「デブエット=太るための逆ダイエット」を実践する上で、太るための食事メニューやレシピに困ったり、間食を摂るべきか、カロリーは気にするべきか、気になっているかもしれません。

結論から言えば、デブエットで太るための食事メニューで大切なのは、食べ物の栄養価と消化吸収性の高さ。

 

というのも、体質的に痩せている人は、消化吸収力がそもそも一般の人よりも弱いことが、食べても太れない原因である場合がほとんどだから。

ですから、カロリーを気にするよりは、上述の栄養価と消化吸収性を重視すべきなのです。

 

また、間食も太る上で効果的なので、摂るべきでしょう。

今回は、こうしたデブエットで間食を摂るべき理由、カロリーはそれほど気にしなくていい理由、具体的な太るための食事メニューやレシピについて、お話しするので、ぜひ参考にしてみてください。 

デブエットで間食は摂るべき?

 

デブエットでは、間食はおすすめなのでしょうか?

結論から言えば、デブエットで太るために間食を摂るべき。

 

というのも、間食を摂ることで、空腹状態を免れることができて、脂肪や筋肉の分解を抑制することができるから。

空腹になると、体は生命活動の維持のために、脂肪や筋肉を分解してエネルギーを生み出そうとする働きがあります。

 

したがって、空腹状態となると、痩せてしまうのです。

ですから、間食を摂れば、空腹状態を避けることができるので、痩せにくくなる訳なのです。

関連記事:太りたい人が間食・おやつで太る方法!太るための間食でおすすめは?

 

  ▼太る専用サプリの効果とは?  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的に太りたい人向けの太る専用サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※完全20%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

デブエットでカロリーは気にした方がいい?

 

デブエットで太るために、カロリーは大切なのでしょうか?

実は、高カロリーの食べ物であっても、必ずしも太りやすい訳ではないのが真実。

 

どういうことかと言うと、高カロリーな食べ物は、脂質を中心として、体の脂肪や筋肉をつける上で必要な栄養素が多く含まれているのは、事実ですが、高カロリーの食べ物は、概して消化が悪いものが多いことが難点。

特に、脂質は、消化に負担がかかりやすい成分なので、高カロリーな食べ物を摂ると、胃腸に負担をかけてしまうデメリットも。

 

痩せていて太れない人は、胃腸の機能が弱い傾向にありますから、高カロリーな食べ物ばかり摂っていると、胃腸が疲弊して、食べ物の消化吸収率が落ちてしまうことに。

そうすると、食べても太りにくい体質になってさらに痩せてしまうことにつながりかねません。

 

ですから、痩せている人は、カロリーに注目して太りやすいかどうかを判断するよりは、栄養価と消化吸収性に注目して判断するほうが、理にかなっているのです。

また、高カロリーの食べ物ではなく、発酵食品を中心とした和食など、胃腸に優しい・胃腸を活性化させる食事を心がけましょう。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

デブエットで太るための食事メニューやレシピ

 

デブエットで太るためにおすすめの食事メニューやレシピをこちらでご紹介しましょう。

デブエットにおいては、先程もお話ししたように、栄養価と消化吸収性の高いものが、太りやすい食べ物だということ。

 

というのも、痩せすぎやガリガリに悩んでいる人が、太れない理由の多くが、食べた物の消化吸収率が低いため、胃腸の消化吸収力が低いからなのです。

ですから、栄養価と消化吸収性の高い食事メニューやレシピであれば、効率的に太ることが可能となる訳です。

 

上述の点を踏まえて、デブエットで太りやすい食事メニューとレシピのおすすめの料理の代表格が、鍋・スープ・煮物・煮込み料理。

これらの煮込んでいる料理が、デブエットで太るために効果的な理由は、次の通り。

 

・出汁やスープまで摂取できるものが多く、食材に含まれる栄養素も余すことなく摂取できる。さらに具材も豊富で栄養価が高い

・食材が柔らかく煮込まれており、消化吸収性が高い

 

このように、栄養価と消化吸収性が共に高いので、煮込んでいる料理は太る上で最適な料理の一つなのです。

こうした理由から、力士たちが、ちゃんこ鍋ばかり食べて、あれだけの大きな体を作り上げているのも、鍋が太るための大切な要素を満たした料理だからなんですね。

 

以下に、鍋物・スープ・煮物・煮込み料理の一部をご紹介しておくので、料理レシピを選ぶ参考にしてみてください。

 

・鍋物:ちゃんこ鍋、石狩鍋、もつ鍋、カレー鍋、鴨鍋、火鍋、かき鍋、きりたんぽ鍋、豆乳鍋、すき焼き鍋、チゲ鍋、スントゥブなど

・スープ類:豚汁、具だくさん味噌汁、かぼちゃのスープ、スープカレー、ポタージュ、かに玉スープ、あら汁、どんこ汁、三平汁、けんちん汁、さつま汁、鶏白湯など

・煮物、煮込み料理:肉じゃが、筑前煮、おでん、カレー、シチュー、ビーフシチュー、ポトフ、ロールキャベツ、ブリ大根、豚の角煮、肉豆腐、煮魚、煮豆、味噌煮込み、どて煮、芋煮など

 

関連記事:【太る料理ランキング】太りたい人が健康的に太る食事レシピや献立メニュー!

 

他にも、発酵食品は、食物酵素が含まれていて、消化酵素の働きを助けてくれるので、消化率が高まり、おすすめ。

消化率が高まれば、結果的に吸収率も高まるので、太りやすい体質づくりに寄与してくれます。

 

以下に、発酵食品を一部ご紹介しておくので、日頃の食事メニューの一つとして、取り入れてみてください。

 

発酵食品

・豆類:納豆、バニラビーンズ、臭豆腐

・調味料:味噌、豆板醤、醤油、魚醤、みりん、お酢、麹、塩辛

・野菜・果物:漬物、ぬか漬け、麹漬け、キムチ、メンマ、ナタデココ

・乳製品:チーズ、ヨーグルト、サワークリーム、発酵バター

・魚・肉類:かつお節、アンチョビ、イカの塩辛、くさや、なれ寿司、サラミ、生ハム、ドライソーセージ

・お酒:ビール、ワイン、日本酒、甘酒、焼酎、マッコリ

 

参考:発酵食品で太りたい!ヨーグルトや納豆は食物酵素入りの太る食べ物!

まとめ

 

デブエットで太るために間食をすることは、空腹状態を避けることができるので、脂肪や筋肉の分解を抑制することができておすすめ。

また、デブエットでは食べ物のカロリーを気にするよりは、食べ物の栄養価や消化吸収性を重視するほうが、太りやすくなる。

 

さらに、デブエットで太るための食事メニューやレシピで、おすすめなのは、上述の栄養価・消化吸収性の高い鍋物・スープ類・煮物・煮込み料理

他にも、食物酵素を含んだ発酵食品は、消化の働きを助けてくれるので、デブエットに最適な食事メニューの一つ。

必読記事:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!