太りたい人は糖質の素であるブドウ糖で太ることは可能なのでしょうか?

結論から言えば、ブドウ糖で太ることは可能ですが、糖尿病のリスクがあるので、絶対に控えるべき。

 

ブドウ糖を直接摂るのは、血糖値の急激な上昇を招いて、糖尿病のリスクがあるのでNGです。

太りたい人は、炭水化物から糖質を摂取することが賢明。

 

とはいっても、ブドウ糖だけが太るために必要な栄養素ではないので、健康的かつ継続的に太るには、ブドウ糖に限らず、全ての栄養素をバランスよく摂取することが基本です。

今回は、太りたい人向けにブドウ糖は太りやすい糖質である一方で、「ブドウ糖で太る方法」を実践することは危険な理由を解説します。

ブドウ糖は太りやすい糖質?太りたい人必見!

 

そもそも、ブドウ糖は太りたい人が太りやすい糖質。

ブドウ糖が太りやすい糖質である理由は次の3点。

 

① エネルギー源として、筋肉や脂肪の分解を抑制

② 脂肪(中性脂肪)の原料

③ 血中の栄養素を細胞に取り込ませるスイッチの役割(同化作用)

 

順番にお話ししていきます。

ブドウ糖① エネルギー源

ブドウ糖がエネルギー源としての役割があることは、想像がしやすいでしょう。

ブドウ糖は、炭水化物(糖質)が体の消化作用により分解されてできたもの。

 

ブドウ糖は、血液中に送られて、全身の細胞に送られると、代謝機能によってエネルギーを生み出す原料となります。

一方、体内でブドウ糖が不足すると、人体は、脂肪や筋肉を分解することで、不足したエネルギーを補おうとするので、痩せることに。

 

ですから、ブドウ糖を十分に補ってやることで、脂肪や筋肉の分解を抑制して、太りやすくなる訳なんですね。

 

  ▼太る専用サプリの効果とは?  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的に太りたい人向けの太る専用サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※完全20%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

ブドウ糖の役割② 脂肪の原料

ブドウ糖は、脂肪(中性脂肪)の原料となります。

糖質を分解してできたブドウ糖は、肝臓の働きによって、ブドウ糖から中性脂肪が合成されます。

 

こうして、肝臓で合成された中性脂肪は、血液中を経由して、全身の脂肪細胞に運ばれ、余分なエネルギーとして、蓄積されることで、太る訳です。

糖質が脂肪の原料になるメカニズムについては、「太りたい人が脂肪を増やす方法とは?効率よく太る方法を徹底解剖!!でお話ししているので、じっくり読んでみてください。

ブドウ糖の役割③ 同化作用

ブドウ糖は、同化作用といって、血液中の栄養素を細胞に取り込ませるスイッチの役割も果たしています。

同化作用については、あまり耳慣れないかもしれないので、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

そもそも、食べ物が消化されて、血液中に栄養素が送られても、それが血液から細胞に受け渡されなければ、太ることはできませんよね。

実は、ブドウ糖が血液中に存在していると、膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。

 

このインスリンが、同化作用の要。

インスリンとは、簡単に言うと、血液中の栄養素を細胞に取り込ませる指令を送るホルモン。

 

つまり、ブドウ糖がトリガーとなってインスリンが分泌され、それによって、血液から細胞に栄養素が受け渡される(=細胞に同化される)、ということ。

つまり、ブドウ糖がなければ、栄養素が細胞に取り込まれない訳ですから、太れなくなってしまうのです。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

ブドウ糖は危険な糖質!?「ブドウで太る方法」が非現実的な理由を徹底解説!

 

太る方法として、ブドウ糖が太りたい人が太るために必須の糖質。

だからといって、ブドウ糖を直接摂取するのは、絶対に控えましょう。

 

というのも、ブドウ糖を直接摂ると、急激な血糖値の上昇を招き、インスリンを分泌している膵臓に、強烈な負荷がかかってしまい、糖尿病のリスクは避けられませんから。

ですから、ブドウ糖を効率よく摂取するには、炭水化物(糖質)を摂取しましょう。

 

糖質は、体内の消化酵素の働きにより、ブドウ糖に分解される過程により、血糖値の上昇を緩やかになり、膵臓に与える負担も軽減されるのです。

痩せすぎ・ガリガリに悩んでいて太りたい方に、ぴったりの糖質源は、ご飯(白米)

 

ご飯に含まれる糖質(デンプン)は、消化吸収性が高いので、効率よく脂肪をつけるのにうってつけ。

参考:太りたい人にご飯(白米)が健康的に太る方法として最適な3つの理由

 

一方、高糖質、高カロリーの甘いものやお菓子は、砂糖が大量に使われており、急激な血糖値の上昇を招くため、健康的に太りたい方におすすめできません。

あくまで、嗜好品に止めるべきで、太るために摂取するのはやめましょう。

参考:太りたい人が甘いもので太る方法を徹底解剖!甘いものでは太れない?

太りたいならプロテインを食事と併用すべし!

 

太りたいからと、糖質であるブドウ糖ばかり摂取しても、健康的に太ることは難しいでしょう。

健康的かつ継続的に太るためには、六大栄養素(糖質、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維)をバランスよく食事から摂取することが基本。

 

その上で、プロテインを併用すると、効率的に太るサポートをしてくれます。

プロテインは、筋肉の材料で、健康維持に不可欠なタンパク質を簡単に摂取できるので、健康的に太りたい方は、男性・女性問わず、取り入れてほしい栄養補助食品。

 

タンパク質を含む食べ物(特に肉類など)は、消化吸収性が良くないことで胃腸の負担になりやすい弱点がありますが、プロテインはタンパク質が粉末状になっており、消化吸収効率も高いので、胃腸にも優しめ。

プロテインを選ぶ際には、体重増加用の太るプロテインを選ぶと良いでしょう。

 

プロテインは、栄養バランスが良く消化吸収性も高い牛乳や豆乳と割って飲むこともおすすめ。

さらに、筋トレ後に飲むと、筋肉修復と疲労回復に効果がありますよ。

参考(牛乳):太りたいなら牛乳はおすすめ!プロテインで割るのは?【太る飲み物】

参考(豆乳):豆乳で太りたい!豆乳で健康的に太る方法とは?痩せ型の男性・女性向け!

まとめ

 

太りたい人にとってブドウ糖は太りやすい糖質であるが、ブドウ糖で太る方法は危険である理由を解説しました。

ブドウ糖は、エネルギー源、脂肪の原料、細胞への栄養素を取り込ませる作用があるが、太りたいからとブドウ糖を直接摂取するのは、糖尿病のリスクがあるので避けましょう。

必読記事:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!