能が低下し、胃腸の働きが弱るので、食欲減退や消化不良を引き起こしやすくなるので、太るのにNG。

 

また、太りたい人がトレーニングとして走ることで、代謝が上がるので、確実に太りやすくなります。

一方で、太るために走るときは、正しいやり方で取り組むことが効果を高める上で大切です。

 

今回は、太りたい人にとって、運動不足がNGであり、走ることが太る方法として効果的な理由と、走る上での注意点をお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

太りたい人は走るべき?運動不足はNG?

 

太りたい人は、走るべきなのでしょうか?やはり運動不足は、太る上で良くないのでしょうか?

走るといえば、ランニングやジョギングといった運動をすることが思い浮かびますが、走ることで運動不足を解消し、太りやすくなるのは事実。

 

実際、太りたい人のトレーニングとして走るのが効果的な理由は、身体の代謝が高まることで、食欲増進や胃腸での消化吸収力のアップに効果的だから。

この点について掘り下げるために、運動不足により太りにくくなる理由について、詳しく見ていきましょう。

関連記事:太りたい人が運動で太る方法3選!

運動不足により太りにくくなる理由

代謝には、2種類あって、「基礎代謝」と「新陳代謝」があります。

基礎代謝とは、生命活動を維持するために生理的に消費されているエネルギーのことで、血液を循環させたり、内臓機能を高めて、脳や筋肉を活動させるのに消費されているエネルギーのこと。

 

この基礎代謝が下がると、血行が悪くなって、身体の各所の機能が低下し、免疫力が下がる要因にもなりかねません。

一方、新陳代謝は、身体の中の古くなって死んだ細胞が新しい細胞に入れ替わる時に必要なエネルギーのことで、新陳代謝の働きとして代表的なのが、排泄・発汗、髪の毛が抜けて新しい髪が生えてくること、古い皮膚が垢となって剥がれ落ちて新しい皮膚に替わるターンオーバーなど。

 

新陳代謝の働きが低下すると、疲労物質や老廃物が体の中に残りやすくなり、肌荒れや体調不良などに繋がりかねません。

しかし、運動不足になると、基礎代謝および新陳代謝で消費されるエネルギーが低下することに。

 

そうなると、基礎代謝は、血行や内臓の働きと関係しているため、運動不足で基礎代謝が落ちると、食欲が低下し、食べ物を消化・吸収する能力も弱るので、太りにくい体質になってしまいます。

また、運動不足によって新陳代謝の働きが低下すると、身体に老廃物や疲労物質が溜まりやすくなるので、胃腸が弱ってしまい、消化・吸収能力が衰え、同様に太りにくい体質を生んでしまうでしょう。

 

まとめると、運動不足になると、基礎代謝と新陳代謝機能が低下し、胃腸の働きが弱るので、食欲減退や消化不良を引き起こしやすくなるので、太るのに望ましくないのです。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

太りたい人がトレーニングで走る上での注意点!太る方法を解説!

 

太りたい人が太る方法として、トレーニングとして走ることの意義は、代謝が上がることで、太りやすい体質になるから。

とはいえ、太りたいからと、激しい走り込みをするのは控えましょう。

 

というのも、走り込みの運動強度が大きすぎると、基礎代謝が大きくなって痩せてしまうばかりか、激しく走ることで交感神経が優位になり、胃腸の働きが低下してしまう可能性があるから。

後者に関して、胃腸は自律神経の一つである副交感神経が優位のときに活発に働くので、走り込みをして自律神経のもう一方である交感神経が優位に立つと、胃腸の機能が減退して、食べ物の消化吸収力が低下してしまいます。

 

ですから、太るために走るときは、適切な運動強度を設定することが大切なのです。

おすすめは、少し汗ばむ程度の運動強度で、20分以内を目安に走ること。

 

少し汗ばむ程度であれば、代謝も上げつつ、適度な運動強度ゆえに習慣化しやすく、なおかつ交感神経の興奮を抑えてくれるから。

また、20分以上走ってしまうと、体の体温が1〜2度上昇することで、脂肪を分解する酵素(リパーゼ)が活性化し、脂肪燃焼が加速してしまうデメリットがあるので、走るのは20分以内に止めるべきです。

 

さらに、太りたい人が走る場合は、できる限り空腹状態は避けるべきでしょう。

というのも、空腹状態は血糖値が低いので、血中の糖や脂質が少ないため、体の中の糖分や脂肪分が分解されやすい状態。

 

この状態で走ると、エネルギー不足分を、体内の脂肪と筋肉組織を分解して補填しようとするため、痩せてしまうのです。

したがって、走る1〜2時間前には、軽く糖質を摂ってから運動を行うと、運動中に血糖値も安定に保つことができるでしょう。

 

  ▼太る専用サプリの効果とは?  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的に太りたい人向けの太る専用サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※完全20%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

走った後にプロテインの摂取が効果的!

 

太りたい人は、走った直後にプロテインを摂取すると、効率的に体にタンパク質を供給できるので、太りやすくなると言えます。

タンパク質は、体の組織や筋肉の合成のために、毎日消費されている一方、食事からは不足しがちなので、プロテインから補うのが有効。

 

また、太れない悩みを持つ人は、胃腸で消化吸収力が弱いので、タンパク質を十分に補給して胃腸の機能を高めることが、太る体質づくりの助けとなるでしょう。

プロテインでタンパク質を補給するメリットは、タンパク質が粉末状となっており、食品からタンパク質を摂取するよりも、吸収されやすいため消化に良いということ。

 

筋トレと合わせて、トレーニング直後にプロテインを摂取すると、筋肥大と疲労回復にさらに効果的。

まとめ

 

太りたい人が太る方法として、運動不足が望ましくない理由は、運動不足になると、基礎代謝および新陳代謝で消費されるエネルギーが低下するから。

運動不足になると、基礎代謝と新陳代謝機能が低下し、胃腸の働きが弱るので、食欲減退や消化不良を引き起こしやすくなるので、太るのに悪影響。

 

したがって、太りたい人がトレーニングとして走ることで、代謝が上がり、太りやすい体質になる。

太るために走る上での注意点は、軽く汗ばむ程度の運動強度で、20分以内を目安に走り、走る1〜2時間前には、軽く糖質を摂ってから運動を行うとよい。

 

また、走った直後にプロテインを摂取すると、効率的に体にタンパク質を供給できるので、太りやすくなる。

必読記事:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!