拒食症の回復期にある方が、「綺麗に太る」ために最適な体重増加のペース・期間や体重の増やし方というのは、いかなるものなのでしょうか。

拒食症から体重を戻すことを考えても、その目安となる体重やペース・期間が分からなければ、対策がしづらいことでしょう。

 

また、体重の増やし方についても、拒食症の回復期にある方は、低栄養状態である期間が続いたことで、胃腸が弱っていることも多々あるため、食事にも十分気をつけることも必要。

今回は、拒食症の回復期にある方が、綺麗に太る上で指針となる、体重増加ペース・期間および効果的な体重の増やし方についてご紹介するので、じっくり読んでみてください。

拒食症の回復期の体重増加ペースと期間

 

綺麗に太ることを目指す拒食症の方は、体重増加のペースとその期間が気になるところですよね。

まず大前提として、拒食症での体重増加ペースは、個人差があるので、一概に「何カ月以内に何kg増やしましょう」と設定することはできません。

 

とはいえ、拒食症の方の体重増加の目標となる目安は、標準体重の85%以上だとされています。

拒食症の方は、内臓機能が低下していたり、食べることに対する不安や罪悪感を拭いきれない方も多いため、食事を摂ることが困難であることも多々。

 

ですから、体重増加の目標を決めて頑張ることも大切ですが、何よりもマイペースに体重を増やすことを優先すべき。

この点を理解していただいた上で、一般的に回復期の体重増加ペースと期間の目安として、1週間で500g前後が望ましいとされています。

 

とはいえ、一日あたりでも500g前後の体重増減は起こりうるため、2〜3週間程度の期間を目安に、回復期における体重増加のペースを掴んでみると良いでしょう。

しかし、拒食症の人は、体重計に一人でいるときに計測するのは好ましくありません。

 

というのも、増加する体重に恐怖を覚えてしまう危険性があるから。

ですから、体重計測は、決められた時間に決められた回数だけ、通院時や協力してくれる家族・友人のいる前で行うようにしてください。

 

例えば、週一回程度の体重計測が望ましいです。

体脂肪に関しては、1ヶ月に約1kgの増加が理想的。

 

また、拒食症の回復期の初期では、体重が増えやすいため、体重増加のペースに戸惑う方もいますが、自然にペースも落ち着いてくるので、安心してください。

身長に対する適正な体重域内であれば、増加しても問題はありません。

 

とはいえ、拒食症の回復期に過食症状が現れることもありますから、注意が必要です。

 

  ↓最強の太る専用サプリのご紹介  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的な体づくりをしたい人のための太る最強サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※20〜25%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

拒食症の回復期の体重増やし方

 

拒食症の回復期に綺麗に太ることを目指す方向けに、体重増加の方法についてお話しします。

バランスの良い食事

拒食症の回復期の方が綺麗に太るために基本となるのは、バランスの良い食事を摂ること。

六大栄養素(糖質、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維)をしっかり摂ることを徹底してみてください。

 

それに加えて、拒食症の方は、低栄養状態が続いてしまったことで、胃腸の働きが極度に低下している場合が多いので、できるだけ胃腸に負担をかけない食事を心がけるようにしましょう。

また、体を冷やすと胃腸が過敏に反応しやすくなっていることも考えられますから、体を温める食事を摂ることが大切となります。

 

胃腸に優しく、体を温める食べ物や料理については、下記の記事でご紹介しているので、参考にしてみてください。

参考:ガリガリで胃腸が弱い!太りたいのに胃弱で太れない人が太る方法4選

 

また、胃腸での消化・吸収効率を高める作用のさる食物酵素を摂取できると尚良し。

食物酵素は、消化を担う体の中の潜在酵素の働きをサポートしてくれるので、食べ物の消化吸収力が向上することが期待できます。

 

食物酵素を豊富に含む食品は、生の食材(刺身、生野菜、果物)や発酵食品(納豆、味噌、醤油、お酢、漬物、ぬか漬け、キムチ、ヨーグルト、チーズ)ですので、これらの食品も献立に取り入れるようにしてみてくださいね。

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

体重増加用のプロテイン

拒食症で回復期にある方は、胃腸が弱っているため、なかなか食事から十分な栄養素が摂取できないという方も少なからずいます。

そんな方におすすめなのが、体重増加用のプロテイン。

 

プロテインに含まれるタンパク質は、筋肉の材料となるばかりか、人体の構造や機能を維持する上で大切な栄養素。

タンパク質は、食事から十分に摂取できれば問題ありませんが、タンパク質を多く含む食品は脂質も多く含む場合が多いため(特に肉類)、胃腸が弱っている拒食症の回復期の方にとっては、負担となってしまいます。

 

一方、プロテインであれば、粉末状で吸収性の高まったタンパク質を摂取できますから、効率的にタンパク質を補なうことができますし、胃腸にも負担をかけにくいので吉。

プロテインは、栄養バランスが良く消化吸収性も高い牛乳と割って飲むこともおすすめですよ。

参考:【プロテインで太りたい】ガリガリ女性におすすめ人気ランキング5選

拒食症による胃下垂の治し方

 

拒食症の方が綺麗に太るためにも、胃下垂によるぽっこりお腹を治すことも大切になってきます。

拒食症に一度陥ると、胃を支える筋肉や脂肪も極度に減少しますから、胃が下に垂れ下がり、胃下垂となる方が受けられます。

 

胃下垂では、胃が骨盤付近まで下がることもありますから、下腹がぽっこり出てしまうことに。

綺麗に太ることを目指しているのですから、ぽっこり出たお腹はどうにかしたいと思いますよね。

 

実際、ぽっこり出たお腹を治すには、腹筋下部を鍛えると効果的。

腹筋下部の鍛え方をはじめとした、胃下垂の治し方について詳しくは、下記の記事でお話ししているので、拒食症の回復期の方もぜひ参考にしてみてください。

関連記事:【胃下垂でも太りたい】胃下垂とは?原因・症状・太り方を一挙公開!

まとめ

 

拒食症の回復期にある方で綺麗に太ることを目指す方に、体重増加ペースと期間、および体重の増やし方について、以下を実践してみてください。

 

・拒食症の回復期における体重増加ペースと期間:マイペースに徐々に体重増加を促すことが基本。その上で、目安として1ヶ月に2kg(一週間で500g)前後。体脂肪は、1ヶ月で約1kgの増加を目標にするとよい。

・拒食症の回復期における体重増やし方:バランスの良い食事を心がけることが重要。それに加えてプロテインを摂取するとよい。

・拒食症の方を悩ませる胃下垂の治し方:ぽっこりお腹の原因である胃下垂を治すには、腹筋腹部を鍛えることが効果的

 

必読記事:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!