子供が痩せていて、食べても太らない場合には、親としては心配ですし、子供が体重を増やす方法・太る方法について知りたいと思っていることでしょう。

子供が痩せすぎてしまうと、成長期に必要な栄養素が不足し、体の発育や将来の健康に重大な悪影響が出ることも。

 

とりわけ体質的に痩せやすい子供は、普段からよく食べているにも関わらず、なかなか太れないことが多いのです。

子供がガリガリで食べても太らない原因が何で、親としてはどう対処していけばよいのでしょうか?

 

今回は、食べても太らない子供(4歳〜15歳)の体重を増やす方法として、太らせる食事・食べ物や運動に加え、睡眠、歯の状態を改善することが有効である点について、取り上げていきます。

食べても太らない子供が太る方法や体重を増やす方法①「太らせる食事・食べ物」を与える

 

食べても太らない子供が太る方法や体重を増やす方法として、胃腸の機能を高めるような「太らせる食事・食べ物」を与えることが大切。

子供の消化機能は未発達で、成長しながら内臓の機能が完成していくため、子供は大人よりも食べた物を消化・吸収する力が弱い傾向にあります。

 

特に、痩せ型になる子供は、普通の子供よりも胃腸が弱いことが多い。

ですので、肉食を中心に高カロリーで栄養価の高そうな食べ物を子供に与えても、そもそも消化・吸収効率が悪いため、根本的な問題解決にはなりません。

 

子供を太らせるために必要なのは、胃腸に負担をかけないような、栄養バランスのとれた食事。

胃腸が弱い子供に、特に摂取してほしいのが、食物酵素を多く含む食品です。

 

食物酵素を豊富に含んでいる食品は、生野菜や果物、発酵食品(納豆・漬物・味噌・ヨーグルト・チーズなど)。

発酵食品を中心とした和食は、栄養バランスもとれて、胃腸にも優しいため、子供の太る体質づくりには効果的です1)

 

しかし、仕事や家庭のことが忙しく、なかなか子供に食物酵素を摂らせることが難しいという人は、子供用の酵素ゼリーやドリンクを与えるとよいでしょう。

ドリンク・ゼリー状になっていて子供が飲みやすい栄養補助食品となっているので、ぜひ一度検討してみてください。

 

ここで食物酵素を摂るときの注意点ですが、食物酵素は熱に弱いため、摂取する際は生食にして、毎日の献立に取り入れることが望ましい。

一方で、子供は、大人のように自分で意識してバランスよく食べることが難しいので、好き嫌が強かったりと、自然と偏食しがち。

 

子供が好きなものばかり与えると栄養バランスが崩れ、痩せる原因にもなります。

ですので、きちんと親の立場から子供の食事管理を行うことが重要ですよ。

 

もう一つ、子供がストレスを感じていると、内臓機能を調整している自律神経を乱すので、食欲を減退させ消化器官の働きを弱める原因になります。

普段から、ストレスを子供が感じているかどうかを、コミュニケーションの中で察知してあげるとよいでしょう。

 

  ↓最強の太る専用サプリのご紹介  

 

icon-checkもうガリガリなんてだ…!健康的な体づくりをしたい人のための太る最強サプリとは?

 

どうしても太りたい人は、超人気の太る専用サプリ『プルエル』を絶対に活用すべきです。

 

プルエル』は、胃腸での消化/吸収力をアップさせる「7種の消化酵素」を配合したサプリ

 

 

 

さらに、胃腸の働きの土台となる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整える「和漢成分」が、太りやすいカラダにしてくれます。

 

他にも、国産かつ無添加なので、安全性が高いことが魅力。

 

 

 

錠剤タイプで、1日3錠飲むだけで太れるので、手軽で続けやすいのもメリットですね。

 

『プルエル』に含まれる7種の消化酵素は、カラダの消化吸収力をアップし、太りやすい体質づくりに効果大。

 

 

 

こちらも、定期購入後もいつでもすぐに休止・解約できますよ。

 

なお、『プルエル』の公式サイトからだと毎回20〜25%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 

 

→【※20〜25%OFF】『プルエル』の公式サイトはこちらをクリック!

 

食べても太らない子供が太る方法や体重を増やす方法② 積極的に運動させる

 

食べても太らない子供が太る方法や体重を増やす方法として効果的なのが、積極的に運動させること。

運動をしないと食欲減退、姿勢の悪化とあいまって、体の代謝機能の低下につながりかねません。

 

運動をしないことで代謝が落ちると、体に栄養が行き渡りづらくなるため、太りにくい体質になります。

ところが、家にこもってテレビゲームやスマホばかりをしている子供も多いでしょう。

 

運動をしないと、お腹が空きづらいため食事量が減り、身体の筋肉量が減り、代謝機能が低下し、姿勢が悪くなりやすい。

さらに、猫背等で姿勢が悪いと、全身の血流、リンパの流れが悪くなります。

 

そうすると、猫背が胃を圧迫する原因となり食欲不振を引き起こしてしまうのです。

部活動やクラブチームなどで活動している子供であれば、自然と運動をする時間はあるでしょう。

 

一方で、運動する時間が不足している子供には、適度な運動を促すべき。

なかなか運動が苦手な場合は、ストレッチを行うだけでも効果的。

 

できれば、子供の体重を増やすためにも、筋肉をつけさせるとよいです。

ちなみにですが、筋トレによって子供の身長が伸びなくなるといったデータはありません

 

