デブエット(=太る逆ダイエット)で、太るための筋トレをすることで体重を増やしたい男性・女性は、どういった筋トレメニューに取り組むべきなのでしょうか。

そもそも、筋トレが太るのに効果的に理由については、「食べても太れないなら筋トレ!ガリガリで太りたい男性・女性が太る方法!」で取り上げた通り。

 

したがって、男女共に太るために筋トレを取り組むべきなのですが、特定の部位を集中的に鍛えるよりは、上半身および下半身をバランスよく鍛えことが大切です。

また、筋トレで鍛えるべき部位は、体の中でも最も大きな筋肉群を鍛えると、効率的に体重を増やすことができるでしょう。

 

さらに、筋トレと合わせてプロテインを摂取すると、効率的に筋肉を増やすのに効果的。

今回は、デブエットで太るための筋トレについて、ジムのマシンを使った筋トレメニューを中心にご紹介するので、筋トレを実践する上で、ぜひ参考にしてみてください。

デブエットで太るための筋トレメニュー!

 

デブエットで体重を増やしたい男性・女性向けの筋トレメニューをご紹介しましょう。

そもそも、筋トレをすると太りやすくなる理由については、「食べても太れないなら筋トレ!ガリガリで太りたい男性・女性が太る方法!」で詳しく取り上げていますが、簡単に言うと、筋肥大による体重増加、食欲増進作用、消化吸収力の向上、脂肪をつきやすくする効果が期待できるため。

 

また、筋肉は、脂肪よりも比重が1.2倍程度重いので、体重を増やすのに効果的なのです。

太るための筋トレでは、特定の部位を集中的に鍛えるよりは、上半身および下半身をバランスよく鍛えることが大切。

 

その上で、筋トレで鍛えるべき部位は、体の中でも最も大きな筋肉の部類に入る太もも、太もも裏(ハムストリング)、お尻、胸、背中、お腹を中心に鍛えると良いでしょう。

大きな筋肉を優先的に鍛えることで、効率よく筋肉を増やして、男女共に引き締まった美しい体が手にすることができます。

 

特に、下半身(太もも、ハムストリング、お尻)は、体の中で最も大きな筋肉なので、筋トレによる太る効果を期待するためにも、ぜひ鍛えたい部位。

上半身(胸、背中、お腹)を鍛えると、下の記事でご紹介している通り、胃下垂の改善や姿勢の矯正にも効果的です。

参考:【胃下垂でも太る方法】ガリガリで胃下垂でも太りたい!太ると治る?

 

また、大胸筋を鍛えると、胸を支える土台となる筋肉が肥大するので、女性の方は、バストアップ効果も期待できるでしょう(下の記事参照)。

参考:健康的に太る方法でバストアップ!胸だけ太りたい女性が綺麗に太る胸を手にする方法!

 

女性の場合は、筋肉がつきすぎて体付きががっしりしてしまうことを心配して、筋トレを敬遠している方もいますが、元々女性は男性に比べて筋肉がつきにくいので、適度に筋トレをする限りにおいては、心配する必要はないでしょう。

また、体重を増やしたい人が筋トレをする上では、自宅よりもジムでトレーニングする方がおすすめ。

 

というのも、やはり自宅でできる筋トレメニューでは、筋肉に対する負荷が小さいこともありますし、モチベーション管理も難しいことも挙げられます。

参考:ガリガリで太りたい男性・女性がジムの筋トレで太る方法を完全解説!

 

以降では、上半身・下半身それぞれの筋肉部位について、体重を増やしたい男性・女性におすすめの、ジムのマシンを使った筋トレメニューについてご紹介していきます。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

ジムでの筋力トレメニュー:太もも(大腿四頭筋)

体重を増やしたい男性・女性が、太もも(大腿四頭筋)を鍛えるのに効果的な方法は、レッグエクステンション。

 

レッグエクステンションのやり方

(1) マシンに座り、両手で椅子かグリップを握る。

(2) 膝を曲げて、足の位置にあるロールの下に足首をかける。

(3) ゆっくりと膝を伸ばし、そのままゆっくりと戻す。

 

ジムでの筋力トレメニュー:ハムストリング(太もも裏)

体重を増やしたい男性・女性が、ハムストリング(太もも裏)を鍛えるのに効果的な方法は、レッグカール。

 

