太りたい人にとって、パンは太る方法として効果的な太る食べ物なのでしょうか?

結論から言えば、パンは、太るために大切な糖質が豊富であるばかりでなく、タンパク質やビタミン・ミネラルも含んでおり、なおかつ消化性も良いので、太りたい人に適した食べ物。

 

とはいえ、添加物が多いパンや、砂糖が大量に含まれている菓子パンなどは、健康的に太るのに適していないので避け、食パンを選ぶのがベターです。

今回は、太りたい人が太る方法として、パンで健康的に太れるか徹底検証するので、じっくり読んでみてください。

太りたい人がパンで太る方法とは?健康的に太れる?

 

太りたい人が太る方法として、パンで健康的に太れるのか検証していきます。

まずは、パンの栄養成分から見てみましょう。

 

パンと言えば、代表的なのが食パンですので、食パンの栄養成分表をチェックしてみると以下の通り。

 

食パン(Pascoの超熟1枚あたり)の栄養成分

・エネルギー:246kcal

・タンパク質:7.4g

・脂質:3.9g

・炭水化物:45.4g

※ https://www.pasconet.co.jp/nutrition/?category1=1

 

食パンには、小麦由来の炭水化物は勿論のこと、タンパク質も比較的豊富に含んでいることが分かります。

ご飯と比較しても、パンの方がタンパク質の割合が多いため、隠れたタンパク源として食することができるようです。

 

また、太りたいのに太れない人は、大方胃腸が弱くて、消化吸収力が一般の人よりも低下していることが、食べても太らない原因であると言えるので、パンの消化の良さも気になるところ。

消化がよければ、吸収率も高まるので、太りやすい食べ物だと言えます。

 

ですから、パンが太りやすい食べ物かどうかを検証するため、パンの栄養価と消化吸収性について、詳細を見ていきましょう。

 

  ↓最強の太る専用サプリのご紹介  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的な体づくりをしたい人のための太る最強サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※20〜25%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

パンの栄養価

パンの主成分は、炭水化物(糖質)ですが、米や麺と比較して、ビタミンやミネラルが豊富に含まれていることがメリット。

また、バターやマーガリン等が使われていることも多いので、脂肪分も多く含んでいると言えます。

 

糖質や脂肪は、「太りたい人が脂肪を増やす方法とは?効率よく太る方法を徹底解剖!!」で取り上げたように、脂肪の原料となる栄養素なので、太りたい人が効率よく脂肪をつけることができるでしょう。

パンにも色々な種類がありますが、胚芽入りのパンや全粒粉パンには、食物繊維やビタミン類、ポリフェノールが多く含まれている場合があり、健康維持にも大いに役立ちます。

 

さらに、見逃せないのが、パンにはタンパク質が豊富に含まれていること。

食パン100gあたりのタンパク質は含有量は9g程度で、米の場合は6gなので、約1.5倍ほどタンパク質が多い計算です。

 

ただし、パンのアミノ酸スコアは40〜50と低いため、必須アミノ酸は不足気味。

ですから、パンだけでタンパク質を補い切れないため、他の良質なタンパク源(肉、卵、魚)と組み合わせて食べることが大切です。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

パンの消化吸収性

 

米よりもパンの方が消化が早いので、太りたい人が太る方法としてパンはとても優れた炭水化物源。

この理由は、米だと粒のまま食べるのであるのに対し、パンは小麦を粉にしているので、パンの方が消化吸収が良くなるんですね。

 

特に、日本のパンは、柔らかく食べやすいものが多いので、なおさら消化の良さが際立っています。

ですから、太りたいのに太れない人によくありがちな胃腸の調子が良くない時や、朝食や軽食・間食でさっとエネルギー補給したい時などに、パンは最適な食べ物だと言えるでしょう。

菓子パンはNG!食パンがおすすめ!

太りたい人がパンを食すにあたって、パンに含まれている添加物には、十分注意したいところ。

パンには、基本的に油や砂糖、塩などが使われていますが、その他に、イーストフードや乳化剤、酢酸Na、甘味料、香料などの添加物が多く含まれている場合が多いです。

 

特に、市販でスーパーやコンビニ等で手に入るパンには、「トランス脂肪酸」といった身体に害がある粗悪な脂肪分が含まれている場合があるので、注意が必要。

こうした脂肪分は、消化が悪いことも多いため、胃腸に負担をかけやすいこともデメリットです。

 

また、パンでも高カロリーな菓子パン(メロンパン、あんパン、ジャムパン、クリームパン等)に頼って太ろうとする人もいますが、これはNG。

太りたい人は間食・おやつに菓子パンでは太れない2つの理由とは?」でもお話ししていますが、菓子パンは砂糖やあまり健康によくない脂肪分が多く含まれているので、おすすめしません。

 

実際、菓子パンに大量に含まれる砂糖は、糖尿病のリスクを高めるほか、砂糖を摂りすぎると胃腸の環境が悪化するため、消化作用の働きを弱まって、栄養素の吸収率が低下することも。

ですから、パンは、添加物が含まれておらず、砂糖や脂肪分も適度にしか使われていないプレーンの食パンがおすすめ。

参考:太りたい人は間食・おやつに菓子パンでは太れない2つの理由とは?

まとめ

 

太りたい人が太る方法として、食パンや菓子パンなどのパンを食べるメリットについて解説。

パンは、米と比較して、炭水化物のみならず、タンパク質も豊富に含んでいるのが魅力。

 

また、ビタミンやミネラルも比較的多く、消化吸収性も良いので、パンは太りたい人に適した食べ物である。

しかし、添加物や砂糖が多く入ったパンは、健康を害する可能性があり、胃腸にも負担をかけてしまうので避けて、食パンを食べるとよい。

関連記事:この世で一番太る食べ物ランキング!太りたい人が太る食べ物10選

 

↓楽に太れるサプリはこちら!