胃下垂は筋トレでも治らないのか…

胃下垂で筋肉がつかない、あるいは胃下垂で筋肉がつきにくいと感じる人も少なくないようです。

 

実のところ、胃下垂になると、胃の消化機能が低下して、栄養の吸収率が低下するため、筋肉の材料となるタンパク質の吸収されづらくなるので、胃下垂で筋肉がつかない、あるいは筋肉がつきづらくなるのは事実。

また、胃下垂は筋トレで治らないとも言われますが、実際胃下垂は筋トレで治すことはできないのでしょうか?

 

今回は、胃下垂で筋肉がつかない、あるいは筋肉がつきにくい理由と、胃下垂は筋トレで治らないのかどうかについて、徹底解剖するので、ぜひ参考にしてみてください。

胃下垂で筋肉がつかない&つきにくい理由とは?

 

胃下垂で筋肉がつかない・筋肉がつきにいと思われている人も多いようです。

実際のところ、胃下垂だと筋肉がつかないし、筋肉がつきにくくなる理由はあるのでしょうか。

 

実は、胃下垂だから筋肉がつかない、あるいは胃下垂で筋肉がつきにくい理由は、胃下垂になると栄養の吸収率が下がるため

どういうことかと言うと、「胃下垂で太らないのはなぜ?仕組みは?実は嘘?胃下垂で痩せる理由!」で詳しくお話ししていますが、胃下垂になると、胃のぜんどう運動が鈍るため、食べ物の消化機能が低下し、結果的に栄養の吸収率も下がります。

 

人によっては、栄養の吸収率が3分の1まで落ち込む場合も。

栄養の吸収力が低下すると、筋肉をつくる上で重要なタンパク質も体に取り込まれづらくなることが、胃下垂になると筋肉がつかない、あるいは筋肉がつきにくい理由だと考えられます。

 

つまり、胃下垂を治そうと筋トレに励んでも、筋肉の材料となるタンパク質を効率よく吸収できないため、筋肉がつきづらい、あるいは筋肉がつかないのです。

ですから、胃下垂の人が筋肉をつきやすくするには、タンパク質を効率よく摂取する必要があり、一般的に食品よりもタンパク質の吸収しやすい形で商品化されているプロテインを活用するのがおすすめ。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

胃下垂は筋トレでも治らない?

 

胃下垂は筋トレによって治すことはできないのでしょうか?

そもそも、胃下垂は腹部の胃を支える筋肉や脂肪が少ないから、胃がその重みを支えきれず、下に垂れ下がることが主な原因。

 

ですから、胃下垂を治すためには、胃を支える筋肉をつければ、胃下垂を改善することは十分可能だと考えられます。

特に、胃を支える筋肉である、腹筋でもインナーマッスルや体幹を中心に、筋トレで鍛えると効果的です。

 

ただし、胃を支える筋肉を、腹筋などの筋トレで直接鍛えられる訳ではないので、100%胃下垂を治すことは難しいでしょう。

つまり、胃下垂は筋トレで治らないことはなく、ある程度は改善できるものと思われるが、その効果は限定的であることは事実。

 

なお、胃下垂を治すのに効果的な筋トレの方法については、「【胃下垂】“筋トレ”による治し方はコレ!胃下垂で太れない人必見!」でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

  ↓最強の太る専用サプリのご紹介  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的な体づくりをしたい人のための太る最強サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※20〜25%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

まとめ

 

今回は、胃下垂は筋トレでも治らないのか、胃下垂で筋肉がつかない・つきにくいのはなぜなのか解説。

胃下垂で筋肉がつかない、あるいは胃下垂で筋肉がつきにくい理由は、胃下垂になると、胃の消化機能が弱まり、栄養の吸収率が低下して、筋肉の材料となるタンパク質の吸収効率が下がるから。

 

胃下垂は、腹部の胃を支える筋肉が少ないことで、胃が垂れ下がることが原因なので、腹筋を中心に筋トレによって腹部の筋肉を鍛えることで、胃下垂はある程度は改善するが、その効果は限定的。

また、腹部の筋肉をつけるためには、吸収されやすい形のタンパク質が摂取できるプロテインを摂取すると効率的。

関連記事:【胃下垂でも太りたい】胃下垂とは?原因・症状・太り方を一挙公開!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!