餅を食べると太ることがであるなら、太りたい人にとっては朗報ですよね。

実際、餅は太るのに効果的な食べ物なのです。

 

では、なぜ餅が太ることに適しているのでしょうか。

また、餅や夜食に摂ると太るのでしょうか。

 

これらの疑問に答えるため、今回は餅を食べると太る理由、夜食で餅を食べると太る理由についてお話した後、餅の太る食べ方についても取り上げていきます。

餅を食べると太る理由① 糖質が豊富

 

太りたい人が、餅を食べると太る理由の一つ目は、餅にはたっぷりの糖質(デンプン)が含まれているから。

もち米から作られている餅は、糖質(デンプン)が豊富に含まれています。

 

糖質は、人間のエネルギー源となるもので、糖質が不足すると、体の脂肪や筋肉が分解されて痩せてしまうことに

さらに、糖質を摂ると、血糖値が高まるため、体がエネルギーを貯蔵し、脂肪を合成するスイッチが入るのです。

 

つまり、十分な量の糖質を摂取して、体に余分なエネルギーをつくってあげると、脂肪をつくるように体が働くので、太ることができるんですね。

ですから、糖質は、太りたい人が絶対に摂取する必要がある栄養素。

 

他の炭水化物に比べても、餅の糖質含有量は多め。

糖質含有率で比較してみると、餅は約50%なのに対して、白米で約40%、食パンで約40%、うどんで約20%です。

 

他にも、餅に含まれているデンプンを摂るメリットがあります。

それは、デンプンは、血糖値の上昇が比較的緩やかであること。

 

餅は、血糖値を急上昇させて糖尿病のリスクを高めると考えがちですが、そうではなく、餅に含まれるデンプンは、消化・分解が比較的ゆっくり進むので、血糖値の上昇もゆるやかなのです。

砂糖のように、血糖値を急上昇させる糖質に比べると、餅は、血糖値をコントロールしているすい臓に与える負担は小さく、糖尿病のリスクも高くないと言えます。

 

但し、たくさんの量の餅を一度に食べてしまうと、血糖値を急上昇させてしまうリスクがあるので、避けてください。

このように、餅は、脂肪をつける上で不可欠な糖質をたっぷり補うことができて、かつ血糖値の上昇も緩やかである、優れものなのです。

 

  ↓最強の太る専用サプリのご紹介  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的な体づくりをしたい人のための太る最強サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※20〜25%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

餅を食べると太る理由② 消化が良い

 

太りたい人が、餅を食べると太る理由の二つ目は、餅は消化が良いということ。

痩せ体質の方は、胃腸がもともと弱く、消化・吸収力が落ちていますから、消化に良い食べ物をとって、胃腸に疲れを溜めさせないことが、太るために重要になってきます。

 

お餅は、消化が悪いと思われがちですが、実は、消化が良い食品なのです。

どうして餅が消化が良いかというと、餅に含まれるデンプン自体が消化が良いから。

 

そもそも、デンプンの消化のプロセスは、主に唾液中のアミラーゼによって行われ、口から胃に送られた後も、胃液による消化の必要がないので、約2時間程度で消化が済みます。

すなわち、デンプンは胃への負担が小さいのです。

 

更に、餅は、一旦蒸したもち米をすりつぶして作られているので、既に体に吸収されやすい形になっていることも、胃腸に優しい理由なんですね。

まとめると、餅は、消化に良いデンプンが多分に含まれていて、かつもち米をすり潰されて作られて吸収されやすいことと相まって、消化に良いと言えるでしょう。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

夜食に餅を食べると太る?

太りたい人が、夜食に餅を食べると太るのでしょうか?

結論から言えば、そもそも夜食に餅を食べるのは控えた方がよいでしょう。

 

というのも、夜食に炭水化物を摂ると、就寝中に高血糖状態を招いて、成長ホルモンの分泌が抑制されてしまうから。

上記の点について、詳しくは「【太りたい人の夜食】夜食で太る方法の完全版!おすすめの夜食10選」でお話ししているので、じっくり読んでみてください。

餅の太る食べ方

 

太りたい人向け、餅のオススメの太る食べ方を、最後にご紹介しておきましょう。

まず、餅を食べるタイミングについては、お腹が空いたときにいつでもOKです!

 

餅は主食にももちろんよいですし、間食やおやつの時間に手軽にパッと餅を食べてもいいですよ。

餅の調理法に関しては、お雑煮やおしるこなどにすると、柔らかく食べやすくなり、消化・吸収がさらに良くなってよいでしょう。

 

特に、お雑煮は、具材が入ったりしているので、他の栄養素とも一緒に摂ることができて栄養バランスが高まります。

餅にプラスして食物繊維があると、血糖値の上昇をさらに抑えることができるので、お雑煮に野菜や根菜類がたっぷり含まれていると良いですよ。

 

他に、餅の太る食べ方としては、きな粉とまぶして食べることで、きな粉に含まれるタンパク質も摂取できてよいです。

ちなみに、団子は、米などの穀物を製粉したものに水やお湯を加えてこねて、蒸したり茹でたりしたものですので、餅とほぼ同じように、太るのにうってつけ。

 

似たもので、白玉団子なども、もち米から作られた白玉粉を原料に作られているので、お餅・団子と同様に、太るために効果的ですよ。

まとめ

 

餅を食べると太る理由、夜食で餅を食べると太る理由、餅の太る食べ方について解説。

餅が太るために効果的な理由は、餅には太るために不可欠な糖質(デンプン)がたっぷり含まれていて、消化が良くて胃腸に優しいから。

 

夜食に餅を食べるのは、成長ホルモンの分泌を抑制してしまうため、控えた方がよい。

餅の食べ方では、例えばお雑煮などにすると、消化も更に良くなって、他の栄養素と合わせて摂取できておすすめ。

 

餅を食べると太るのは事実なので、痩せ体質の方は、例えば間食やおやつには餅をつまんだりするなど、上手にお餅を食生活に組み込むとよいでしょう。

必読記事:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!