太りたい人が太る方法として、野菜や野菜ジュースは効果的…!?

野菜は、低カロリーで糖質・脂質を多く含むものではないので、太るために重要ではないと思われているかもしれませんが、実際には野菜(特に生野菜・サラダ)は太るために効果的な食材。

 

痩せている人の中には、あまり生野菜を摂っていない方が少なからず見受けられますが、逆に野菜を摂らないことが、太りにくい体質をかたち作っている可能性が十分にあるのです。

生野菜・サラダが、太るために効果的な理由は、食物酵素と食物繊維を豊富に含んでおり、栄養素の消化吸収性を高める働きがあるから。

 

一方で、野菜ジュースで野菜の不足分を補っている方も多いと思いますが、実は野菜ジュースは食物酵素が失活しているため、太る効果があまり期待できません。

今回は、生野菜・サラダが太るために効果的である一方、野菜ジュースでは太る効果が期待できない理由について、詳しくお話ししていきます。

【太る方法】野菜が太りたい人におすすめな理由① 食物酵素が豊富

 

太りたい人が太る方法として、野菜をおすすめする理由の一つ目は、食物酵素をたっぷり摂取できるから。

食べ物から摂取できる酵素を食物酵素と呼びますが、食物酵素は、体内に存在する酵素(潜在酵素)の働きをサポートすることで消化・吸収力を助けて、栄養素を吸収率を高めるのです。

 

胃腸に存在する酵素は、食べ物を分解するのをサポートする働きがあるため、酵素を野菜から補充することで、消化が助けられて、消化吸収率が向上します。

さらに、生野菜で酵素を体に供給すると、消化・吸収に消費される潜在酵素の量が減り、余った分の潜在酵素が代謝にまわりることで、代謝力が上がり、内臓機能が強化されて、体の調子が良くなって、胃腸も元気になるでしょう。

 

酵素を多く含むのが、生野菜です。

酵素は熱によって活性を失う性質がありますから、加熱されていない生野菜が効果的。

 

酵素を生きたまま摂取するには、生野菜をサラダで食べるか、ミキサーで生野菜ジュースを作るなどすると効率的です。

ただし、ミキサーで野菜を粉砕すると、手軽に摂取できて、なおかつ吸収されやすくなるメリットもある一方、ミキサー内で食物酵素が野菜の成分に反応して、酵素量が減ってしまうデメリットもあるので、注意が必要。

 

痩せている人は、生野菜をあまり摂らない傾向がありますから、ぜひ生野菜・サラダあるいは生野菜ジュースを摂ると、太る可能性が高まりますよ。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

【太る方法】野菜が太りたい人におすすめな理由② 食物繊維が豊富

 

太りたい人が太る方法として、野菜をおすすめする理由の二つ目は、野菜には食物繊維が豊富だから。

野菜に豊富に含まれる食物繊維は、6大栄養素の一つで、便通と腸内環境を改善し、整腸作用が期待される重要な栄養素。

 

腸の健康状態が高まると、腸での栄養吸収力も高まって、太りやすくなるのです。

食物繊維には、水に溶けない不溶性食物繊維と水に溶ける水溶性食物繊維の2種類があります。

 

不溶性食物繊維の役割は、腸のぜん動運動を活発にし、水分を抱え込んで膨らむことで便量を増やして便通・排泄を促進すること。

一方、水溶性食物繊維は、腸内をネバネバした状態を作り出すことで、便通を良くして、血糖値の急激な上昇抑え、なおかつ悪玉菌を減らして、善玉菌を増やすことで、腸内環境を整える作用があります。

 

ですから、両方の食物繊維をバランスよく摂取することが、腸の調子を整えて、栄養の吸収性を高めるために重要

生野菜では、不溶性および水溶性食物繊維を豊富に含んでいるので、太るために効果的なのです。

 

理想的な割合は、不溶性食物繊維:水溶性食物繊維=2:1だと言われています。

下記に、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を含む野菜をご紹介するので、参考にしてみてください。

 

不溶性食物繊維を多く含む野菜(1)

・切り干し大根、しそ、パセリ、モロヘイヤ、芽キャベツ、オクラ、ニラ、ごぼう、西洋かぼちゃ、菜の花、ほうれん草、ブロッコリー、かぼちゃ

 

水溶性食物繊維を多く含む野菜(2)

・にんにく、切り干し大根、ごぼう、オクラ、芽キャベツ、菜の花、モロヘイヤ、春菊、人参、ニンニクの芽、バジル、西洋かぼちゃ、かぼちゃ、しそ、ニラ、ブロッコリー、カリフラワー

 

ただし、野菜を食べ過ぎてしまうと、食物繊維の働きでお腹が膨らんで、他のおかずが食べられななくなる可能性もあるので、適量(一日の目標摂取量は350g)を摂取すればよいでしょう。

 

(1) 栄養素別食品一覧 不溶性食物繊維 http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/fiber_insoluble.html(アクセス日:2018/8/28)

(2) 栄養素別食品一覧 水溶性食物繊維 http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/fiber_soluble.html(アクセス日:2018/8/28)

 

  ↓最強の太る専用サプリのご紹介  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的な体づくりをしたい人のための太る最強サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※20〜25%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

野菜ジュースでは酵素が摂れない→太りたい人におすすめできない

 

太りたい人が太る方法として、市販の野菜ジュースはおすすめなのでしょうか?

結論から言ってしまうと、生野菜と違って、野菜ジュースでは酵素が変性してその働きを失っているので、太りたい人にはお勧めできません。

 

先程もお話ししましたが、酵素は熱に弱く、酵素ごとに違いはあるものの、48度で2時間、50度で20分、53度で2分維持すると酵素の働きが失われてしまうことが、わかっています。

市販の野菜ジュースでは、濃縮還元および殺菌の工程を経て製造されていますが、この工程で加熱処理が行われているので、野菜ジュースの中の酵素は失活しています。

 

ですから、市販の野菜ジュースでは酵素を摂取できません。

したがって、酵素を”生きたまま”摂取するには、生野菜を摂るのが一番なんですね。

参考:太りたいなら「酵素」は必須!酵素で太る方法の真実を全て語る!

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

まとめ

 

太りたい人が太る方法として、野菜を摂取すると、酵素や食物繊維を摂取できるので、消化吸収効率が高まって、太るのに効果的。

一方、野菜ジュースは、酵素が失活しているため、太る効果は期待できない。

 

ミキサーなどで作る生野菜ジュースであれば、多少酵素は減るものの、手軽に摂取できてなおかつ消化吸収性も高いので、おすすめ。

必読記事:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!