筋トレを行う子供の身長は低くなる、といった科学的根拠はありません

筋トレを行うことで成長ホルモンの分泌を活発化させますから、子供の発育にも効果的です。

 

筋トレは、体幹トレーニングなどのインナーマッスルを鍛えるとよいでしょう。

トレーニングを行うと、筋力だけでなく、物事への集中力の向上することもあります。

 

合わせて、筋肉の元となるタンパク質を摂取していくことが子供が太る方法として大切。

日々の食生活で、良質なタンパク質を摂るとよいでしょう。

 

おすすめは、胃腸への負担が少なく、タンパク質が豊富な大豆製品。

しかし、タンパク質がとれていない子供には、プロテインを摂取させてみてもよいでしょう。

 

プロテインは、主に大豆や牛乳から作られている栄養補助食品で、身体に必要なタンパク質を補うことができます。

食後や間食にプロテインを飲むだけで良質なたんぱく質を摂取できるため、手軽に取り入れることができておすすめ。

 

プロテインには子供用があるので、プロテインを飲ませるなら子供用ジュニアプロテインが最適ですよ。

一般的なプロテインは独特な味をしていますが、ジュニアプロテインの場合は、子供用に味を考慮して作られています。

 

ココア味・バナナ味・ヨーグルト味など種類が豊富なので、子供が好きなフレーバーが見つかるでしょう。

ジュニアプロテインには成長期の子供に必要な栄養素、タンパク質のほかにカルシウムや各種ビタミンが含まれているので、子供を太らせる方法として最適。

 

プロテインでタンパク質を摂ることで、食べなきゃいけないといった、プレッシャーやストレスから解放される点も、嬉しいところですね。

参考:子供の痩せすぎは病気?病院に行くべき?ガリガリな子供が太らない原因とは?

食べても太らない子供が太る方法や体重を増やす方法③ しっかり睡眠を取らせる

 

食べても太らない子供が太る方法や体重を増やす方法として、睡眠が欠かせません。

よく眠ることで、成長ホルモンが分泌されると、代謝が高まり、細胞の修復と再生が促されます。

 

寝る子は育つと言われているように、太るために限らず、子供の健やかな成長を促すためにも、睡眠は基本的に重要。

痩せ型の子供が太るために重要なのは、きちんと睡眠時間を確保することです。

 

良質な睡眠によって、胃腸機能の回復(食欲増進、消化・吸収効率アップ)を期待できます。

子供の理想の睡眠時間は、

 

  • 5~9歳:10.5時間
  • 10~13歳:10時間
  • 14~18歳:9.5時間

 

です2)

睡眠の質を高めるためお風呂に浸かり体をリラックスさせたり、毎日の就寝時間・起床時間は揃えることも、子供を太らせるために大切ですよ

参考:太りたい人が睡眠で太る方法!睡眠で太るためのたった1つの極意!

 

 

なお、“楽に”太りたい方は、ぜひ「太るサプリ」を活用すべき。

というのも、太れない根本原因である「消化吸収力の弱さ」を、サプリが簡単に補ってくれるから。

 

元研究者である私が調べた“楽に太れるサプリ”は、下記に全部ご紹介しているので、クリックして確認してみてくださいね。

→信頼度No.1!楽に太れるサプリランキング2021年最新版

食べても太らない子供が太る方法や体重を増やす方法④ 歯の状態を改善させる

 

食べても太らない子供が太る方法や体重を増やす方法として、歯の状態を改善することが大切。

子供が食べても太らない原因には、歯の状態が悪いことが考えられます1)

 

なぜなら、歯の具合が悪いと、食べ物の咀嚼が上手くいかず、胃腸に負担がかかるから

さらには、顎関節に不具合が生じ、頭蓋骨が歪み、姿勢が悪くなるため、内臓機能が低下することに発展してしまいます。

 

虫歯があったり、歯茎の調子や歯並びが悪い状態では、食べ物を咀嚼する力が弱まります。

そうすると、食べ物がよく噛み砕かれておらず、消化・吸収効率が悪くなり、痩せやすくなります。

 

さらに、歯の生え変わりの時期で歯の状態が不安定だと、食欲が湧きづらくなることも。

ですので、子供の歯の状態が悪くないか、歯医者さんに定期的にチェックしてもらい、問題があるようであれば、歯の状態を改善させるのがよいでしょう。

 

歯列矯正が必要であれば、乳歯が生えそろう6歳前後や、永久歯にすべて変わった12才前後が歯並びの矯正をスタートするよいタイミング。

歯並びの悪さを矯正したい場合は、矯正専門の歯医者さんに相談してみて下さい。

まとめ

 

食べても太らない子供が太る方法や体重を増やす方法は、以下の通り。

 

・「太らせる食事・食べ物」を与える

・積極的に運動させる

・しっかり睡眠を取らせる

・歯の状態を改善させること

 

子供の健全な発育と輝かしい将来のため、親の立場から子供に寄り添いながら、子供を太らせる方法に取り組むとよいでしょう。

参考:【短期間で太る方法】すぐに太りたい人必読!手っ取り早く体重を増やす方法!

 

↓楽に太れるサプリはこちら!

 

参考

1) 堤 富次郎(2018)『やせすぎは必ず解消できる究極の太る方法』∞ books.

2) 加賀 照虎ホームページ「快眠タイムズ」<https://kaimin-times.com> (アクセス日:2018/8/2).