レッグカールのやり方

(1) マシンに座り、足元にあるパッドの上に両足の足首を乗せる。

(3) 両サイドのハンドルを握り、マシンを動かして膝を曲げる。

(4) 足をゆっくりと伸ばして、元に戻る。

 

 

ジムでの筋力トレメニュー:お尻(大臀筋)

体重を増やしたい男性・女性が、お尻(大臀筋)を鍛えるのに効果的な方法は、レッグプレス。

 

レッグプレスのやり方

(1) シートに背中をぴったりつけて、プレートに足を置く。

(2) 両足は肩幅に開き、つま先は真っ直ぐにする。

(3) 膝を伸ばしてプレートを押し上げる。この際、膝を伸ばし切らないで軽く曲げておく。これがスタートポジション。

(4) ゆっくり膝が90度になるまで曲げ、その後押し上げて元に戻す。

 

ジムでの筋力トレメニュー:胸(大胸筋)

体重を増やしたい男性・女性が、胸(大胸筋)を鍛えるのに効果的な方法は、チェストプレス。

 

チェストプレスのやり方

(1) マシンに座り、肩甲骨を寄せて胸を張り、肘を引いてアームを握る。

(2) アームを体の前に押し出す。胸を張り、肩甲骨は寄せたまま行うこと。

 

ジムでの筋力トレメニュー:背中(広背筋)

体重を増やしたい男性・女性が、背中(広背筋)を鍛えるのに効果的な方法は、ラットプルダウン。

 

ラットプルダウンのやり方

(1) シートに座り、マシンのバーを掴む。この時、両手の幅は肩幅のおよそ1.5倍くらいに広げておく。また、グリップは順手にしておく。

(2) バーを掴んだまま、胸を張って背筋を伸ばし、目線を斜め上にする。

(3) 背中を反らしながら、肩甲骨を寄せるようにしてバーを引き、胸元の上部まで引いていき、その後ゆっくり元に戻す。

 

ジムでの筋力トレメニュー:お腹(腹筋)

体重を増やしたい男性・女性が、お腹(腹筋)を鍛えるのに効果的な方法は、アブドミナルクランチ。

 

アブドミナルクランチのやり方

(1) ハンドルを両手で握り、パッドに両肘を置いてセット。

(2) おへそを覗き込むように頭部から背中を丸めていく。この時、腹筋を意識して行うとよい。

(3) 息を吸いながらゆっくりと最初のポジションに戻っていく。

 

 

  ▼太る専用サプリの効果とは?  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的に太りたい人向けの太る専用サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※完全20%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

筋トレ直後にプロテインを摂取するのがおすすめ!

 

デブエットで体重を増やしたい男性・女性は、筋トレと合わせてプロテインを摂取するのが、おすすめ。

プロテインは、筋肉の材料となるタンパク質が多く含まれているので、効率的に筋肉を増やすのにうってつけです。

 

タンパク質は、細胞の働きを維持する上でも不可欠な栄養素でもあるので、内臓機能を高めることにも効果的。

特に、痩せている人は、胃腸の機能が弱っていることで、太れない体質を招いていることが多いため、タンパク質を十分に補給し胃腸の機能を高めることで、太りやすくなるでしょう。

 

プロテインを摂るもう一つのメリットは、プロテインに含まれるタンパク質が粉末状となっていて、食品からタンパク質を摂取するよりも、消化への負担が最小限で済むということ。

また、太りたい人は、体重増加用のプロテインを摂るのがおすすめです。

参考:【プロテインで太りたい】ガリガリ女性におすすめ人気ランキング5選

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

まとめ

 

デブエットで体重を増やしたい男性・女性向けに、太るための筋トレメニューを中心に解説。

太るための筋トレでは、特定の部位を集中的に鍛えるよりは、上半身および下半身をバランスよく鍛えることが大切。

 

筋トレで鍛えるべき部位は、体の中でも最も大きな筋肉の部類に入る太もも、太もも裏(ハムストリング)、お尻、胸、背中、お腹であり、それぞれの筋肉部位について、ジムのマシンを使った筋トレメニューについてご紹介。

また、筋トレと合わせてプロテインを摂取すると、効率的に筋肉を増やすのに効果的。

必読記事:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!