太りたい人が太る方法として、高カロリーなハンバーガーは太るのに効果的な食べ物なのでしょうか?

結論から言えば、ハンバーガーはカロリーや三大栄養素のバランスは良く、栄養価についてはまずまずの食べ物ですが、消化に良くないので、あまり太るのに適した食べ物とは言い難いです。

 

ですから、太るために積極的にハンバーガーを食べるよりは、食べたいときに食べるぐらいの食べ物だと捉えて間違いありません。

今回は、太りたい人が太る方法として、ハンバーガーが適しているかどうかを、徹底検証していくのでぜひ参考にしてみてください。

太りたい人がハンバーガーで太る方法を徹底検証!

 

ハンバーガーは、太りたい人が太る方法として適した食べ物なのでしょうか。

ここでは、ハンバーガーの栄養価や健康的に太りたい人が気になる消化吸収性について考えて、太ることができるのか考えてみましょう。

ハンバーガーの栄養価

ハンバーガーの栄養価について知るため、マクドナルドのハンバーガーを例に、栄養成分について見てみます。

 

マクドナルドの各種ハンバーガーの栄養成分表1)

  カロリー タンパク質 脂質 炭水化物
ハンバーガー 260kcal 13.3g 9.6g 30.2g
チーズバーガー 310kcal 16.2g 13.5g 30.8g
てりやきバーガー 496kcal 14.6g 32.3g 36.9g
月見バーガー 417kcal 21.8g 23.6g 28.5g
ビッグマック 530kcal 27.1g 28.2g 41.9g
チキンフィレオ 445kcal 19.9g 19.6g 47.5g
フィレオフィッシュ 341kcal 15.6g 14.6g 36.6g

 

以上を見ると、ハンバーガーは三大栄養素の糖質、脂質、タンパク質を多く含み、高カロリな食べ物であることがよくわかります。

また、三大栄養素の頭文字を取った「PFCバランス」という考え方があり、三大栄養素の理想的なバランスは、タンパク質15%、脂質25%、炭水化物60%と言われていますが、意外にもハンバーガーはPFCバランスの面で優秀。

 

つまり、三大栄養素の観点だけで考えれば、ハンバーガーは高カロリーで太る食べ物と言えます。

一方で、ハンバーガーは、肉(魚)とパン(バンズ)が主体で、野菜等の副菜が欠けているため、ビタミン・ミネラル・食物繊維が不足気味。

 

ですから、これらを補うために、サイドメニューのサラダを選んだり、その前後の食事で欠けている栄養素を補ってやることが大事です。

1) マクドナルド公式サイトより http://www.mcdonalds.co.jp/quality/allergy_Nutrition/nutrient2.php?id=2(2018/10/2)

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

ハンバーガーの消化吸収性

ガリガリで太りたい人にとって、食べ物の消化吸収性は非常に重要。

というのも、痩せ型やガリガリ体型の人が太れない最大の理由は、生まれながらの体で胃腸の機能が一般の人に比べて弱く、栄養の消化率と吸収率が共に低いことだから。

 

痩せ体質の人が、胃もたれや消化不良、便秘や下痢になりやすいのも、こうした胃腸の弱さに起因していると考えられます。

ですから、食べ物の消化吸収性が悪いと、消化吸収に時間がかかるため、胃腸に負担をかけてしまい、太りにくくなるでしょう。

 

したがって、太りたいのに太れない人にとって、どんな食べ物でも、消化に良く、胃腸に優しいものの方が、量も食べられて、栄養の吸収率も上がるので望ましいのです。

そこで、ハンバーガーの消化吸収性を考えると、パン(バンズ)は、消化に決して悪いものではないので問題ありませんが、ハンバーガー用のパティである肉(魚)は、消化に悪い脂質が多く含まれています。

 

というのも、パティの肉は鉄板で加熱調理されることが多いですが、肉自体の油と鉄板に敷かれる油の両方が大量に含んでいます。

両方とも消化に悪い油なので、ハンバーガーで摂れる脂肪分は、胃腸に負担をかけやすいため、太りたい人向きではないのです。

 

また、鉄板に使用される油は加熱により酸化されて、健康面でも良くありません。

特に、ハンバーガーのチェーン店で提供されているものは、粗悪な油を使用していることもあるので注意が必要。

 

とはいえ、ハンバーガを食べるときは、消化を助けてくれる食物酵素を含む生野菜(下の記事参照)や、後述する消化酵素入りの太るサプリを併用するとよいでしょう。

参考:太りたい人が野菜で太る方法!野菜ジュースで太る?酵素にも注目!

 

結論として、ハンバーガーは太りたい人向きとは言い難いので、太るために積極的に食べよりは、食べたくなったら食べる程度のもの。

太りたい人におすすめしたい食事メニューについては、「【太る料理ランキング】太りたい人が健康的に太る食事レシピや献立メニュー!」でご紹介しているので、太れない人はぜひ参考にしてみてください。

 

  ▼太る専用サプリの効果とは?  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的に太りたい人向けの太る専用サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※完全20%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

まとめ

 

太りたい人がハンバーガーで太る方法を検証。

ハンバーガーはカロリーや三大栄養素のバランスは良く、栄養価についてはまずまずの食べ物ですが、消化に良くないので、あまり太るのに適した食べ物とは言い難い。

 

したがって、太るために積極的にハンバーガーを食べるよりは、食べたいときに食べるぐらいの食べ物だと捉えるとよい。

必読記事:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!