太りたい人が太る方法として、コーヒーを摂取することが効果的なのでしょうか?

結論から言えば、コーヒーは飲むタイミングや正しい飲み方を守れば、太れる飲み物だと言えます。

 

というのも、コーヒーには、消化を促進する作用があるため、食後にコーヒーを飲むことで食事の消化率が高まるから。

一方で、食前や空腹時にコーヒー飲んでしまうと、胃の粘膜が荒れてしまい、逆に太れない原因を作り出してしまう可能性も。

 

今回は、太りたい人が太る方法としてコーヒーを摂取することが効果的かどうかを徹底検証するので、じっくり読んで参考にしてみてください。

【太る方法】コーヒーは太りたい人が太れる飲み物か徹底解剖!

 

コーヒーは、太りたい人が太る方法として飲むべき物なのでしょうか?

結論から言えば、コーヒーは、胃液の分泌を促進作用や、代謝を向上させるのに有効な成分を含んでいますが、飲むタイミングを押さえれば、太るのに効果的だと言えます。

 

さらに、コーヒーは好みや体に合う合わないの問題もありますし、コーヒー自体に栄養素やカロリーがある訳でもないので、太る方法としてコーヒーは絶賛できる飲み物ではありません。

太る方法としてコーヒーを飲むことで、太る効果として期待できるものとそうでないものについて、以降でより詳しく見ていきましょう。

コーヒーの太る効果とは?太れない人必見!

太れない人が太る方法としてコーヒーを摂取することが効果的な理由は、以下の通り。

 

  • 消化促進作用
  • 代謝促進作用

 

上記について、詳しく見ていきます。

コーヒーの太る効果① 消化促進作用

コーヒーには、カフェインやクロロゲン酸と呼ばれるポリフェノールが含まれており、胃の粘膜を刺激することで、胃液の分泌を促進させて、食べ物の消化を助けると言われています。

ですから、食べ物の消化を促進する効果を期待する上でも、食後にコーヒーを飲むことで、効果を最大限に発揮することができるでしょう。

 

ですから、例えば、フレンチやイタリアンで、食後にコーヒーが出るのも理にかなっている訳なんですね。

 

  ↓最強の太る専用サプリのご紹介  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的な体づくりをしたい人のための太る最強サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※20〜25%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

コーヒーの太る効果② 代謝促進作用

コーヒーに含まれるカフェインには、自律神経の中の一つである交感神経を刺激する作用があります。

交感神経が刺激されることで、体や脳が覚醒させる作用の他、血管の収縮作用があるため、血行が良くなり、代謝機能が高まるメリットがあります。

 

代謝が向上すると、食欲も高まりやすく、胃腸の機能も活発になるので、食べ物の消化吸収率も高まりやすくなるでしょう。

ただし、胃の消化活動は、交感神経が活発になると胃酸や胃粘液の分泌量が減少してしまう可能性もあるので、カフェインの摂り過ぎには注意してください。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

コーヒーで太る方法:飲むタイミングが大切!

太りたい人が効率よく太る方法として、コーヒーは食べ物が入った状態で飲むことは吉です。

しかしながら、食前や空腹状態でコーヒーを飲むことは、おすすめできません。

 

というのも、胃に何も入っていない状態でコーヒーを飲むと、胃液の分泌が多くなって胃を痛めてしまったり、胃のむかつきをおぼえるなど、胃の粘膜が荒れてしまう原因にもなります。

こうなると、ガリガリや痩せすぎで胃腸が弱い人は、コーヒーが太るのに逆効果になってしまうので要注意。

 

したがって、コーヒーを飲むときは、空腹状態をできるだけ避けて、食べ物が胃に入っている状態で摂取するのがベストです。

ブラックコーヒーよりもミルク入りのコーヒーが太りたい人におすすめ!

ブラックコーヒーよりもミルク入りのコーヒーの方が、太りたい人におすすめ。

というのも、ブラックコーヒーは、そのまま飲むと刺激が強いため、胃の粘膜を刺激しやすいと言えます。

 

その点、胃を保護する働きのあるミルクを混ぜたコーヒーであれば、胃への刺激を緩和することができるので、適度に消化を促進する働きが期待できるでしょう。

ただし、コーヒーフレッシュと呼ばれる小型のポーションクリームは、主成分が植物油なので、胃を保護する働きが期待できないので、おすすめできません。

コーヒーは胃弱な人は控えた方がいい!

先程もお話ししたように、コーヒーに含まれるカフェインやポリフェノールは、胃の粘膜を刺激しやすいため、痩せ型で胃弱な人は無理にコーヒーを飲むことは控えた方がよいでしょう。

コーヒーがなくても太ることは十分可能ですし、無理に飲んで胃を痛めて、逆に食べられなくなって、太れない原因を生み出してしまう可能性もありますから。

 

胃弱な人は、消化に良く、栄養価も高い太れる飲み物である牛乳や豆乳を飲むとよいでしょう。

参考:【牛乳で太りたい】牛乳で太る方法とは?プロテインで割ると効果的!

参考:豆乳は太りたい男性・女性が太る飲み物?豆乳で太る方法を徹底解説!

まとめ

 

太りたい人が太る方法として、コーヒーを摂取することが有益かどうかを検証。

コーヒーには、消化促進作用が期待できるので、食後に飲むと食べ物の消化を助けてくれるメリットがあるが、食前や空腹時に飲むと、胃の粘膜を傷つけて逆に太れない原因となってしまう可能性がある。

 

また、コーヒーに含まれるカフェインは、代謝を促進する働きがあるので、食欲増進や胃腸の働きを活性化するのに有効。

したがって、コーヒーは、正しい飲み方を守れば、太れる飲み物だと言える。

必読記事:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!